静岡・山梨/富士川を遡る

日時
H30/04/28
ライダー
FX2

前回糸魚川へ行ったので、今回は大地溝帯の太平洋側から富士川を遡ってみることにしたのですが、帰ってから調べたら太平洋側は安倍川とのこと。まぁいいか(汗)
神奈川を出発し国道1で箱根を越え、由比から薩垂峠へ登ります。急峻な海岸線に東名高速、国道1、東海道本線が走り、親不知に似てますね。


薩垂峠からの展望。


続いて県道10で富士川を遡ります。赤い橋は東名高速です。


県道10を更に進むと、富士川の対岸に国道52の洞門トンネルが見えてきました。


富士川に沿って走る身延線の井出駅付近です。向こう側には、建設中の中部横断自動車道の橋脚が見えます。


国道52に移り、甲府盆地に出る少し手前の洞門トンネンルが連続する区間です。


甲府盆地西側の櫛形山方面に向かいますが、丸山林道は通行止めでした。


丸山林道の分岐から大久保平林道を通って南伊奈ケ湖です。


伊奈ケ湖県民の森キャンプ場の木立を抜け、展望台へ向かいます。


展望台からは甲府盆地を一望です。


新緑の林道高尾伊奈ケ湖線を進みます。


左の道からやってきたのですが、見はらし平という案内看板があったので、正面の道を登って行ってみることにします。


櫛形山林道を進み、見はらし平に到着しました。


見はらし平の高台から甲府盆地を見渡します。


櫛形山林道は、かなり高いところを通っていて展望が開けます。


甲府盆地の向こうには富士山も見えます。


櫛形山林道を通り抜け、丸山林道との分岐に出ました。丸山林道はゲートが閉まっており、ここから下ります。


すると最初の分岐点に出ました。バリケードは車1台が通れるように動かされていました。


再び伊奈ケ湖を通って櫛形山林道を反対方向へ進み、桃花橋(ループ橋)を下って甲府盆地に出ました。


県道12から、七里岩と茅ケ岳を望みます。


国道20に出たところで、富士川上流の釜無川と七里岩です。この岩が釜無川に沿って延々と続いています。


武川から甲斐駒ケ岳広域農道を進むと甲斐駒が正面に。


広域農道の橋から見る南アルプス。


広域農道で国道20を横切り、釜無川の橋を渡った先に見えるすずらん大橋(ループ橋)で七里岩を登ります。


ここで釜無川とはお別れです。


道の駅小淵沢に併設されている延命の湯でひとっ風呂浴びることにします。


風呂上がりに天ざるそばをいただき、しばしお昼寝。
その後、小淵沢ICから帰ろうと思っていたのですが・・・


風呂に入って一休みしたら何か元気になってしまい、釜無川の源流をつきとめたくなりました。
国道20の長野、山梨県境から釜無川に沿って進みます。


やがて道は未舗装になり・・・


採石場の先で通行禁止でした。
その後、小淵沢ICから中央道にのり無事帰宅。

本日の走行距離 480km


投稿日
2018/05/13
閲覧者数
161
このツーレポは3人が「いいね!」と言っています
ツーレポが気に入った方は「いいね!」をクリック♪

コメント
/data/prof_picture/0/prof.jpg
Cygnus_kun
2018/05/13
富士山の雪が少ないように思いましたが5月はこんな感じですかね。
8月に富士山の近くまでツーリングに行く予定ですが、
その頃には、雪!無いですよね・・・。
/data/prof_picture/11063/prof.jpg
2018/05/14
Cygnus_kunさん いつもご覧いただき、ありがとうございます。
今年は雪が少なく、平年より半月以上早い感じです。8月は残念ながら雪は全くないですね。
なお夏期は富士山に登る道に交通規制がかかりますのでご注意下さい。

前のツーリングレポート
新潟/日本海を見に糸魚川まで

[戻る]