山梨県営林道豊岡梅ヶ島線から大谷崩へ

日時
2018年10月29日
ライダー
ボルドール

ここ数年通行止めが続いていた山梨県営林道豊岡梅ヶ島線が10月19日に
通行可能になったとの事で早速走りに行く事にしました。
中央高速・河口湖ICを降りて、まずは本栖湖で休憩。この日は
快晴でツーリング日和でした。


本栖湖より、国道300号線〜国道52号線〜県道808号線を
進んでいくと山梨県営林道豊岡梅ヶ島線の入り口に到着。
ここから安倍峠まで15km弱、全面舗装の林道です。
(参照http://www.pref.yamanashi.jp/rindoujyouhou/kisei.php?id=98)


林道入り口付近は紅葉はまだまだこれからといったところ。


山梨側から林道に入ると安倍峠までほぼ上りなのですが、その間
随所で雄大な景色を見る事が出来ます。


山々の向こうの富士山も綺麗に見えました。


林道の上のほうは結構木々が色付いていました。
写真に2本ほど橋が写っていますが、この林道が険しい所を通って
いるのがわかります。全面舗装の林道ではありますが、道は荒れ気味で
工事も数か所行っており、工事個所は未舗装部分もあるので
オンロードタイプのバイクだと走行には注意が必要かと思われます。


安倍峠を過ぎると静岡市管轄になります。


安倍峠を過ぎてちょっと行くとトイレあり。
山の上は寒かったので助かりました。


林道沿いにあった鯉ヶ滝という滝。名前の由来は恋仇から来ている
そうです。


林道豊岡梅ヶ島線を抜けて、県道29号線から日本三大崩の大谷崩へ。
300年以上前から山が崩れ続けているそうです。
豪快な景色を見ながら休憩。


谷の周りの木々は結構色付いていました。


大谷崩を後にして井川湖に向かう途中、県道29号線沿いにあった
相渕橋という吊り橋。途中まで渡ってみましたが結構揺れました。


井川湖に架かる井川大橋にて。車走行が可能が吊り橋。


井川湖を後にして畑薙湖。畑薙第一ダムの上にて小休止。


畑薙湖より井川湖に戻って井川夢の吊橋。夢の吊橋と言えば
寸又峡の夢の吊橋が有名ですがGoogleマップで見つけたので
寄ってみました。


高さもあり、すごく揺れるので怖かったです。
ここを最後に帰宅いたしました。快晴の中、良い景色を堪能できて
気持ちの良いツーリングとなりました!。
…景色を堪能するのに夢中で食事を忘れていましたが(苦笑)


投稿日
2018/10/31
閲覧者数
146
このツーレポは3人が「いいね!」と言っています
ツーレポが気に入った方は「いいね!」をクリック♪

コメント

前のツーリングレポート
長野県大鹿村、天空の池

[戻る]