2014/12/6 津・松坂・二見浦・伊勢

日時
2014/12/6
ライダー
ブロス

今回は、大阪から1台、京都から1台、奈良から4台の、合計6台参加でした。
このクソ寒いのに、6人の物好き…失礼!、バイク好きが集まりました。
当初は10台のエントリーがありましたが、奥さんが風邪で寝込んだ為、行きにくくなった人や、本人が風邪を引いた人など、この時期ならではの欠席が相次ぎ、結局6台に落ち着きました。
しかし、相変わらず妻帯者のツーリングは、「奥さん次第」という現実が浮き彫りになったという事でしょうか。
このツーリングは、当グループの今年のラストツーリングです。
毎年、12月上旬で、走り納めにしています。
当日は、よりによって大寒波が襲来しており、極寒の寒中ツーリングとなりました。
1週間前頃の天気予報から、この週末は寒くなるとの予報でしたが、その中でも一番寒い日になってしまいました。(泣)
寒波が来る予報なので、開催が危ぶまれ、日程変更も考えましたが、参加予定者の都合もあり、年内ラストなので、何とか行ける場所を探しました。
当初は、近畿北部の予定でしたが、雪が降る予報なので、ボツ。
で、近畿南部で天気が良さそうな伊勢方面に変更しました。
当グループでは、天候などで行き先に困った時には、伊勢方面に行く事が多く、今回も「困った時の伊勢頼み」になりました。
集合場所の木津のコンビニの気温は2℃!、道中の南山城村の気温は-3℃!でした。
車で通行中の人は、「この寒いのに、バイクに乗るなんて、アホちゃうか?」というような表情で見てました。
いやいや、我々はこの2月に、-5℃の中をツーリングしたので、全然許容範囲内です。
寒かったですが、天気は快晴で、出発してから伊賀に抜ける道中に見えた日の出(朝焼け)は見事で、感動的でした。


木津を出発して、R163を走り、伊賀上野郊外のコンビニで、最初の休憩です。
寒くて、手の感覚がマヒし、痛かったので、いつものように手を温める為に、缶コーヒーを買いました。
操作性重視という言い訳のもと、オールシーズンのグローブで参加したクレイジーな野郎は、私です。
参加者の1人が、ホットココアを買って飲んでましたが、「冷える早さがハンパない!」と言ってました。
最強の空冷、強制空冷ですね。
この後、コンビニを出発する頃に、黒っぽい雲が近づいて来ました。
どうやら、雪雲でした。
走り出すと、雪が舞い散り始め、津の市街地に着く頃まで、降ったり止んだりでした。
それでも、道中は、何台ものバイクとすれ違いました。
皆さん、寒くても頑張って走ってますね。
雪が降る中をツーリングするって、なかなかないので、いい思い出になりました。


津市で、休憩を兼ねて、津城址に立ち寄りました。
ここは、3月にも訪れており、お城を中心とした公園になっており、トイレやベンチもあるので、休憩に最適です。
お城は石垣しか残っておらず、一部の建物が復元されています。
寒いので、皆、トイレに駆け込みましたが、かなりの厚着をしてるので、用を足すのも一苦労です。
参加者のNさんは、厚着+女性なので、トイレは、かなり大変そうでした。
3月と同じアングルで記念撮影です。


津〜松阪まで走り、松阪市内で、早めのランチです。
松阪に来ると、いつも寄る、松坂牛の手頃な食堂があるんですが、今回は、別の店に行ってみました。
ここも、松坂牛を使った料理が、手頃な価格で食べられます。
かなり目立つ店で、走っててすぐ分かります。
時間が早かったので、空いてましたが、店を出る頃には、席がほぼ埋まっており、観光バスのお客さんも来てました。


今日のメニューは、松坂牛のローストビーフ(単品)に、ご飯とみそ汁(ともに単品)をセットしました。
松阪牛ではないメニューだと、他にも色々選択肢はありましたが、「松阪まで来たら、松阪牛を食べないと…」というhideさんの一言で決めました。
さすが、松坂牛、柔らかくて美味しかったです。
他には、松坂牛カレーや、肉鍋を注文しているメンバーもいました。
どっちも美味しそうでした。


食後は、二見浦まで走り、夫婦岩を見学しました。
風がかなり強かったですが、快晴で、観光客がたくさん来てました。
夫婦岩の脇にある、二見興玉神社は、そろそろお正月の準備を
していました。
もう、師走なんですね、早いな〜と思いました。
一部のメンバーは、おみくじを買ってましたが、実は私は、先月に京都・大原三千院行った時に、おみくじで「凶」を引いてしまい、それ以来、おみくじにビビっており、買えませんでした。


夫婦岩を観光後、お土産屋さんで「塩ソフト」を食べました。
以前から見かけてましたが、なかなか食べる機会がなく、今回初めて食べました。
ほんのり塩味が効いてて、ソフトクリームの甘さが引き立って、美味しいです。
最初は美味しく食べてましたが、寒いので、だんだん冷たいのが苦痛になってきました。
やはりソフトクリームは、もう少し暖かい時期がいいですね。


二見浦を後にし、定番の伊勢志摩スカイラインを走りました。
今シーズンは、走る機会が多く、今回で4回目です。
いつもなら、もう少しハイペースで走るのですが、気温が低く、路面が凍結してるのでは?と、ビビった走りになってしまいました。


今日の伊勢志摩スカイラインは、とても風が強く、バイクごと飛ばされそうな強風でした。
風は強く、気温も低かったですが、冬の空気は澄んでいて、伊勢湾の景色は絶景でした。今日こそは、遠くに富士山が見えるかと思いましたが、富士山の方向に若干雲があり、見えませんでした。(残念)


伊勢を後にし、津まで北上し、榊原温泉の足湯に立ち寄りました。
ここも、3月のツーリングで、立ち寄った所です。
天然温泉の足湯で、無料です。
手足が冷え切ってたので、最初は痛いくらい熱く感じましたが、とても気持ち良かったです。
凍傷寸前の手足が生き返りました。
足湯の近くには、野生の猿がウロウロしてました。
地元の人の話では、周辺に猿はいるものの、ここまで人の近くに来るのは珍しいとの事。


足湯で、手足を暖めて、後は帰るだけです。
帰りに、ちょっとだけ、榊原温泉の近くの怪しげな美術館に立ち寄りました。
入場はしませんでしたが、巨大な彫刻や、奥には、日本最大の高さ33mの観音像もありました。
山間部に突然現れ、異様な雰囲気です。
ネットの情報では、ルーブル美術館と提携してるらしいのですが、本当かどうか…。
この後、下道で針まで走って解散の予定でしたが、日が落ちるのが早く、気温も急激に下がってきてるので、上野から名阪国道で帰る事にしました。
が…しかし!
名阪国道がエライ事になってました。
伊賀付近までは、快調に走ってましたが、針の手前辺りから、路面が濡れてる…。
どうやら、昼間か夕方に雪が降ったらしく、針を過ぎた辺りからは、道路脇に雪が残ってました。
何じゃこりゃ〜!
屋根やボンネットに雪が積もってる車も走っており、スリップ&転倒の恐怖が襲いました。
その後は、低速&超安全性運転で、何とか帰ってきました。
冬場のバイクは、本当に注意が必要ですね。
これで、当グループの今シーズンのツーリングは終了です。
今年は、年初からの寒中ツーリングを加えると、28回のツーリングを開催する事ができました。
参加いただいた皆さんには、心から感謝しています。
来年も、またあちこち行きましょう。
参加者の皆さん、お疲れ様でした。
よいお年をお迎え下さい。


投稿日
2014/12/08
閲覧者数
1076
このツーレポは7人が「いいね!」と言っています
ツーレポが気に入った方は「いいね!」をクリック♪

このツーリングレポートに関連するツーリングスポット
コメント
2014/12/09
寒中ツーリングなのに仲間が6台分も集まるなんて素敵なことですね
松坂であんな美味しそうなランチできるなんて羨ましい限りです☆

前のツーリングレポート
2014/11/22 九頭竜湖
次のツーリングレポート
2015/1/3 加太・雑賀崎・和歌山城

[戻る]