国見峠から見る「伊吹山とススキ」

日時
2015/11/4
ライダー
巨尺

先日、久々にバイクツーリングに出ました。
行先はいつものごとく友人に任せっきり。
結果、写真の様な風景に出会いました。


集合場所は滋賀県大津市にある道の駅「妹子の里」。
湖西道路和邇インター跡地にあります。
平成27年8月4日にオープンしたばかりです。
午前9時に集合し、友人と合流しました。


後ろに見えるのは蓬莱山です。
「びわ湖バレイ」と言えばわかる人もいる筈。
写真では小さいですがロープウェイの駅も見えます。


湖西道路から湖北周りで高月町へ。
地元では有名な「びわこ食堂」です。
道路沿いには大きな看板があります。
しかし建物には店名の看板が無い。
写真を見ても何の店だかわからないな。


れが名物の「とりやさい鍋」(2人前)です。
煮えると丁度良い嵩になります。
そういえば富山にも同じ名前の鍋があるらしい。
私の知る富山の知人も「こっちが本家だ」言って譲らない。
それぞれ食べ比べたがほぼ一緒。
美味けりゃどっちでも良いじゃないか。


第一目的地の道の駅「星のふる里ふじはし」です。
友人が加盟するツーリングクラブの納会があるという。
道の駅にバイクが溢れ返っていた。


その後予定では九頭竜湖に向かう筈だったが時間が足りず。
京都方向に帰るクラブメンバー御一行様に合流。
春日村から国見スキー場に向かう林道を走る。
林道とは言っても一応は舗装路なのだが。
砂や枯れ葉が浮いているデンジャラスな道だった。
写真は国見峠から岐阜県方向を撮影したものです。


左の石碑には(平成6年12月国見林道開通記念)とある。
20年前の酷道ぶりは如何ほどのものだったのか?
碑文には判ったような判らない様な以下の文が刻まれている。
「滋賀県・岐阜県国見とは太古の謎を偲ばせる言葉である。」?
「明治、大正期には伊吹の野麦峠でもあったのである。」??
「宮本武蔵が駆け抜けた峠」???
「訪れる人々に歴史の歳月を語りかける。」????
ん〜とにかく歴史ある峠なんですね〜


このツーリングの一番の感動は「伊吹山とススキ」。
この風景を見るには国見林道を通るしかないんだよな。
峠の字の通り、「上」の次には「下」が来る。
国見峠からはずっと下り坂のタイトカーブが続いた。
途中、横断側溝のグレーチングや砂でスリップすること度々。
道路を横切り谷底に向かって流れる山水でバイクはドロドロ。
ガードレールが無いので気を抜けば谷底に落ちて命は無い。


道の駅「伊吹の里」から滋賀県最高峰の伊吹山を望む。
先ほどの国見峠は写真のはるか左上空にある。
伊吹山は琵琶湖国定公園の一角をなす山の筈だが。
写真左側はコンクリート会社が山を削って丸裸。
そのうち山が無くなったりして。


逆光ですが…道の駅「伊吹の里」です。
他の方は和やかに談笑していますが…
ここに来るまで私は何度死にそうになったことか。
遠出をした訳でもないのにこの疲労感は何なんだろう。

ここにおいてメンバーの方とはお別れ。
友人とともに帰路に就きました。
今回は観光が全く無かったな〜。


投稿日
2015/11/06
閲覧者数
791
このツーレポは6人が「いいね!」と言っています
ツーレポが気に入った方は「いいね!」をクリック♪

このツーリングレポートに関連するツーリングスポット
コメント
/data/prof_picture/0/prof.jpg
ロードライダー
2015/11/08
びわこ食堂は、何席くらいあるんでしょうか?
22日に琵琶湖一周ツーに行きます。9時米プラザ集合で、メタセコ〜つづらお〜びわこ食堂と回る予定です。見かけたら、宜しくお願いします(笑)
2015/11/08
一言で言うと大食堂です。
店内は40人位は入れるかと思います。
木之本に来られるなら、隠れた紅葉の名所鶏足寺にいかれては?
湖北の知り合いが絶賛していました。
私も近いうちにいってみます。

前のツーリングレポート
舞鶴港へイージス艦を観に行くぞツーリング
次のツーリングレポート
和歌山行きあたりばったりツーリング

[戻る]