2015/6/7 潮岬・那智の滝

日時
2015/6/7
ライダー
ブロス

今回は、大阪から2台、京都から1台、和歌山から1台、奈良から4台の、合計8台参加でした。
今回、初参加が2名。
京都からMT-07のUさんと、和歌山からTW225のKさんです。
当グループでは、潮岬ツーリングは、年1回必ず開催しており、距離があるので、日の長い夏場に行くようにしています。
近畿地方は梅雨入りしましたが、この週末は梅雨の中休みで、好天に恵まれました。
ただ、6月なのに異様に気温が低く、朝の山間部の気温は15℃ほどで、すでに夏仕様になってしまっている参加者は、皆、寒さに悶えてました。
走行中も、トイレ休憩を小まめに取らないと厳しいほどでしたが、9時を過ぎる頃には日も高くなり、暖かくなりました。
最高気温は23〜4℃ほどだったので、逆に日中は汗をかく事もほとんどなく、涼しくて快適な1日でした。


早朝5時に奈良・生駒を3台で出発し、五條で4台が合流して、R168を南下しました。
直前に参加エントリーしていた奈良のSさんは、前日の仕事が遅かったようで、参加できるか微妙でしたが、1時間遅れで出発し、何と!十津川の道の駅で追いついてきました。
聞くと、前日の仕事が終わって帰宅したのが深夜2時。
そこからちょっと寝たつもりが寝坊してしまったとの事。
そんな状況なら、参加を見合わせたらいいのに、ぜひ行きたかったとの事。
嬉しいですね〜。
Sさんの心意気に感謝です。


R168を十津川〜本宮〜新宮と南下し、R42を西に走り、那智の滝に立ち寄りました。
この方面に来ると、必ず寄る定番スポットです。
いつも、滝の前にある無料の駐車場にバイクを止めてましたが、今日は観光客が多かった為か、有料の駐車場に止めるハメになりました。
那智の滝は、華厳の滝、袋田の滝と共に日本三名瀑の1つで、迫力があります。
地元和歌山のKさんによると、那智の滝は、川の水が少ない時は、滝の水がほとんど無い時があるとの事。
今まで来た時は、いつも勢いよく水が落ちてるので、想像もしてませんでしたが、チョロチョロと水が滴ってる時もあるそうです。
また、周辺は数年前に水害があり、それまで見る事ができた滝壺が、押し流されてきた岩で見えなくなってるとの事。
そう言われれば、デカい岩がゴロゴロしてました。
う〜ん、さすがKさん、地元の人ならではの情報ですね。


那智の滝を後にし、橋杭岩で休憩です。
ここも潮岬方面に来る時は、必ず立ち寄るスポットです。
道中のR42は、海沿いで、とても景色のいい快走路で、交通量も比較的少なく、快適に走れます。
橋杭岩は、串本町にある奇岩群で、大小約40の岩が南西一列におよそ850メートルもの長きにわたって連続してそそり立っています。
直線上に岩が立ち並ぶ姿が橋の杭のように見えることから橋杭岩と呼ばれているそうです。
駐車場で景色を見ながら休憩してると、風が強くて、観光客の女性のスカートがめくれそうになってて、思わず目が釘付けになってしまいました。
特に奈良のSさんは、かなり力が入っており、「もうちょっとや!」とか「惜しい〜!」などと声高に言ってたので、たぶん本人に聞こえたと思います。
すいません、エロいオッサンどもで…。


橋杭岩を後にし、今日の最終目的地、潮岬に到着です。
潮岬観光タワーで休憩&ランチです。
観光客は少なかったです。
しかもほとんどが中国人。
我が国の観光事業は中国からの観光客で成り立ってると思う瞬間です。
このタワーは、料金300円で登れて、本州最南端訪問証明書がもらえます。
私はもう何度も来て、証明書も何枚ももらってるので今回はスルーしました。


お待ちかねのランチです。
早朝の出発だったので、腹ペコです。
今回は、メガ天丼にしました。
昨年来た時に、他の参加者が食べてたのを見て、今回トライしました。
メニューの写真で想像していたよりボリュームがあります。
どうやらマグロの天ぷらのようです。
柔らかくて美味しかったです。
ただでさえかなりのボリュームなのに、うどんも付いていて、このうどんが普通サイズだったので、もうお腹がパンパンになりました。
しかもアツアツだったので、汗だくになりながら完食しました。


食後は、これまた定番の潮岬灯台に立ち寄りました。 車だと駐車場から歩かないといけないんですが、バイクだとすぐ目の前まで乗り入れる事ができます。


比較的小ぶりな灯台で、歴史を感じさせます。
中のらせん階段は角度が急で、目が回りそうでした。
しかも展望デッキに上る最後の階段は、超狭くて急なハシゴのようでした。
展望デッキから見える太平洋は絶景です。
今回は、私の他、この灯台は初めてという大阪のKさんと、地元和歌山のKさんの3人が入場しました。


潮岬を後にし、後はひたすら帰るだけです。
ここで、白浜経由で帰る2人が途中離脱しました。
残りの6台で、那智勝浦〜新宮と走り、熊野本宮で休憩です。
熊野本宮のすぐ脇にあるお土産屋さんは、駐車場も広くトイレも大きくて、休憩に最適です。
ここに来る道中は、?食後で、?良い陽気で、?風も涼しいとくれば、眠気必至です。
案の定、ミラーで後ろを見たら、最後尾の2台の動きがおかしい…。
変に車間が縮まったり開いたりしてる…。
絶対寝とる!と思い、急きょ近くのドライブインで眠気覚ましをしました。
T−MAXのYさんは、本当にウトウトしてて、溝に突っ込みそうになったとの事。
危ない、危ない。
皆さん、食後の居眠り運転には注意しましょう。


熊野本宮を後にし、谷瀬の吊橋で小休止です。
奈良の人にはお馴染みの場所です。
以前は観光客も多かったと記憶してますが、最近は少々さびれた感があります。


私は高所恐怖症なので、当然渡れません。
3人ほど対岸に渡り、お土産屋さんに行ってるのを指をくわえて見てました。

この後、道の駅・大塔で休憩し、五条市内で流れ解散しました。
去年は、紀宝町の道の駅・ウミガメ公園や、那智大社に立ち寄ったので、大塔で日が暮れてしまいましたが、今回は両方ともスルーしたので、明るいうちに市街地まで帰って来れました。
今日は、渋滞もなく、スムーズに走れたツーリングでした。
参加者の皆さん、お疲れ様でした。


投稿日
2015/06/08
閲覧者数
1002
このツーレポは14人が「いいね!」と言っています
ツーレポが気に入った方は「いいね!」をクリック♪

このツーリングレポートに関連するツーリングスポット
コメント

前のツーリングレポート
2015/5/23 姫路城・砥峰高原・生野銀山
次のツーリングレポート
2015/6/13 鳥取砂丘・香住海岸

[戻る]