秩父・小鹿野へショートツーリング

日時
2013年9月29日
ライダー
ボルドール

股関節痛により3週間ほどバイクに乗れなかったのですが
ようやく治ったのでリハビリがてらショートツーリングです。
まずは名栗湖へ。ちょっと見たい物があったので。


8月の終わり頃に法面崩落があり通行止め箇所があると聞いていたのですが…
全く復旧していない感じ。まだ崩れてきそうな感じもします。
2次災害とかの心配があるから手がつけられないのかな…?


名栗湖より林道広河原逆川線に。


紅葉にはまだまだですね。ほんのちょっと色付いた
葉っぱがある程度です。


おそらくこの間の台風の影響でしょう。
道路が川のようになって土砂が押し流されて来た感じ。


林道を抜け浦山ダム&秩父さくら湖へ。
普段は右岸の県道73号を進むのですが、この日は
細い道路の左岸へと入って行きました。


ところが途中で通行止めに。引き返して県道73号線に戻りました。


県道73号線〜国道140号線〜県道37号線〜県道367号線と走り
県道沿いのトイレ自販機完備の駐車場にて休憩。
此処にバイクを置いてちょっと観光へ。


丸神の滝を見にちょっとしたハイキングです。


結構急な山道を休憩を挿みながら15分程度行くと…


滝が見えてまいりました。


この滝は埼玉県唯一、日本の滝百選に選ばれた滝だそうです。
3段構えの滝との事ですが…。


これは3段目の滝。もっと山を上に登って行けば
1段目と2段目も見られるらしい…。でも怪我が治ったばかりなので
無理をせずに元来た山道を下りました。


バイクを停めていた駐車場の自販機にこんなものが。
昼食のお供に購入しました。
この後昼食の買出しに出発。国道140号線を奥秩父もみじ湖方面へ。


大滝食堂さんへ。看板からしてバイク弁当とはなんとも大胆な感じ。
メニューもバイク弁当(豚味噌煮丼)のみ!
サイズが、ノーマル(980円)、ボアアップ(1050円)フルチューン(1200円)となっているだけです。
店内で食べる他にお持ち帰りもOKなのでフルチューンを1つお持ち帰りで購入しました。


奥秩父もみじ湖にある塩沢望郷広場。ここで昼食を食べる事にしました。
人気が無くてのんびり出来そうだったので。


購入したお弁当と水にて昼食〜。フルチューンと言うだけあってかボリューム満点!
豚肉がよく煮込まれていてトロトロで美味しかったです!水は…まぁ水かな?(^^;
ちなみにこの弁当箱はバイクのタンクを模して作られています。


昼食後国道140号線雁坂トンネルを抜け山梨県へ。
林道林道菱山深沢線にて。のんびりと景色を堪能後
中央高速にて帰宅いたしました。
久々にツーリング中にまともに昼食を食べました。
とても美味しかったのでそれだけでも満足なツーリングとなりました!


投稿日
2013/10/03
閲覧者数
3315
このツーレポは18人が「いいね!」と言っています
ツーレポが気に入った方は「いいね!」をクリック♪

このツーリングレポートに関連するツーリングスポット
コメント
2013/10/03
ご無沙汰しております。
私も諸事情で約4週間ほどバイクに乗れていませんので羨ましい限りです。

今回のツーリング、言いがかりもはなはだしいのですが名栗湖から浦山ダムって次に行こうと思っていたコースと丸かぶりです。しかも昼食の弁当まで同じとは・・・・
参考にさせていただきました(笑

いずれどこかですれ違えることを楽しみにしています。
2013/10/03
>はいらおさん
コメントありがとうございます!ツーリングコース被ってましたか(^^;
私はバイク弁当を食べる事を主目的にしてお店の周辺を走ろうと決めたのですが
はいらおさんもそんな感じなんじゃないかと推察いたします。
大滝食堂のご主人によればお持ち帰りの人は奥秩父もみじ湖で
食べてる方が多いそうです。私もその一人ですがw

ツーリング先で出会ったらその時はよろしくお願いします(^^)
/data/prof_picture/0/prof.jpg
けん
2013/10/14
おおーこの弁当うまそーーー!食べに行きます!w
最近自分バイク買って色々なところに行ってますw いろいろな人とツーリングしてー!
2013/10/14
>けんさん
コメントありがとうございます!
バイク弁当美味しいのでぜひ食べに行ってください。
お持ち帰りで外で食べるも良し、店内でサービスの
お味噌汁と一緒に食べるも良し、だと思います。
バイク買ったばかりだと乗ること自体が楽しくて
堪らない時期ですねぇ。秩父に行けるって事は
関東近辺にお住まいなんでしょうか?
何処かで青いCB400SB見掛けたらピースサインでも
してやってください!

前のツーリングレポート
日本の中心を目指して
次のツーリングレポート
紅葉の戦場ヶ原へ

[戻る]