2015/3/28 鳴門・高松・坂出

日時
2015/3/28
ライダー
ブロス

今回は、大阪から2台、京都から1台、奈良から3台の、合計6台参加でした。
3月末は企業の決算月とあって、仕事が忙しくて参加できなかったメンバーさんの1人は、「無念です」と言ってました。
当グループでは、四国初上陸です。
弾丸日帰りで企画しました。
以前から、淡路島ツーリングの際、鳴門大橋脇の道の駅から四国方面を見て、このまま鳴門大橋を渡って四国にも行きたいと思ってました。
また、私は四国出身(愛媛県)なので、久しぶりに地元を走ってみたかったのもあります。
徳島・香川方面は、曇りの予報でしたが、せっかくの機会なので、決行しました。
でも当日になると、天気は快晴でした。


淡路島ツーリングでいつも使う、阪神高速・神戸線の垂水PAで集合し、ますは明石大橋を渡って、淡路島に上陸しました。
淡路SAで休憩です。
最近のツーリングでは、意識して記念写真を撮りやすい場所にバイクを駐車しようとしてるんですが、この時もどこに止めようか駐車場所に迷ってヨロヨロと迷走して、参加者の失笑を誘ってしまいました。
この頃には、日も高くなってきて、明石大橋がキレイに見えました。


今回は距離があるので、淡路島内も高速で縦断しました。
1回PAで休憩を挟み、鳴門大橋を渡って、四国に上陸です。
鳴門大橋の下には、渦潮も見えました。
鳴門大橋と鳴門海峡を臨む鳴門公園の千畳敷展望台に立ち寄りました。
橋が間近に見えて迫力満点です。
まだ朝の早い時間で、観光客も少なかったので、展望スペースのすぐ脇までバイクを乗り入れました。
写真は若干逆光ですが、肉眼では絶景でした。


四国に来たとなれば、ランチは「讃岐うどん」でしょう。
今回の目的のメインです。
昨今は、うどんも大人気で、香川県に入った途端に店が増えてきて、道中にもたくさんの店がありました。
今回は、2軒ハシゴする予定です。
まずは、1軒目…が!すでに行列ができています。
事前にネットで店を調べて行きましたが、ランキング上位の人気店は営業時間が短く、1時間ほどの店(製麺所)もあり、麺が無くなり次第終了という店も多かったので、人気ランキングで6〜7位辺りの店をチョイスしたのに、この状態です。
うどん人気、恐るべし!
でも、30分くらい並んだら食べれました。
うどんですから、客の回転は速いでしょう。


注文したのは、「かき揚げおろしうどん」です。
1軒目なので、軽く「冷たいぶっかけうどん」でも、と思ってましたが、メニューにある「当店創業以来の大きなかき揚げ」の文字に目が釘付けになり、チョイスしました。
メニューの通り、デカいかき揚げが乗ってました。
麺も、さすがは讃岐うどん!コシがあって美味しいです。
実は、私は子供の頃、うどんが苦手でした。
愛媛県東部出身なので、香川県が近く、うどんを食べる機会が多かったのですが、子供の頃は食が細く、コシがあって太い麺が飲み込めなくて、泣きながら食べてました。
現在は、うどんは好きですが。


続いて2軒目です。
1軒目から20分ほどの場所にあります。
…が!しかし!
1軒目をはるかに上回る行列が!
1軒目は、15人くらいの行列でしたが、ここは余裕で100人くらいは並んでました。
もう手前の道路脇からガードマンが出てて、臨時駐車場もあるくらいでした。
列に並ぶかどうか悩みましたが、店の人に聞くと40分待ちとの事。
せっかくここまで来たので、並んで食べる事にしました。
でも、メンバーさんと談笑してると、待ち時間もあっという間でした。
まぁ、お昼時ジャストというのもあるでしょうね。
実際は、1時間ほど待ちました。
ここで、京都のSさんが、急用で途中離脱しました。(残念)
Sさん、お疲れ様でした。


2軒目は、軽いメニューにしました。
「つけうどん(冷・小)」です。
お値段何と!200円!や、安い!
こちらの店の方がダシが美味しかったです。
店の中から奥の庭までたくさんの席があり、オープンカフェかバーベキュー場みたいでした。
しかし、厨房は戦争状態で、店の人は必死でうどんを作ってました。
お店の人、ご苦労様です。


食後は、坂出方面に北上し、瀬戸大橋記念公園に立ち寄りました。
ここは、瀬戸大橋を間近に臨める広大な公園です。
子供連れのファミリーもたくさん来てました。
しかし、香川県も午後からは曇る予報だったのが、カンカン照りです。
もうGW並みの陽気で暑かったです。


公園内にある「瀬戸大橋タワー」に上りました。
瀬戸大橋タワーは、高さ108m、360度の景色を眺められる回転式展望塔で、展望室部分が回転しながら昇降するタイプのものでは世界一の高さとの事。
約2分で1回転し、所要時間は約10分で頂上部で約3回転後下降します。
このタワーに乗るのには、勇気がいりました。
実は私は高所恐怖症です。
ですが、実際は乗ってから「しまった!」と思いました。
回転する展望室は、外向きにイスが固定されたリング状で、他に居る場所がないんです。
これでは、高い景色が怖くても逃げる場所がありません。(泣)
それに気が付いた時にはもう、上昇し始めてました。


タワーからの景色です。
快晴で瀬戸大橋が絶景です。
肉眼ではかなりの絶景で、周りから「おぉ〜」と歓声が上がるほどです。
料金800円の価値はあります。
しかし、キレイな景色を見ながらも、私は冷や汗タラタラです。
参加者の一人が座席を揺らそう言ったのに、私は本気で怒りそうでした。
まぁ、タワーの下調べが不十分でしたね。
でも、乗って良かったです。


この後、瀬戸中央自動車道(瀬戸大橋)に乗り、橋の途中にある与島PAで解散しました。
当初は、坂出〜高松〜鳴門の海沿いを走り、鳴門大橋〜淡路島〜明石大橋で帰る予定でしたが、うどん店で待ってる間の立ち話で、「瀬戸大橋を渡りたい」という要望(全員)を受け、ルート変更しました。
私もバイクで瀬戸大橋を渡るのは初めてでした。
解散後は、各自のペースで高速を走り、帰路につきました。
今日は文句のつけようがないほどの快晴で、気温も高く、いいツーリング日和でした。
また、明石大橋、鳴門大橋、瀬戸大橋と、3つの橋を渡る「橋づくし」のツーリングとなりました。
走行距離は、超ロングの540km。
参加者の皆さん、お疲れ様でした。


投稿日
2015/03/30
閲覧者数
717
このツーレポは7人が「いいね!」と言っています
ツーレポが気に入った方は「いいね!」をクリック♪

このツーリングレポートに関連するツーリングスポット
コメント
2015/04/01
四国へようこそ

機会あれば、四国内ご案内しますよ。

前のツーリングレポート
2015/3/21 舞鶴・美山
次のツーリングレポート
2015/4/18 高野山・龍神スカイライン・白浜・奇絶峡

[戻る]