2015/5/5 白川郷・郡上八幡

日時
2015/5/5
ライダー
ブロス

今回は、大阪から1台、兵庫から1台、奈良から5台の、合計7台参加でした。
GWなので、思い切って超ロングツーリングを企画しました。
ほぼ下道で行ける日帰りの場所としては、限界?限界超えてる?というコースです。
早朝5時に針テラスに集合。
こんな時間にバイクはいないかと思いきや、ハーレーの一団がすでにおり、長野まで行くとの事。(当然泊まり)
皆さん、元気ですね〜。
奈良のKさんは、MT‐07→通勤用のフェイズ250、奈良のNさんは、MT‐09→CRF250と、ロングツーリングに備えて、お尻が痛くならない&姿勢が楽なマシンをチョイスしての参戦です。
天気は、朝のうち曇ってましたが、徐々に晴れてきて、その後は快晴に。
岐阜の市街地では27℃と、夏日でした。
ただ、朝はかなり寒く、針周辺の気温は10℃でした。


針テラスを出発し、名阪国道を亀山ICまで走り、ここからは、ALL下道です。
道の駅・菰野で休憩です。
風が強く、この時点では、まだ寒く、5月とは思えないほどでした。
皆さんホットの缶コーヒーで暖を取ってました。
T-MAXのYさんだけ、間違えて冷たい缶コーヒーを買ってしまいましたが。
この後、一気に晴れて、気温も上がってきました。


R258を北上し、道の駅・月見の里南濃で休憩です。
とても広い道の駅で、駐車場も十分です。
足湯施設があったので、冷え切った足を温めました。
ほんの5分ほどでしたが、かなり楽になりました。
ここから、岐阜県・山県市まで一気に走ります。


山県市街から郡上八幡に抜けるR256は、渓谷沿いを走る景色のいい快走路です。
道路も空いてて気持ちよく飛ばせます。
川がキレイで、写真を撮りたかったですが、あまりに快適に走ってたので、気がついたら走り抜けてしまってました。
写真は、郡上八幡のR156に出る橋からの景色です。
この時点で、11時過ぎです。


郡上八幡からR156を北上し、白鳥〜高鷲〜荘川と、走りました。
このルートも渓谷沿いのとてもいい道です。
時折見える、白山連峰の山々が雄大で、絶景です。
ここは日本か?と思うような景色も。
山のスケールが近畿とは違い過ぎますね。


今日の目的地、白川郷に到着です。
この時点で、13時半です。
ここまでの走行距離は360km!
やはり遠いですね〜。
想像より大きな合掌造り家屋が点在しています。
日本の原風景って感じで癒されます。
GWなので、かなり混んでおり、観光客がたくさん来てました。


合掌造り家屋は、そのほとんどがお土産屋さんや、民宿、飲食店として使われてましたが、一部は住居として、今も人が住んでるようです。
しかし、これだけ観光客が押し寄せたら、住民の人はのんびりできないですね。
我々もその一部です。
すいません。
白山連峰をバックに合掌作りの集落を見るのは絶景です。
白川郷をくまなく見て回るのには、半日〜丸1日はかかりそうです。
そのくらいの規模です。
でも、とてもそんな時間はないので、軽く散策した程度です。
また来る時は、もっとゆっくり見て回りたいです。


道の駅・白川郷で、遅めのランチです。
地元名物の熊汁や、熊うどんを食べたかったんですが、何せ観光客が多く、定食を中心に軒並み売り切れになってました。(泣)
仕方なく、これまた地元名物の飛騨牛めしと飛騨牛まんのセットを注文しました。
でも、これがまた美味しくて、絶品でした。


食後は、ここまで来た道を戻るルートを予定してましたが、白川郷周辺が大混雑しており、渋滞を避ける為、白川郷ICから東海北陸道に乗る事にしました。
この時点で、15時半です。
これは帰りがかなり遅くなりそうなので、翌日が仕事の人と、遠方から参加の合計4人は、ここで解散する事にしました。


私を含む3人は、渋滞している白川郷〜郡上八幡のみ高速を使い、後は下道で帰る事にしました。
元々、私はツーリングはできるだけ下道を走りたいと考えており、今回も大阪のHさんと、帰宅が遅くなる覚悟で、下道で帰る約束をしていました。
ここに奈良のSさんが加わり、3人で郡上八幡ICを降り、休憩を兼ねて、郡上八幡城と城下町の古い町並みを散策しました。
この後、郡上八幡から、洞戸〜山県市〜岐阜市〜大垣〜関ヶ原〜米原まで、一気に走りました。
郡上八幡から山県市街までの峠は、快適に走れて、日が落ちる前に市街地に出る事ができました。
大垣から米原の辺りで急激に気温が下がってきて、寒さでたまらず米原でコンビニに立ち寄りました。
奈良のSさんは、大きなゴミ袋を買って、首と腕の部分に穴を開け、防寒用の応急インナーを作って着てました。
この時点で、21時。
ここから彦根〜多賀〜東近江〜信楽〜京田辺と、休憩を挟んで一気に走り抜けました。
道中の信楽の気温は9℃!
休憩のコンビニでは、車の人は夏のような格好なのに、我々だけ寒さにガクガク震えながらホットコーヒーを飲んでました。
木津でSさんと別れ、南生駒でHさんと別れて、やっとこさ帰宅しました。
帰宅時刻は0時半。
走行距離は680km!
ちょっとヘビー過ぎたかも知れませんが、参加者の皆さんは、満足していただいたようなので、良しとします。
こういうハードなツーリングは、連休とかでないとできませんからね。
参加者の皆さん、本当〜にお疲れ様でした。


投稿日
2015/05/08
閲覧者数
860
このツーレポは8人が「いいね!」と言っています
ツーレポが気に入った方は「いいね!」をクリック♪

このツーリングレポートに関連するツーリングスポット
コメント

前のツーリングレポート
2015/5/2 青山高原・曽爾高原
次のツーリングレポート
2015/5/10 三方五湖・琵琶湖北部

[戻る]