2014/10/18 鳥取砂丘・香住海岸

日時
2014/10/18
ライダー
ブロス

今回は、大阪から2台、京都から1台、奈良から3台の合計6台参加でした。
この企画は、夏頃からあったのですが、天候に恵まれなかったり、メンバーの都合が合わなかったりで、なかなか開催できませんでした。
長距離は、日が短いと厳しいので、今シーズンのラストチャンスで決行しました。
当日は、生駒に4時半の集合でした。
まだ、真っ暗で星が出てました。
よく見ると、冬の星座のオリオン座が見えました。
もう、冬がそこまで来てる感じです。


朝は、奈良から大阪・枚方に抜ける峠で、気温が5℃!その後の高槻〜福知山くらいまでは、6〜7℃で、しかも霧が出て、かなり寒かったです。
先週のツーリングで寒さに懲りてたんで、厚着して来ましたが、それでも10月とは思えない寒さでした。
でも、朝来に着く8時半頃には、霧も晴れて、抜けるような青空が広がりました。
気温も上がり、絶好のツーリング日和となりました。


亀岡から、福知山〜朝来〜養父〜ハチ北高原〜と、R9を延々と走って、鳥取砂丘に到着です。
山陰地方屈指の観光地とあって、観光客はたくさん来てましたが、ピークに比べたら少なかったです。
天気は快晴で、空と海のブルーと砂丘の白のコントラストがキレイです。
どこまでいっても砂・砂・砂で、海岸まで辿り着くのは、かなりの距離があるようなので、手前で景色を楽しみました。
砂丘を歩くと靴の中が砂だらけになるようで、お土産屋さんでは長靴が貸し出されてました。
砂丘には観光用のラクダもおり、有料で乗れます。
ラクダの写真を撮ろうと思ったら、何と写真も有料(100円)との事。
100円くらいなら、まぁいいかと思って申し込もうとしたら、写真も長蛇の列になってたので、諦めました。


砂丘の近くにある店でランチです。
海の近くに来たんで、海鮮丼の店にしました。
今回は、「もさ海老丼」を注文しました。
「もさ海老」は、地元鳥取で獲れる海老で、甘海老より甘く、地元でしか味わえないらしく、「幻の海老」と呼ばれてるそうです。
店のポスターには、「猛者海老」と書かれてました。
評判通り、甘くて美味しかったですが、もう少し量が欲しかったです。
実は、本当は別の店で、超大盛りの海鮮丼を食べようと思ってましたが、店に行くと、今日は予約のお客さんで終日一杯との事で泣く泣く諦めました。
今度は、予約して行き、必ず食べたいと思います。
最近、ツーリングでのランチ(店)のチョイスがイマイチで、参加者の皆さんのご期待に添えず、申し訳ありません。


鳥取砂丘を後にし、日本海側のR178を走り、浦富海岸に立ち寄りました。
山陰の特徴的な海がキレイな場所です。
ここは短い距離に、展望駐車場がたくさんあり、景色を見ながら休憩したり、写真を撮るのに最適です。
巨岩が点在する海は、荒々しい雰囲気があり、日本海という感じで絶景です。


さらにR178を東に進み、余部の道の駅で休憩です。
ここは余部鉄橋のすぐ脇にあります。
余部鉄橋は、JR山陰本線の鎧駅と餘部駅との間に位置しており、橋脚の高さが約40mもあり、山陰本線の名物です。
駅を利用する人は、そんな高い場所まで坂道を登るので大変そうです。
鉄橋の一部を展望施設として残した、余部鉄橋「空の駅」もあります。
登って見に行きたい気持ちもありましたが、急な坂道を15分登るとの事で、心が折れてしまいました。
それ以前に、高所恐怖症の私には無理そうです…。


道の駅の道路向かいの駐車場には、昔の橋脚の一部が残してあります。
さすがにゴッツイ鉄骨です。
バイクもたくさん来てました。


余部を後にし、香住海岸の今子浦に立ち寄りました。
ここは、「かえる岩」や「千畳敷」といった景勝地でもあり、夏には海水浴場としてもに賑わいます。
駐車場脇には、浜茶屋や旅館が立ち並んでました。


左手の岩が「かえる岩」です。
確かにかえるの後ろ姿に見えます。
足元は、「千畳敷」と呼ばれる大きな一枚岩です。
絶景です。
来た時は、潮が引いてたので、歩いて見に行けましたが、潮が満ちていると千畳敷は見えず、かえる岩にも近づけません。
今日はラッキーでした。


かえる岩や千畳敷を見物していると、地元のおっちゃんに声をかけられました。
「この上の展望台は絶景なので、バイクで登ってみろ」との事。
という事で、大引の鼻展望台に登りました。
オススメの通り、こちらも絶景でした。
しかし、展望台に登る道は、狭くて、どう見ても歩行者オンリーの遊歩道…、車止めもあったし…、まぁええか。
この後、R178〜豊岡〜R312〜養父〜R9〜朝来〜福知山と走り、福知山から1台、京丹波から3台が高速で帰りました。
私1人だけ、翌日が休みで用事もない事もあり、下道でのんびり帰る事にしましたが、この時間はもう日没。
亀岡〜高槻に抜ける峠は真っ暗でした。
最初は車の後を必死について行きましたが、そのうち離されました。(泣)
人気のない山間部は、お化けが出そうで怖かったです。
今日は、朝の気温が低く、霧も出て、寒かったですが、快晴で良かったです。
道路も空いてて、渋滞もほとんどなく、快走できました。
このようなロングツーリングは、今シーズンラストになると思います。
参加者の皆さん、お疲れ様でした。


投稿日
2014/10/20
閲覧者数
719
このツーレポは10人が「いいね!」と言っています
ツーレポが気に入った方は「いいね!」をクリック♪

このツーリングレポートに関連するツーリングスポット
コメント

前のツーリングレポート
2014/10/11 関ケ原・養老の滝
次のツーリングレポート
2014/10/25 大台ヶ原・熊野・十津川

[戻る]