涼と名水を求めて福井県嶺南地方ツーリング

日時
2012/07/26
ライダー
巨尺

本日は涼を求めて仕事場の同僚とツーリングに行ってまいりました。
午前7時30分に大津市内を出発.
京都市内で通勤ラッシュに巻き込まれてげっそり。
周山街道を流して道の駅「美山ふれあい広場」で小休憩をとりました。


今回の旅の第一の目的地である「かやぶきの里 北村」です。
国の重要伝統的建造物群保全地区に選定されています。
地元の売店は「美山の水」なるペットボトルが売られています。
後から調べてみると、ここは「清流・茅葺き民家歴史的景観を有する町」として「水の郷百選」にも選ばれています。


渋滞と休憩で予定が遅れてきたので目的地を端寄ることにしました。
とりあえず周山街道の始点である福井県小浜市に出ました。
折角なので昼食は安くて美味い魚料理が食べたいところです。
そこで友人に教えてもらった「おさしみ処 かねまつ」に直行。


友人お薦めの「特丼大盛り」(1,100円)を注文。
ぶつ切りの刺身にウニとイクラがのっていてこの金額。
魚のアラが入ったみそ汁は飲み放題。
舌もお腹も、そして財布も大満足でした。


食事の後は近くの小浜市一番町に所在する「雲城水」に向かいました。
海の直近にある雲城公園内にありながら真水が湧き出ています。
「平成の名水百選」に選ばれています。


この湧水は地下30メートルの砂礫層から自噴しているそうです。
上根来水源の森から百年かかって流れてきた水が湧いているそうな。
街中の湧水でありながら水温は低く思わずがぶ飲みしてしまいました。
お味は一言で言うと「まろやか」でした。


魚も食ったし涼も得た、あとは美しい風景を眺めてみたい。
そこで三方五湖レインボーラインを上ることにしました。
(二輪通行料700円)
第一駐車場から「日本の道百選」の「三方五湖周遊道路」が見えます。


「新日本旅行地100選」の「三方五湖」(の一部)です。
駐車場からリフトで梅丈岳山頂まで登ると全てが見渡せます。
しかし、バイクは上がれないのでその写真は撮れず、残念。


ここで再び涼を求めて「瓜割の滝」に向かいました。
若狭町の天徳寺境内奥に「瓜割の滝」はあります。
「瓜割の滝」は「名水百選」にせんていされています。


瓜が割れるほど冷たい水だから「瓜割」なんだそうな。
一口飲んでみると先程の「雲城水」とは明らかに違う「硬さ」がある。
なんでもミネラル分が豊富で保存可能期間も長いらしい。


この滝の石には珍しい「紅藻類」という藻が生えています。
この藻が生息できる場所は日本で2か所だけなんだそうです。


若狭町から京都に抜ける「鯖街道」。
途中にあるのが若狭町の「熊川宿」です。
国道303号線沿いにあります。


「熊川宿前川」の利水施設は「平成の名水百選」に選ばれています。
名水と聞いて黙ってはいられない、でもこの水は飲めるのかな。
選定の基準は「地域住民等による主体的かつ持続的な水環境の保全活動が行われていること」で飲用の可否は関係なし。
飲まなくてよかった。



投稿日
2012/07/26
閲覧者数
1685
このツーレポは8人が「いいね!」と言っています
ツーレポが気に入った方は「いいね!」をクリック♪

このツーリングレポートに関連するツーリングスポット
コメント
2012/07/27
瓜が割れるほど冷たい瓜割の滝・・・。

スイカ冷やして割れたら泣いてしまいそうですね!

私も明日は涼を求めてどこか滝にいこうと思います!
/data/prof_picture/0/prof.jpg
巨尺
2012/07/27
本当に瓜が割れるのかは別にして、本当に美味しい水でした。
森の中でマイナスイオンを浴びてリフレッシュできましたが、帰りは暑さが辛く感じました。
明日もツーリングですか?
気を付けて行ってらっしゃい!

前のツーリングレポート
近場の秘境・名水ツーリング
次のツーリングレポート
漁港めしを食いに行くぞツーリング

[戻る]