「梅花藻」観賞ツーリング

日時
2010/7/22
ライダー
巨尺

今回はネットを通じて知り合ったZさんご一行を滋賀県をご案内。
先ずは比叡山ドライブウェイ経由で比叡山に参拝。(写真は割愛)
平日だったので土日二輪通行禁止の「奥比叡ドライブウェイ」を快走。


滋賀県高島市のうなぎ屋「西友」(にしとも)です。
いつも観光バスが止まっている地元の有名店です。


「うなぎのひつまむし」です。
1人桶(1680円)・2人桶(3255円)・3人桶(4830円)と大きさを選べます。
食べる前に写真をとれば良かった…


昼食後、「奥琵琶湖パークウェイ」をのぼり「つづら尾崎展望台」へ。
ここから見る奥琵琶湖の景色は絶景です。
県民は免許をとったら必ずといっていいほどここに来ます。


いまや全国的に有名になった「サラダパン」を求め木之本町へ。
ここが製造元の「つるや」です。
「サラダパン」は平たく言うと
タクアンのマヨネーズ和えを挟んだコッペパン
です。
各メディアに取り上げられて店舗を改装した様です。


昼を過ぎて暑くなってきたので涼を求めて醒ヶ井の「居醒の清水」へ。
醒ヶ井は米原市を東西に走る旧中山道沿いにあります。
街並みの中にある「地蔵堂」の敷地からは地下水が湧き出しています。
伊吹山系の伏流水で、水温は年中一定で夏は冷たく冬は暖かいです。


これが「地蔵川」に自生している「梅花藻」です。
キンポウゲ科の水生植物でこの時期、水中に白い花を付けます。
まだシーズン初めだったので花の数は少ないです。


午後3時を過ぎ、暑さも佳境となってきたので更に涼しいところへ。
ここは多賀町の「河内風穴」です。
年中一定の気温に保たれて夏は涼しく冬は暖かいです。
(さっきの湧水と同じ表現ですが…)
夏場に行くとまさに自然のクーラーです。
家にこの冷気を引けば電気代も節約になるかも…


洞窟内は手すり付きの通路が設けられています。
伊吹山系は石灰質が多く手すりや通路に付着しています。
結構、居心地が良いです。
Zさんご一行にも好評でした。


帰りは名神菩提寺下りPAで小休止。
ここでZさんご一行とお別れです。


投稿日
2011/10/08
閲覧者数
1288
このツーレポは2人が「いいね!」と言っています
ツーレポが気に入った方は「いいね!」をクリック♪

このツーリングレポートに関連するツーリングスポット
コメント

前のツーリングレポート
茶臼山快走道路ツーリング
次のツーリングレポート
午後発、曽爾高原「尾花鑑賞」ツーリング

[戻る]