2015/6/13 鳥取砂丘・香住海岸

日時
2015/6/13
ライダー
ブロス

今回は、大阪から2台、奈良から4台の、合計6台参加でした。
このツーリングも、またまた梅雨時期のコロコロ変わる天気に悩まされ、当初の日曜開催を土曜開催に変更しました。
そして、後になってみると、またもや日曜の天気は曇りながら近畿北中部は雨が降りませんでした。
日曜にエントリーしていた皆さん、本当にすいません。
鳥取砂丘ツーリングは、昨年初めて実施し、長距離ながら、下道での日帰りが可能という実績があるので、今回も集合・解散以外は、ALL下道です。
天候は、さわやかな晴れ間が広がり、梅雨の中休みでした。
また、朝の高槻〜亀岡の峠の気温は15℃に対し、養父の辺りでは30℃オーバーと、寒暖差が大きかったです。
皆さん、休憩の度に、着る物を脱いだり着たりが忙しかったです。
私だけ、バイクに荷物の積載がほとんどないので、暑かろうが寒かろうが同じ格好のままでした。


福知山のコンビニで休憩です。
ここまでの道中、約40kmhで走行するノロノロトラックにイライラしてました。
私もゆっくり走る方ですが、さすがに空いてる道路で40kmhはあんまりです〜。
写真中央のハーレーは、奈良のTさんのニューマシンです。
Tさんは、春から大型免許の教習に通っており、しばらくツーリングを休んでましたが、今回めでたく大型免許を取り、念願のハーレーで参戦です。
約1600ccのダイナ・ローライダーです。
エンジン音はド迫力の一言で、各部のメッキパーツもピカピカです。
空冷エンジンの夏場の暑さはあるものの、乗り心地も良さそうで、カッコイイです。
Tさんは、教習に通い始める前には、すでにハーレーの購入契約を済ませていたとの事で、気合いを感じます。


早朝5時に奈良の生駒を4台出発、大阪の枚方で2台が合流し、京都の亀岡からR9を延々と走りました。
R9は、福知山などの市街地を除けば、信号も少なく、快適に流せます。
道が若干単調なので、道中では一時、強烈な眠気に襲われ、意識が飛びそうでした。
大声で歌を歌ったりして、何とか眠気をやり過ごしましたが、後で聞くと皆さん、それぞれ眠気と必死に戦っていたようです。
私は、次第に歌う歌がなくなり、最後は小学校の校歌まで歌ってました。
今回の参加者のうち、半分の3人が、道の駅のスタンプを収集していると聞き、積極的に道の駅に寄りながら走りました。
今回は、帰りを含めて、合計7ヵ所の道の駅に寄りました。
写真は、道の駅・ハチ北です。


お昼頃に、今回の目的地・鳥取砂丘に到着です。
ここまでの距離は約240km。
まずは、砂丘を見物しました。
観光客が多かったですが、バイクは少なめでした。
若干薄曇りだったので、涼しかったですが、これがカンカン照りだったら、かなり暑いでしょうね。
海辺まで歩いて行ってる人もいましたが、体力&根性のない我々は、今回も上から眺めるだけにしました。


砂丘を見物後、ランチです。昨年と同じ店で、「大アサリステーキしらす丼」を食べました。
昨年は、「もさ海老丼」を食べたので、別のメニューにしましたが、甘辛いアサリが絶品でした。
実は、昨年から狙っていた別の店で海鮮丼を食べる予定だったのですが、当初の予定が日曜日だったので、日曜日で予約していたのを土曜に変更しようとしたら、すでに予約一杯との事。(残念)
また次回のリベンジを誓いました。


鳥取砂丘を後にし、山陰の海岸線を走り、浦富海岸に立ち寄りました。
浦富海岸(うらどめかいがん)は、鳥取県岩美町にあり、約15キロメートルにわたるリアス式海岸の自然景勝地です。
山陰の松島と言われ、変化に富んだ奇岩・岩礁の多い海岸で、海上遊覧船も出ています。
景色がいいので、車を止めて景色を眺めている観光客も多かったです。


浦富海岸からそのまま海岸線を走り、「道の駅・あまるべ」で休憩です。
JR余部駅のすぐ隣にあり、海も見えるいいロケーションです。
駐車場には、橋梁のゴツい鉄骨が置かれてます。


見上げると、すぐ脇に有名な余部鉄橋があります。
余部鉄橋は、JR山陰本線の鎧駅と餘部駅との間に位置しており、全長309.4m、橋脚の高さ41.5mを誇り、山陰本線の名物です。
道の駅の敷地内には、少々マニアックな鉄橋グッズの店もありました。


余部鉄橋は、新しい橋梁に架け替えられましたが、鉄橋の一部を展望施設として残し、「空の駅」として整備されています。
昨年も来た際、この空の駅に上がってみようと思ったものの、急な坂を地上40mまで登るのに躊躇し、パスしました。
今回は、Nさん、Tさんとともに登ってみました。
さぞかし過酷な坂と思いきや、意外とすんなりと登れて、ネットの情報通り、約10分で登れました。


空の駅からは、山陰の海岸が一望でき、絶景です。
展望デッキは、床がガラス張りになっていたり、柵の所の床が網状になっていたりと、高所恐怖症の私にはドキドキものです。


余部を後にし、今日の最後のスポットである香住海岸の今子浦に立ち寄りました。
千畳敷と呼ばれる岩礁と白砂の砂浜が隣り合う入江で、沖には白石島と黒島が浮かび、千畳敷沖には「かえる岩」があります。
夏場は海水浴客で賑わいます。


ここは、干潮だと千畳敷を歩いて沖まで行き、かえる岩や岸壁を間近に見れますが、満潮だとそうは行きません。
今日はどうかと心配でしたが、だいぶ潮が引いていて、沖まで見に行けました。

この後、豊岡〜養父まで走った所で、1台が高速で離脱、そこからR9を福知山まで走った所で、1台が大阪方面に離脱、残り4台で、京丹波〜亀岡〜高槻〜枚方と走り、流れ解散しました。
走行距離は500kmを超え、ALL下道だったので、帰りは22時前になりましたが、走り応えがあって、楽しかったです。
参加者の皆さん、お疲れ様でした。


投稿日
2015/06/15
閲覧者数
679
このツーレポは6人が「いいね!」と言っています
ツーレポが気に入った方は「いいね!」をクリック♪

このツーリングレポートに関連するツーリングスポット
コメント
/data/prof_picture/13448/prof.jpg
2015/06/16
ご一緒したかったです〜。次の日(日)、2台で東舞鶴の海上自衛隊の護衛艦を見に走ってきました。舞鶴も暑かったです^^;

前のツーリングレポート
2015/6/7 潮岬・那智の滝
次のツーリングレポート
2015/7/12 天橋立・丹後半島

[戻る]