2016/2/28 淡路島

日時
2016/2/28
ライダー
ブロス

今回は、大阪から1台、京都から1台、兵庫から2台、奈良から3台の、合計7台参加でした。
淡路島ツーリングは、毎年恒例となっており、年に1回は訪れており、もう5年目になります。
淡路島は、手軽に行ける距離なのに、島なので近畿の市街地と離れており、ちょっとした別世界を味わえて、ツーリング向きの場所です。
以前は、秋に行く事が多かったのですが、ここ2年ほどは、冬場の恒例ツーリングとなっています。
淡路島は、海沿いの道路が多く、山間部や峠越えがほとんどなく、また冬場の路面凍結の心配が少ないので、冬場のツーリングには最適です。
元々は、前日の土曜日に予定してましたが、午後から雨が降る予報だった為、日曜日に延期しました。
天気は快晴で、朝はちょっと寒かったですが、昼間は春の到来を思わせる陽気でした。
集合は、いつもの阪神高速神戸線(第二神明道路)の垂水PA。
私は、3年前に、ここに来る道中で転倒した記憶があり、今でもあまり気分のいいルートではないんですよね〜。


明石海峡大橋を渡り、淡路島に上陸です。
私はこの度、バイクの買い替えとともにETCを装備しましたが、楽ですね〜。
車で使ってるので、その便利さは知ってましたが…。
でも、私には何やら「根性論」のような考え方があり、以前は、寒い時期のグリップヒーターや、便利なETCに拒絶感がありました。
「何楽しとんねん、気合いで走らんかい!」
と言った、時代錯誤な考え方です。
冬場でも普通の革のグローブをして、高速は現金手払いという徹底ぶりでした。
いわゆるアホですね。
今は時代の流れを理解できるようになりました。
淡路SAで休憩です。
朝早い時間帯なのに、バイクも車も多かったです。
今日は天気が良かったですからね〜。
明石大橋もキレイに見えました。


淡路ICを降り、下道で島内を走ります。
まずは、「たこせんべいの里」に立ち寄りました。
ここは、その昔、家族旅行で訪れた事があり、3〜4年前のツーリングでも立ち寄りました。
ここは、簡単に言うと「店内のほとんどのおせんべいが試食出来て、無料でコーヒーも飲めて、工場見学も可能なおせんべい販売工場」です。
お店の名前にもなっている「たこせんべい」は、関西ではメジャーなおせんべい。
淡路島と本州の間にある明石海峡はたこが名産として知られていることもあり、小さなたこを丸々焼いて揚げた「たこの唐揚げ」という名前のおせんべいや、たこやいかのすり身で作った「たこうす焼」など、たこが使われているおせんべいが多数ラインナップされています。
OPEN直後に入ったのですが、すでにお客さんがパラパラきてました。
おせんべいをあれこれ試食していると、大型バスの観光客がどんどん入ってきてました。
中には、カゴ2杯分のせんべいを買い込む人も。
我々も試食を片っ端から食べまくりました。
試食すると、不思議と買っちゃうんですよね〜。
私は以前のツーリングの際、せんべいを買ったものの、収納する場所がなく、困った記憶があります。
今回はNCなので、大容量の収納BOXがありますから、余裕です。
兵庫のNさんオススメの「たこの唐揚げ」をお土産に買いました。
試食もしましたが、絶品です。
いくらでも食べられる感じですね。
京都のUさんは、試食するのが止まらなくなってました。
買い物を終えて、休憩スペースで無料のコーヒーを飲んでましたが、以前家族で来た時、親戚のおばちゃんが、コーヒーがタダだからと言って、3杯も4杯も飲みまくって恥ずかしかったのを思い出しました。


たこせんべいの里を後にし、洲本から海沿いを走りました。
この辺りは海がめっちゃキレイです。
海のギリギリに道路があるので、海の景色がよく見えます。
今日は天気も良く、風も穏やかでしたが、天候が荒れていると、海沿いの為、潮をかぶる事もあるようです。
また、兵庫のNさんによると、昔は道路の状態が悪かったそうです。
今は、キレイな道路になってますね。
観光客が増えたおかげでしょうか。
途中、トイレを借りようと、モンキーセンター前でバイクを止めたんですが、路上に猿のフンが落ちてました。
猿のフンってあまり見ないですよね。
初めて見ましたが、犬とも違うし、鹿でもないし、ウサギでもないって感じで、珍しかったです。


鳴門海峡に向かう道中も海の景色がキレイです。
若干、霞がかかったますが、絶景です。
淡路島に来ると、いつもバイクを並べて記念写真を撮る場所です。
交通量が多いので、通行中の車とかにはちょっと迷惑だったかも知れませんが、勘弁してもらいましょう。


道の駅・うずしおで休憩です。
ここもいつも立ち寄る場所です。
鳴門海峡と鳴門大橋が間近に見える、いい場所にあります。
鳴門大橋の下に入れて、見物できるようになってます。
今日は観光客が多かったですね〜。
天気がいいので、対岸の徳島まで見渡せて、絶景です。
観光客が多いと、いつもバイクは歩道に乗り上げた所に止めさせられます。


今までは、道の駅うずしおでランチにする事が多かったんですが、今回は別の場所にしました。
「鳴門大橋記念館・うずの丘」です。
しかし、いつも道の駅うずしおが混んでる為、こちらに変更したのに、今日はこちらもめっちゃ混んでます!
レストランは10人以上が並んでました。(泣)
どうやら、ここで「トリックアート展」なるイベントが開かれていた為、家族連れがたくさん来ていたようです。
レストランでのランチを断念し、淡路島名物の淡路牛バーガーでランチです。
全国ご当地バーガーグランプリで、1位と2位を受賞したとの事で、年々人気が高まってます。
私は初めて食べましたが、確かに美味しかったです。
他にもオニオンビーフバーガーや、オニオングラタンバーガーなど、バリエーションも豊富です。
淡路島はたまねぎも名産ですからね。
兵庫のNさんは、「オニオンリングはモスバーガーの方が美味い」などと言ってました。


うずの丘を後にし、次のスポットである、おのころ島神社に立ち寄りました。
淡路島は、数々の国生み伝説があり、初めに造られたのが淡路島で、その後次々に島を生み、日本の国を造られたとあります。
おのころ島神社もこれらの神様を祀る神社とされています。
デッカイ鳥居があって、遠くからでも目立ちます。
私は、以前バイクで転倒した際、この神社に交通安全を祈願した事があります。
今日はお礼参りですね。
この後、コンビニで休憩を挟み、淡路市まで北上します。
この頃には、気温も上がり、皆さん汗をかくほどでした。
大阪のNさんは、コンビニで、背中に張り付けたカイロを剥がしてもらってました。
聞くと、Nさんは冬場のツーリングの際、カイロを体のあちこちに12枚も貼り付けてるとの事。
いくらなんでも貼り過ぎでしょう。


淡路島西側の海沿いを北上し、道の駅・あわじで解散です。
明石大橋の真下にあり、迫力ある橋の全景が望めます。
いつもここで解散し、各自高速で帰宅していただいてます。
この時点で3時過ぎです。


各自お土産を買ったり、トイレに行ったりしてましたが、ふと食堂を覗くと、魅惑的なメニューが…。
お昼はハンバーガーだったので、まだまだ食べれるし…。
美味しそうなメニューにロックオンされてしまいました。
という事で、有志4人で2度目?のランチを食べる事にしました。
オーダーしたのは、カキの炊き込みご飯。
カキがプリプリして、ダシも利いてて、美味しかったですね〜。


帰りに兵庫のNさん、Aさんと、パワースポットである「絵島」に立ち寄りました。
太古、イザナギ・イザナミの二神が、国づくりの最初に生まれた国が「オノコロ島」であり、淡路島を指すとされていますが、この絵島であるという説もあります。
せっかくなので、島に渡ってあちこち見ていたら、島の頂上に祠がありました。
登ろうとしましたが、途中までしか登られないようになってました。
Nさんにご神体を汚したらバチが当たりますよ、とか、パワースポットの写真を撮ったらヤバいですよ、などと散々脅かされました。

この後、高速に乗り、帰宅しました。
大阪市内で若干渋滞に遭いましたが、明るいうちに帰って来れました。
淡路島ツーリングは、いつも早めに帰れるんです。
今日は天気も文句なしで、快適に走れました。
昼間は気温も上がって、春の到来を思わせる気候でした。
シーズンインまであと少し。
参加者の皆さん、お疲れ様でした。


投稿日
2016/03/01
閲覧者数
874
このツーレポは7人が「いいね!」と言っています
ツーレポが気に入った方は「いいね!」をクリック♪

このツーリングレポートに関連するツーリングスポット
コメント

前のツーリングレポート
2016/2/21 津・榊原温泉
次のツーリングレポート
2016/3/13 犬山・尾張一宮

[戻る]