暑い夏に日本の真ん中で「旅三昧」〜後半戦

日時
2013/8/10〜8/13‚8/16
ライダー
ごろ爺

前日の爆睡のおかげで疲れも吹き飛ぶ。今日は1日ビーナスライン近辺を走る予定。取りあえずお盆の観光客が来る前に1回ビーナスラインを走る事を目指し諏訪湖の宿を出発。(写真 「ビーナスライン富士見台よりの遠景」 富士山は見えず)


まずは「諏訪湖畔」に。自宅が琵琶湖畔なのであまり湖に興味が湧かない・・。水草が育ち過ぎ&水量の低下であまり美しくはない。冬の諏訪湖は凛として好きだが、夏はう〜ん・・・・。


県道40号諏訪白樺湖小諸線で一気に「霧ヶ峰」へ。いつも多くのBIKEでにぎわっているがこの時間は数台のみ。朝早い時間はレプリカ系のライダーが多い。気持ちよさそう〜。


気持ちの良い時間。車も少ないので「ビーナスライン」貸切で1枚。天気は今日も最高!標高があるのでこの時間は適温。


取りあえずNONSTOPで気持ち良く走り「美ヶ原」へ。いつも多い駐輪場もガラガラ。ここまで上がると少々肌寒い・・・。バックで停めるときにこの愛車に買い替えて2度目の立ちごけww。1回目は納車日ww。
少々長めの休憩を取り、いつもUターンで白樺湖方面に戻るばかりだったので、一度も走ったことのない美ヶ原林道にて松本市へ向かうことに。


美ヶ原林道〜国道254号。浅間温泉を抜け「松本城」へ。お濠や城壁他修理中。中に入ろうと向かうが入場口で並んでいたので撤退。今度普通の休日に伺うことにする。暑すぎるので再度ビーナスラインに向かう。市街を抜け県道67号松本和田線で扉峠へ。再びビーナスラインで美ヶ原方面へ向かい464号〜県道62号、国道152、142号で行ったことのなかった佐久方面へ向かう。山を下りると暑すぎ・・・。


「道の駅 ほっとパーク浅科」にて水分補給。食事をしようと思ったがやはり人が多くて断念。暑さで食欲もないので夜まで食べないことに決定。長門牧場方面に向かうか麦草峠に向かうか?3度目の麦草峠に向かうことにする。


「メルヘン街道」は車もバイクも少なく快走。路面が少々荒れている場所もあるが十分に楽しめた。会社のツーリングで1度、「299号線(メルヘン街道)」を走破した時が2度目。そして今回が3度目。ここまで上がってもこの時間だと暑い・・・。先週に車で渋峠を走っているので今回は国道標高2番目の「麦草峠」で良しとしよう・・。
(国道標高3番目の峠をご存知の方、ぜひお教えいただけないでしょうか?)


白樺湖を抜け、再びビーナスラインへ。車が多くて非常に辛い・・。「富士見台」より富士山でなく、南アルプスを遠景で。駐車場も9割がたの入り。


本日2度目の霧ヶ峰の駐車場で休憩。数年前にはなかった施設、「標高1600M森の駅霧ヶ峰ビーナス」という商業施設が出来ていたので見学。(ただの土産物屋だったww) 本日の宿は塩尻の「信州健康ランド」日帰り湯に宿泊施設があるとの事で興味を持ち予約・・。諏訪湖畔、国道19号を走り18:00に無事到着。


信州健康ランドを7:00に出発。涼しい国道19号にて「奈良井宿」へ。早朝で誰もいないのでエンジン音を気にしながら通過させていただく。写真を数枚。馬篭妻篭よりも雰囲気が良い。昨日までお祭りか何かをやっていたようだ・・。


これまた雰囲気抜群のJR「奈良井駅」。
無人の駅舎。


国道19号〜国道361号で「高遠城址」へ。夏なので何もないが桜が有名なのが分かる。相当数の大きな桜が城址に植わっていた。昔は伊那まで抜けるのに相当時間がかかっていたが権兵衛トンネルが数年前に開通して便利に。ウソみたいに快走できる。ここからは国道152号線を南下。通過したことのない峠を目指す。


高遠から分杭峠前までは国道152号は快走区間。路面もよく気持ちが良い。「分杭峠」はゼロ磁場のパワースポットで有名らしく乗用車向けのパークライドバスが走っていた。体はそれほど悪くないので写真を撮り通過。この後地蔵峠(写真撮り忘れ〜)まで行き、少し戻り飯田市街へ抜ける。


国道153号線〜256号線、妻篭を抜け再び19号線へ。今度は木曽方面へ北上する。「道の駅木曽福島」にて水分補給&遅めの昼食。


蕎麦を食していると太鼓の音が・・。表に出ると怪しい集団がww。「御嶽教」というらしい・・。御嶽大神を崇拝する信仰者が集団結合して1882年に立教独立した神道十三派の一つで、創始者が明治天皇の・・・と説明が書いていた。めったに見れないものらしいので少しの間見学して出発。


木曽福島にて19号に別れをつげ、「国道361号(木曽街道)」へ。この道もここ数年で快走路に生まれ変わりつつある。一部を除き非常に気持ちが良い高山への道。冬場にスキーで10回程度は訪れる。友人と家族が待つキャンプ場まであと少し・・。(写真 開田高原近辺の国道361号木曽街道)


361号を快走し野麦峠との分岐へ。時間は15:00。野麦峠まで往復1時間半・・。向かうことにww。県道39号線を右折し見通しの悪い1車線道路を安全に走り到着。女工哀歌で有名な昔の峠道が数キロの間保存をされていた。今度はゆっくり歩いてみたい。(写真 「野麦峠旧道入口」)


県道沿いの「野麦峠」でも1枚。長野側と岐阜側の道の違いは何なんだ・・wwと思いながら岐阜側へUターン。キャンプ場へ向かう。


夕方5時。無事に家族と友人の待つ「カクレハ高原キャンプ場」へ到着。岐阜県朝日村にあり夏は涼しい。設備は古いが値段が安く、風呂が無料。場内を流れる小川で水遊び&渓流釣りができる。乗鞍岳へも登山道が伸びている。16日までどっぷり滞在。天気の恵まれ最高の夏休み・・・。^^


16日10:00に皆より早くキャンプ場を出発。「道の駅ひだ朝日村」にて携帯チエック。急用はなし。下道にて自宅を目指す。361号からせせらぎ街道〜恐竜街道・・・。行きと同じ道で福井県入り。


九頭竜湖を抜け、初めての休憩をやはり行きでも停まった道の駅九頭竜にて。昼飯に名物らしい「舞茸蕎麦」を食す。BIKEが非常に多い。


国道ばかり走るのも飽きるので、途中で左折「一乗谷朝倉氏遺跡」へ。この右側の道・・・ソフトバンクのCMで見たことが・・・。ww 犬のお父さんの出身地が一乗谷という設定らしい・・・。


一乗谷より県道18号線を抜け鯖江市へ。国道8号線を走り、「道の駅 河野」にて最後の休憩。この休みの間一度も雨に降られないという晴れ男ぶりを実感。日本海が美しい〜。水分補給し敦賀市〜滋賀県高島市〜大津市で無事に自宅へ到着。しばらくはBIKEお休みと思えるほど遊んだ〜。事故なく楽しめたことと家族に感謝。
(長文乱文お付き合いありがとうございました。)


投稿日
2013/09/07
閲覧者数
2408
このツーレポは102人が「いいね!」と言っています
ツーレポが気に入った方は「いいね!」をクリック♪

このツーリングレポートに関連するツーリングスポット
コメント
/data/prof_picture/10921/prof.jpg
2013/09/07
標高の高い国道峠は金精峠みたいですよお

http://www.hyokozu.jp/modules/hkguide/midokoro02.html
/data/prof_picture/10876/prof.jpg
2013/09/07
そうですか〜^^。ありがとうございます〜。次に行く場所の候補にいたします。

前のツーリングレポート
暑い夏に日本の真ん中で「旅三昧」〜前半戦
次のツーリングレポート
修行の旅〜秋の3連休 蕎麦三昧   前半

[戻る]