史跡巡り。

日時
2015.7.20(月・祝)
ライダー
kura

天下分け目の関ヶ原合戦の地へ。
「桃配山」
東軍の将・徳川家康の最初陣跡です。
不破郡関ヶ原町・旧中山道にある標高104mの山です。


この碑の前には、家康が座ったと伝えられてる
大きな岩が、ありますが・・・・画像を撮り忘れました。
でも、しっかり座らせて頂きました。


「捨てがまり」で、有名な 島津豊久の墓。
享年・30才。
旧伊勢街道沿い、瑠璃光寺近くの林の中に、ひっそりと建てられてます。
今は、大垣市養老町上石津になってます。


垂井一里塚。
1604年、家康の命により築造された一つです。
江戸日本橋から112里(107番目)です。


垂井一里塚も横に、小さな碑が立ってます。
浅野幸長・豊臣5奉行の一人浅野長政の嫡男です。
関ヶ原の戦いでは、東軍側で三成と戦ったそうです。
享年・38才。


墨俣城。
または、一夜城とも呼ばれてます。
木下藤吉郎(秀吉)が、出世するきっかけとなった、お城です。
今は、資料館となってます。
ここの天守は、大垣城と同一になってます。


大垣城址。
1535年・美濃守護、土岐一族の宮川氏が建てられたとされてます。
昭和20年の戦火により焼失。
現在の天守は、昭和34年に復興されたものです。


投稿日
2015/07/25
閲覧者数
607
このツーレポは12人が「いいね!」と言っています
ツーレポが気に入った方は「いいね!」をクリック♪

このツーリングレポートに関連するツーリングスポット
コメント

前のツーリングレポート
たぬきさんツーリング。
次のツーリングレポート
天空の里ツーリング。

[戻る]