因幡街道〜山陰海岸絶景ツーリング

日時
平成27年7月25日
ライダー
ロードライダー

今回は、鳥取方面の海岸線の絶景を見に行ってきました。


4時20分頃、広川インターをスタート
ナイトツーの気分ですが、大阪に入る頃には夜も明け始め、清々しかったです。暑くもなく気持ちイイ〜


湾岸線〜ハーバーハイウェイ〜京橋で給油。神戸線に乗り継ぎ北神戸線経由(料金が少し安くなります)で第二神明〜加古川BP〜姫路BPで別所PA到着。順調すぎて、2時間30分ほどで到着。朝食休憩。
これから、大屋スキー場方面に向かうライダーさんと談笑。
さて出発です。鳥取方面なんで佐用町を目指します。朝早いので下道でも良かったんですが、播但道〜中国道で佐用町までワープ。


ここからの鳥取自動車道は無料ですが、並行してR373・R53の因幡街道が走ってるので、寄り道しながら昼食予定の鳥取市内までノンビリとミッション(寄り道スポット)をクリアしていきます。
いきなり佐用町ではこちら。 ミッション1「平福宿」


表側の町並みより、佐用川沿いの景色が有名なようです。


写真を撮ってると、後ろ側の線路を走る智頭急行のローカル列車が駅に到着。駅も小さな田舎風。


北上すると次の宿場町は、ミッション2の「大原宿」です。兵庫県佐用町から岡山県美作市に入りました。ちなみに大原は、宮本武蔵の生誕地のようです。


大原本陣。鳥取藩の殿様の参勤交代時の宿ですね。


立派なお屋敷(宿)


朝早めなので、人や車もなく良い感じです。ちなみに8:30頃です。
色々、写真とって出発。


途中で給油し、道の駅「あわくらんど」で休憩
すぐ横にインターもあり、鳥取方面に向かうライダーがよく立ち寄るスポットですね。
ここから自動車道に乗り智頭町へ移動します。


智頭インターのすぐ近くから15分ほど山道を登っていくとミッション3「板井原集落」があります。ツーリングマップルでは「昭和30年代へタイムスリップ」とありましたので、寄ってみることに。
集落に到着。ネットで見かけた茅葺きの家。これだけだと普通ですね。


集落の中を散策してみます。なるほど、昭和の時代にタイムスリップ。


人の家の庭先を歩いてる感じです(笑)


新しい建物はありません。観光に来られていた大阪ナンバーの方も、日本の原風景を感じてました。田舎住まいの僕でも、昭和を感じます。


廃屋らしき家もあります。


ノスタルジックな感じ。夏の快晴の日より、秋冬の方がいい感じかも。


集落を散策し、ミッション4「智頭宿」へ。

こちらも宿場町の雰囲気があり、大正期の豪邸が重要文化財になってるようです。「石谷家住宅」
中は、建物・庭が凄そうですが、少し覗いただけでまたの機会に。


すぐに鳥取道に戻り、早目の昼食の為に鳥取市内へ。
鳥取港(賀露港)に到着。しかしメチャメチャ暑いです。道中での表示は35℃でした。ミッション5「かろいち」賀露港市場の略かな。店の中は、鳥取の海の幸が一杯。冬はカニで賑わうのかな。


事前に調べておいた「賀露幸」というお店。ベタですが海鮮丼にしてみました.
美味しくいただき、しばらくクーリング。


ここにもありました。「すなば珈琲」賀露店 今日は砂丘でのイベントで臨時休業。さて、今日のメインはまだまだ先ですよ。前座が長いですね〜


続いては、鳥取ツーの定番の砂遊びに向かいます。

ミッション6「鳥取砂丘」到着。3年ぶりですね。前回はGWでメチャ混みでしたが、今日は凄く少なめ。バイクも10台程。暑すぎですもんね。


馬の背を覗いてみます。
皆さん暑い中お疲れ様です〜


遠くも綺麗に見えてます。今日は良い天気だなぁ〜
しかし、滞在時間15分でダウン。今回も入口から眺めるだけで砂遊び終了。本日のメインスポットへ向かいます。


鳥取砂丘をあとにして目指すのは、本日のメインスポットである
ミッション7「浦富海岸」です。砂丘からは15分くらいの距離です。
R9から海沿いのクネクネ道に分岐し進んで行くと案内図がありました。車も数台止まっています。下の海を覗きますがあまり見えません。山道を下りみます。


山道を下っていくと、最初に見えたのはこちら。洞門と綺麗な海。


さらに下って行くと到着。凄い景色です。ホントに綺麗です。
ここは景勝地「浦富海岸」でも特に綺麗な、鴨ケ磯といいます。


もっと海に近づいてみます。どうですか綺麗でしょう。


写真も撮りまくって納得したので、山道を戻ります。結構キツいなぁ〜戻ってる最中の展望所から下が覗けました。
ここからでもメッチャ綺麗です。透き通ってますね。遥々和歌山からこの景色を見に来て良かったぁ〜


さて、暑い中ヘルメットをかぶり出発。しかしこのあたりはどこも綺麗です。バイクと一緒に。
メインスポットを堪能し、帰路につきます。当初の予定では、ここからまた鳥取市内に戻りR29で隼駅や若桜宿を探索の予定でしたが、海があまりに綺麗なので帰りも山陰の海岸線を走ります。


走り初めても綺麗な景色が続きます。海沿いを抜けると、東浜居組道路を快走します。


終点は、新温泉町の居組という街です。ここでも寄り道しますよ。漁港付近を通過し少しクネクネと山側に上がるとこの景色。
ミッション8「居組海岸の景色」
ツーリングマップル2013年版のオススメスポットでも紹介されていた、居組漁港の眺めです。港のそばの島?山が不思議な感じです。


ここまで来たら、次に寄る場所は決まってますよね。余部鉄橋ですね。
R178で浜坂を抜けます。


最終ミッション9「余部橋梁」に到着。
しばらく休憩します。顔を洗ったり、首筋をタオルで冷やしたりとクーリング。かなり暑かったのですが前回来た時、橋梁の上を見学していませんでしたので、頑張って見に行ってみます。


またまたキツい山道を登って行くと駅舎に到着。ちょうど列車が到着です。


コンクリート橋梁の横に残された旧鉄橋部分を見学。数メートル先で寸断されてます。


橋から、余部の集落を眺めます。高所恐怖症なので、これくらいにします。


橋脚部分も見てみましょう。橋が完全に残ってると凄いでしょうね。


少し休憩し、帰路につきます。帰りにバックショット。ここからはひたすら帰りますよ。R178の余部道路・香住道路と乗り継ぎ、豊岡へ。


但馬空港横のK713を抜けR312へ。八鹿まで走り、八鹿氷ノ山インターより、無料の北近畿自動車道で丹波方面へ。
道の駅「但馬のまほろば」で休憩。まほろば?って感じで落ち着いた雰囲気。こちらでも少しクーリングと水分補給。今日は熱中症対策が必須です。
北近畿道を氷上ICまで乗り、下道に戻ります。ケチって舞鶴道を使わず阪神で帰ります。R176〜篠山市内を抜けR372〜R173で池田木部まで。


いつもの池田線〜環状線〜大阪港線〜湾岸線と乗り継ぎます。最後はいつもここで休憩。「泉大津PA」
湾岸線〜阪和道と乗り継ぎ、川辺ICまで。


20時過ぎには帰宅。
お楽しみのトリップメーター。本日の走行距離714.8km
日帰りロングの記録を更新しました。
通常距離で670くらいかな。いろいろ寄り道したしね〜
和歌山から鳥取くらいが、日帰りの限界かな?


投稿日
2015/08/04
閲覧者数
2169
このツーレポは16人が「いいね!」と言っています
ツーレポが気に入った方は「いいね!」をクリック♪

このツーリングレポートに関連するツーリングスポット
コメント
2015/08/04
ローカルな景観がいいですね
鉄道ネタも好きなので機会があればまたお願いします
/data/prof_picture/10952/prof.jpg
2015/08/04
TAKAIさん、コメントありがとうございます。
山陰方面は、海沿いも山あいもローカル鉄道の雰囲気なのでいい感じですよ。鳥取〜姫路方面に抜ける若桜街道も、有名な「隼駅」があるローカルな場所です。機会があれば訪れてみてください。
2015/08/09
居組海岸、良いですね。
また写真のアングルも良い。一度この目で実物を見に行きたいとおもいます。
/data/prof_picture/11049/prof.jpg
2015/08/10
やっぱり、さすがですね。私の日帰り基準は、400kmです。
700km越で、大阪を通って、20時帰宅で、綺麗な写真がいっぱいなのは、
本当に、さすがです。
/data/prof_picture/10952/prof.jpg
2015/08/10
巨尺さん、ありがとうございます。普通に東浜居組道路走ると、気づかず通り過ぎてしまいます。終点から少しもどると居組港へ。そこから少しクネクネと上がっていくと道端に展望台があり、この独特な風景が見れますよ。機会があれば寄ってみてください。
/data/prof_picture/10952/prof.jpg
2015/08/10
cygnus kunさん、ありがとうございます。
今回は、日帰り最高記録を狙ってました。地図上の距離では650くらいですが、色々寄り道したら結構走っちゃいました。これだけ観光しての700超えは自分でも大満足です。
一応行き当たりバッタリではなく、入念?にマップルやHPなどで計画立ててから出発します。

前のツーリングレポート
奈良観光ツーリング
次のツーリングレポート
姫路城〜加西市〜砥峰高原ツーリング

[戻る]