続・九州ツーリング(真夏編)2013

日時
2013.8.6
ライダー
はりそ?ん

お世話になったゲストハウス「阿蘇び心」を旅立って、竹田市に向かいます。


阿蘇に詳しい方は、これがなんだかわかりますよね。実はここで育てられたものが、阿蘇の山の中で見られるのです。阿蘇にはこういうアーティストさんがたくさんおられます。


道の駅「なみの」です。ここで食べたおはぎは最高に旨かったです。(朝食)


道の駅「すごう」です。とても新しいです。


着きました。第1の目標、原尻の滝です。ここは、滝の上部をバイクで走ることもできます。


幅120m、高さ20m。田園に囲まれた平地に突如滝が現れるのが特徴です。どうしてここだけ、急に滝になったのかとても不思議です。自然は面白いことをするものです。屋や水量が少ない時だったのでしょうか。水の流れていない部分もありましたが、はじめてこの目で見たので、感動しました。そして、高いところの苦手な私が、感動のあまりつり橋に挑戦させたのですから。


瀧廉太郎記念館です。音楽科の私としては、是非行ってみたかったところです。そう、名曲「荒城の月」の旋律の元を生み出したであろう庵も見学しました。


田園を走行中に偶然出会った、アーチ形橋梁です。かなり大きかった。感動です。竹田市から高千穂を結ぶ県道8号線上にあると思います。どなたか、橋の名前をご存知ですか。


ついに、2年越しの思いが通じて、高千穂峡に来れました。


千穂の家といえば元祖流しそうめんで有名ですね。この日は平日なのに満員で入れませんでした。


ここが絵葉書や写真で有名な真名井の滝です。もっといいカメラだといいのですが。落差があり、立体的でとても趣のある滝でした。


高千穂物産館に寄りました。


高千穂は神楽が有名です。この石で造られたお面の裏にもお面が彫られています。さあ、なんでしょうか?


高千穂峡から阿蘇を目指す途中で撮りました。ある展望台です。どこかわかる人はおられますか?


国道325号線の途中にあるループ橋から下を見下ろして撮った風景です。木々の緑の中に見える田んぼが美しい。


白川水源は有名ですね。でも、ここの水源は池の水をそのまま飲めるということ。協力金100円は惜しくないです。
暑くて暑くて…。こんな日にはここの水には癒されますね。


足湯ならぬ足冷水。5秒も漬けられません。


南阿蘇水の生まれる里白水高原駅です。すごく長い名前の駅があると聞いて来ました。


駅のホームはこんな感じで無人でした。


阿蘇パノラマラインで見つけた私だけの展望台です。車では見つけらないでしょう。


阿蘇くじゅう国立公園の古坊中というところです。


草千里ヶ浜です。去年も来ましたが、今年は頂上も見えました。らっきー!


阿蘇に来たら米塚には会いに行きたくなりますよね。


夕日の中に沈み、幻想的です。荒々しい阿蘇の中にある火口の中で最も美しい形をしている。
今日はこの後、阿蘇ライダーハウスに泊りました。


投稿日
2013/08/23
閲覧者数
1511
このツーレポは8人が「いいね!」と言っています
ツーレポが気に入った方は「いいね!」をクリック♪

このツーリングレポートに関連するツーリングスポット
コメント

前のツーリングレポート
九州ツーリング(真夏編)

[戻る]