楯ヶ崎ツーリング

日時
平成26年7月21日
ライダー
ロードライダー

3連休最終日、信州ツー中止の残念ツーも兼ねて熊野市と尾鷲市の境にある楯ヶ崎まで行ってきました。R42を南下し、田辺バイパス〜K35〜R311で熊野川沿いのPで小休憩


途中、トラブルで遅れましたが、再出発。R168(R311の共通路)を通り宮井橋を渡ります。R311に戻りますが、このあたりは拡張工事の真っ最中。工事が無ければ熊野まで早いのですが・・・工事の信号待ちで、瀞峡めぐりのジェット船が下って行きます。
その後R311を走り、湯ノ口温泉横を通過し快走します。


久しぶりに「丸山千枚田」に、ちょっと寄り道。今回は時間の都合上、対面の展望台からのみ。


一台のバイクが千枚田内の道を走ってますね。維持が大変でしょうが、この綺麗な景観を頑張って残してもらいたいですね。


その後、R311をひたすら走り、熊野の大花火で有名な海岸まで走りR42へ。東へ走ります(R311共通路)鬼ヶ城を過ぎ、山側のR42と海側のR311に分かれ、R311をひたすら走ります。徐々に、海沿いの酷道な場所も。楯ヶ崎最寄りの甫田漁港に到着し、無人の港にバイクを停めました。


長閑な漁村です。養殖が盛んなようです。

楯ヶ崎の遊歩道を目指します。ネットで調べましたが、楯ヶ崎に行く近道なんです。


一番奥の漁師小屋の裏側から獣道を登ると、正規の遊歩道に合流。
坂を上ったり下ったり。ここから30分(笑)今日は3人なんでお喋りしながら進みます。しかし暑いですね〜


道が開けて、千畳敷にでました。すぐ上には小さい灯台があります。二木島灯台 小さい灯台ですが、海の航行には欠かせないのでしょうね。


千畳敷の先に見えてきました。こんもりとしてるのが、楯ヶ崎です。急いで、岩を登ります。そして到着。



吉野熊野国立公園「楯ヶ崎」です。高さ約80m、周囲約550mほどの柱状節理の岩壁です。


写真中央では、ロッククライミング中。左上には、物思いに耽る同行のMさん。落ちないでくださいよう〜


もう少し進んだ展望所から。天気が良ければもっと絶景。
写真では、雄大さが伝えにくいですね。


柱状節理のアップです。身近なところでは、東尋坊などがこんな感じですね。高さが違います、あちらは25m程度。


そろそろ、来た道を戻ります。帰りの千畳敷。平らですが、この傾斜。またまた30分弱歩き、漁港へ。


帰路につきます。このあたりのR311は、所々酷道で対向車にも注意が必要です(写真は、尾鷲方面に走ってますが、この後Uターン)
熊野新鹿ICから熊野尾鷲道路で隣の終点、大泊ICまで。


鬼ヶ城〜花の窟神社など世界遺産の横を通過し(本当は寄る予定でした)道の駅「パーク七里御浜」で遅い昼食
イマイチの天気で綺麗な浜の景色見れず。


休憩中に会社仲間からLINEで、本宮大社付近が大雨との情報。急遽、海沿いを帰ることにします。海沿いのR42を帰ると、1時間以上のロスですが、R42を選択。おなじみの「橋杭岩」こちらは天気もよく、道の駅も大盛況。


この後、ひたすらR42を北上するも高速の工事車両が多く、なかなかペースが上がりません。それでも、道の駅「志原海岸」で最後の休憩と給油し、その後もひたすら下道で19時頃に無事到着。
本日の走行距離は、397km ちょっと捜し物に走ったので、実質370km程度でした。


投稿日
2014/07/26
閲覧者数
1409
このツーレポは19人が「いいね!」と言っています
ツーレポが気に入った方は「いいね!」をクリック♪

このツーリングレポートに関連するツーリングスポット
コメント
/data/prof_picture/0/prof.jpg
巨尺
2014/07/26
稲が植わっている丸山千枚田はきれいですね〜。
私は冬場にしか行ったことが無いのですが感動ものの風景ですね。
また、楯ヶ崎でしたっけ、近くは通ったことがあると思うのですが見たことがありません。
今度、そちら方面に行くときには参考にさせていただきます。
/data/prof_picture/0/prof.jpg
ロードライダー
2014/07/26
巨尺さん
丸山千枚田は、いつもついでになりますが、前回も今頃でした。棚田の風景は好きなので、他の場所も行って見たいと思います。
楯ヶ崎は、R311にある駐車場からは、40分くらい掛かるので、他を廻る時間が少なくなりますが、迫力の場所です。

前のツーリングレポート
高野山ショートツーリング
次のツーリングレポート
美山〜若狭方面ツーリング

[戻る]