奥飛騨キャンプツーリング

日時
2019.04.16~04.17
ライダー
巨尺

友人のメダカちゃんよりキャンプツーのお誘い。
目的地は、岐阜県は奥飛騨オートキャンプ場。
片道300キロのショートツーリングです。


メダカちゃんの先導で下道を走って3時間。
板取の根道神社に到着。
以前から見たかった「モネの池」があります。
モネの池は「通称」で正しくは「名もなき池」。
なんと控えめな名前なんでしょう。


池の水は湧き水なんだそうで透明度が高いです。
地元の方が手入れをされているとのことでした。


モネの絵画風に蓮と魚の写真を一つ。
絵画の魚は錦鯉だったっけ?


道の駅明宝で遅めの昼食タイム。
珍しいバイクが止まっていました。


ヤマハのNIKEN(ナイケン)です。
オリジナルフレームにMT-09のエンジン搭載。
オーナーは地元ライダーさん。
気さくな方で跨らせてもらいました。


道の駅の「和食どころおかみさん」で昼食。
この時すでに午後1時を過ぎていた。


明宝ハムステーキ定食(大)です。
秘密のケンミンショーにも出たそうな。
豚肉の触感が残ったしっかりしたハムです。


高山市内を超えた道中で冠雪した山を撮影。
晴天と相まってその白さが映える。


国道471号線平湯温泉付近での1枚。
先に進むに従って雪が多くなる。
欄干の下を見ると雪が積もっているし・・


道の駅奥飛騨温泉郷上宝に到着。
キャンプ場は道の駅に併設してある。
休憩もそこそこに早速テントを設営。


テント内に起毛のットを敷を敷く。
寝床はインフレーターマットを設置。
シュラフは3シーズンにボアインナー。


待ちかねた夕食。
途中の商店で買った飛騨牛切り落とし。
表の道の駅で買った朴葉味噌でいただく。


友人は持参の冷凍お好み焼きを・・
気が付くと真っ黒けになっていた。
私:ソレハナンデスカ?
友人:これは「ネタ」です。


風呂に入った後には焚火の時間。
火にあたっているものの・・・
むちゃくちゃ寒い!


翌朝、テントの上のタオルが凍っていた。
この夜、最低気温は2度を切っていたという。
道理で安眠できなかった筈だ。


冷えた体を温めに再度風呂へ。
露天風呂の湯気をうれしく思う。


朝ごはんです。
友人が肉まんを焼いてくれました・・・
私:コレハナンデショウカ?
友人:これも「ネタ」です。


ソーセージと卵を一気にボイル。
意外にうまい。
「転地効果」というやつか。


テントを撤収し帰路に就く。
平湯温泉キャンプ場を上ったところで撮影。
ここまではよかった。


関市に入ったころから雨が降ってきた。
昼飯は岐阜県山県市内の「みのや」へ
ここは大盛りで有名な店らしい。


味噌カツ(飯大盛り)です。(確か870円)
ご飯は「雪山」のようにそびえ立っていた。
飯一口とキャベツのすべてを残して撃沈。
友人もオムライス大盛りを半分で撃沈。
食品ロスはやめましょう!



投稿日
2019/04/18
閲覧者数
327
このツーレポは9人が「いいね!」と言っています
ツーレポが気に入った方は「いいね!」をクリック♪

コメント

前のツーリングレポート
うまいうなぎを食べに行くぞツーリング

[戻る]