富士山「走り納め」ツーリング

日時
2011/11/08
ライダー
巨尺

友人と冬季閉鎖目前となる富士山へ「走り納め」に行きました。
午前4時に第二名神甲南PAに集合。
早朝ということもあって軽い目の冬装備は通用しませんでした。


東名小笠PAで小休止し朝食タイム。
冷えた体を「かけそば」で暖めました。


午前8時40分頃に目的の「富士スカイライン」に到着。
富士山に霧がかかっているのは高速道路からも見えていた。
景色は諦めて道を楽しもうと思ったが…
前日の雨で落ち葉が道路に流入して堆積していました。
無料の道路だけに管理は一般道と同じ。
清掃車が出るわけでもなく、走っていても危ないのでUターン。
落ち葉の時期、雨の日の翌日は富士スカイラインは危険です。


あざみラインの登り口にある「道の駅すばしり」で再び休憩。
ここでは地元名産品に加え「自衛隊グッズ」が販売されていた。
今回は時間が無いのでパスしたが「足湯」もあるようです。
今度、あざみラインを上る際に入ってみようと思います。


せめて富士山の影だけでも写真に収めたいとの思いで山中湖へ。
ここで「山中湖」と対岸の「紅葉」と「富士山」を写すはずが…
稜線はすっかり霧(雲)の中に隠れてしまっています。


昼食まで時間が余ったので忍野八海を見学しました。
富士山の伏流水が涌いて出ているとのことです。
池の底までくっきりと見えます。


写真中央の人だかりのあたりに水深8メートルの池があります。
泳いでいる魚や池の底を見ていると遠近感が変になります。
ちなみに正面の建物は売店です。
間近で池を見物するには売店の中を通る必要があります。
お約束ですが「たくましい商魂」です。


昼食は山中湖畔の「小作山中湖店」に入りました。
このあたりには「小作」のチェーン店をよく見かけますが…
友人曰く、この山中湖店が一番美味しいんだそうです。


一番ポピュラーな「かぼちゃほうとう」(1100円)を注文。
店員さんが熱々の鍋を直接、食卓の上に置いたのには驚いた。
寒いシーズンには、こういう食べ物がうれしいものです。
シャキシャキのゴボウにホクホクのカボチャ、モチモチの麺。
生まれて初めて食べましたが一度でファンになりました。


折角、富士山の麓までやってきたのに登らずにはいられない。
有料道路(1600円)なら路面もきれいな筈。
「富士スバルライン」で富士山にアタックすることにした。


予想はしていたものの5合目は濃い霧に包まれていました。
それにしても施設が充実している。
売店はもとよりロッジや神社、はたまた郵便局まで!
富士スカイラインの新5合目とはえらく違う。


富士山を下山後、河口湖や西湖をトレースして精進湖に到着。
21年前に学生最後の卒業ツーリング途中に1泊した場所。
昔と余り変わっていない感じがする。


精進湖の湖畔を流していると見覚えのある建物を発見。
看板に「精進湖キャンピングコテージ」とある。
21年前の冬に泊った棟も当時のまま上の方に建っていた。
今度は夏に泊まりに来たいものだ。


帰りは慢性渋滞の東名を避けて中央道を走るべく甲府に移動。
ここで土産物を物色するべく「道の駅とよとみ」へ立ち寄った。
土産物の品揃えは良く、観光地の売店と良い勝負です。
農産物も土産になりそうな2次加工品が販売されています。
屋外には「納豆の自動販売機」が置いてあります。
「納豆パン」なんてキワモノも売られていました。


小腹が空いたので「とよとみ肉まんミーとん」を購入。
山梨県産ブランド「富士桜ポーク」を使用しているとのこと。
中身は細切れの豚肉と野菜が詰まっている。
脂身が少なく「くどさ」を感じさせません。


中部横断自動車道の南アルプスICから中央道に流入。
途中、神坂PAに立ち寄り「レッドブル」を一気飲み。
ここから無休憩で自宅まで走り通した。
帰宅時間は午後8時。
総走行距離875キロ。
久々のロングツーリングでした。


投稿日
2011/11/11
閲覧者数
1446
このツーレポは4人が「いいね!」と言っています
ツーレポが気に入った方は「いいね!」をクリック♪

このツーリングレポートに関連するツーリングスポット
コメント

前のツーリングレポート
月ヶ瀬観梅ツーリング
次のツーリングレポート
平成24年走り初めツーリング(奈良)

[戻る]