「天空の里」と「日本一の紅葉」ツーリング

日時
2010/11/10
ライダー
巨尺

今回はツーリングガイド掲載の「天空の里」に向かいました。
いつものごとく、友人M氏と第二名神甲南上りSAで集合。


分断国道で有名な国道153号線に入ると既に紅葉が始まっていた。
書籍では「酷道」と評されていたが、なかなかどうして良い道である。


坂を登ったところに「ばんば亭」と呼ばれる休憩所があった。
案内板を見るとここから20分ほど歩かなければならないらしい。
確かに行き先にバイクを路上駐車できる場所もない。
バイクを安心して止められるのはここだけだった。


薄暗い山の中の小道を「ビューポイント」を求めひたすら歩く。
私はライディングシューズを履いていたがM氏はブーツ姿。
M氏曰く「ブーツでこの道はきつい」との評。


歩き続けて約15分(あれ20分もかかっていない)。
「天空の里」を見渡せる「ビューポイント」に到着。
この集落は信長に追われた落ち武者が住み着いた里なのだとか…
安土桃山時代が終わって約410年…
昔ながらの生活を続けている地元住民の郷土愛に脱帽です。


下栗には「信州サンセットポイント」があります。
ここから見る夕日は美しいと評判なのだそうです。
しかし、夕方まで待っていると帰りが遅くなるのでスルー。


次に向かったのは「日本一の紅葉」と称される「香嵐渓」です。
ネットに「色づいています」との書き込みがあったので向かったが…
まだまだ早すぎました。


まだまだ色づいていないというのに多くの観光客が来ていました。
表路地には露店もたくさん。
気分だけ「紅葉まつり」を味わうことができました。


投稿日
2011/10/08
閲覧者数
1551
このツーレポは1人が「いいね!」と言っています
ツーレポが気に入った方は「いいね!」をクリック♪

このツーリングレポートに関連するツーリングスポット
コメント

前のツーリングレポート
午後発、曽爾高原「尾花鑑賞」ツーリング
次のツーリングレポート
伊勢「定番観光地巡り」ツーリング

[戻る]