2016/3/20 鳴門・高松・坂出

日時
2016/3/20
ライダー
ブロス

今回は、大阪から3台、兵庫から1台、奈良から2台の、合計6台参加でした。 
この日は、前日から確実に好天の予報だったので、天気でヤキモキせず、安心して当日を迎えられました。
いつも天気が気になって、2〜3日前からしょっちゅう天気予報をチェックしたりするんですが…。
四六時中、携帯で天気をチェックしてる姿は、まるで株をやってる人みたいです。
また、この週末は3連休だったので、ツーリング前後の日が休みで、体がとても楽でした。
しかし、気を抜いてはいけません。
私は前日に家でゴロゴロし過ぎたので、嫁の機嫌が悪くなり初めて、慌ててご機嫌取りをしたりしました。
他の皆さんも同じようで、趣味をやる上で、奥さんのご機嫌取りは、最重要ミッションのようです。
私はツーリングの翌日も、疲れた体を引きずって、庭の草引きに勤しんだりしました。
何事も根回しが大事です。
前日から気温が高かったので、もう冬の装備は要らないか?とも思いましたが、何せここは底冷えのする奈良!油断は禁物です。
朝はまだ寒いだろうと、真冬の装いで出発しました。
予想通り、朝(奈良)は寒かったものの、お昼頃(高松)には汗をかくほどになり、今回も寒暖差の大きい日でした。


今回初参加のTさんの愛車、MVアグスタ・ストラダーレ800です。
スタイリッシュかつ秀逸なデザインで、カッコいいですね〜。
いかにもイタリア車って感じで、上品なイメージです。
あまり見かけない車種なので、あちこちジロジロ見てしまいました。
また、国産車と全く違う各部のパーツも珍しかったです。
こうやって見てると、何やら、ある国産車と似てますね。
思えば国産車って、結構外車のデザインをパクッたような疑惑のバイクがありますよね〜。
何と!このマシン、奥様に内緒で購入したとの事。
どこに置いてるのかと思えば、職場に隠してるとの事。
購入資金といい、保管場所といい、そんな事ができるとは、うらやましいですね〜。
私なんか、数年前に嫁に内緒で買ったセカンドバイク(グラストラッカー)がありましたが、中古を8万円で買って、月額2500円の駅前駐輪場に隠してたものです。


集合は、阪神高速(第二神明道路)の垂水PA。
毎年の淡路島ツーリングや、昨年の四国ツーリングの際も集合場所に使いました。
6台が集合し、明石海峡大橋を渡って、淡路島に上陸です。
この日は風が強く、強風で明石大橋が二輪通行止めになったらいけないので、さっさと渡りました。
淡路SAで小休止です。
まだ少し雲がありましたが、この後晴れ間が広がってきました。
休憩後、出発しようとしたら、PAの駐車場に旧車(バイク)をたくさん積載したトラックが何台も止まってました。
旧車は、一般的にZ車とも言われてるバイクです。
チャンプロードとかに載ってるバイクですね。
しかし、一体どこに持って行くんでしょうね。


淡路島を高速で縦断し、鳴門北ICで高速を降り、鳴門公園に立ち寄りました。
昨年も立ち寄りましたが、鳴門海峡と鳴門大橋が目の前に見える絶景スポットです。
朝早かったので、展望スペースまでバイクを乗り入れる事ができました。
時間が遅くなると、観光客が増えて、とてもバイクが乗り入れられない場所です。


鳴門大橋が近くて迫力があります。
若干逆光ですが、絶景です。
8時前頃だったと思いますが、すでにお土産屋さんが1軒OPENしてました。
まだ気温が低かったのもあって、大阪のFさんが「ソフトクリームのノボリが出とるけど、食べる気せんな〜」と言ってました。
鳴門大橋を渡る時、風がめっちゃ強くて、バイクごと海に放り込まれそうなキツさでした。


鳴門市街を抜け、県道14→県道12→R163から高松市内に入り、ランチです。
四国ツーリングとなれば、当然、讃岐うどんですね。
昨年も行った「もり家」という店です。
実は、昨年の四国ツーリングを企画した際、ネットで讃岐うどんの人気店ランキングを見て決めました。
あまり上位だと混んでると思い、確か6〜7位辺りを選んだと思うんですが、それでもこの行列です。
20人くらいは並んでるでしょうか。
それでも、昨年に2軒のうどん店をハシゴした時の2軒目が、100人ほど並んでて約1時間待ちだったのに比べたら全然マシです。
約20〜30分ほどで入店できました。


今回も、昨年と同じく、もり家名物のデカイかき揚げの乗った「かき揚げうどん」を注文しました。
揚げたてのかき揚げは、サクサクしてて絶品です。
兵庫のNさんは、玉ねぎが甘くて美味しいと言ってました。
淡路島で、淡路牛バーガーのオニオンリングを酷評したNさんが褒めてるんで、間違いないでしょう。
私は、並んでる時に「丸亀製麺とあまり変わらない」などと言ってしまいましたが、食べると全然違って、コシがありました。
申し訳ありません。
ちなみに私は子供の頃、あのコシがある麺が飲み込めなくて、讃岐うどんか嫌いでした。
もり家うどんの麺は、並が1玉、中が1.5玉、大が2玉なんですが、皆さん「中」を注文する人が多かったです。
兵庫のNさんは、大を注文したら、思いの外、量が多かったようで、苦戦してました。
また、通された席が座敷だったので、プロテクターを付けてて、座りずらく、前屈みになってしまい、余計に苦しんでました。


今回は、うどん屋を1軒にして時間ができたので、代わりに「こんぴらさん」に立ち寄りました。
3連休で、天気も良かったからか、手前の参道から混んでました。
駐輪場案内のオッチャンに、どこかバイクを止める所がないか聞いたら、川沿いの小さな公園を教えてもらって、止める事ができました。
こういう時は、やはり地元の人が頼りになりますよねー。
こんぴらさんと呼ばれて親しまれておりますが、正式には金刀比羅宮(ことひらぐう)で、香川県仲多度郡琴平町の象頭山中腹に鎮座する神社です。
歴史ある由緒正しい神社ですが、お参りするのには、何と1368段もの階段を登らなくてはなりません。
それでも年間300万人が訪れるパワースポットになっています。
また、四国有数の観光地でもあります。
私は隣の愛媛県出身なので、子供の頃にイヤというほど行った事があります。
あの階段を登る気はさらさらないので、手前のお店を見て周りました。
今日は観光客がめっちゃ多かったですね。
やはり中国人もたくさんいました。
私は、そそくさと嫁の機嫌取りのお土産を買いました。
混んでる店はイヤなので、空いてる店に入りましたが、不思議な事に人が1人入ると、ドンドンお客さんか入って来るんですよねー。
バイクを止めた公園に戻ると、こんぴらさんに行かなかった兵庫のNさんがベンチで横になってました。
しかも本格的に寝ています。
どうやらさっきのうどんが効いてるようです。
後で聞いたのですが、Nさんはツーリングから帰ってもお腹にうどんが残ってる感じだったとの事。


こんぴらさんを後にし、今日最後のスポットである瀬戸大橋記念公園に立ち寄りました。
ここも昨年立ち寄った場所です。
広大な公園で、グラウンドではスポーツの試合かなんかが開催されており、駐車場は満車でした。
瀬戸大橋の真下にあり、迫力ある景色が望めます。
瀬戸大橋は、道路の下に線路があり、電車も走ってます。
時折、騒がしい音を立てて電車が通過してました。


昨年は、公園内の展望タワーに登りましたが、今回は希望者がいなかったので、パスしました。
代わりに公園の高台に上がり、瀬戸大橋を眺めましたが、絶景でした。
今日は天気も良く、遠くまで見渡せました。
そろそろ出発しようとしたら、大阪のFさんが、朝に淡路SAで見かけた旧車の1台と、それらを積載していたトラックを見つけました。
どうやらここで集会?展示会?でもやってたんでしょうか?
ちょっと興味があったので、探してみたかったですが、そこそこの時間になってたんで、帰路につきました。


瀬戸中央自動車道に乗り、瀬戸大橋を渡りました。
瀬戸大橋の途中にある与島PAで一時解散です。
与島PAは、瀬戸中央自動車道海峡部のほぼ中央に位置し、瀬戸大橋と瀬戸内海を臨む絶好のビュ一ポイントで、与島プラザの展望台からは、多くの島々や行き交う大小さまざまな船舶をパノラマで展望できます。
Nさんに、「PAに入るループ橋からの景色は良かったですねー」と言われましたが、私は強風に飛ばされないように必死にコーナリングしてたんで、景色を見る余裕がありませんでした。
この後、Fさんが離脱し、残り5台で走り、途中SAやPAに寄りながら、兵庫県の三木まで帰ってきました。
相変わらず風が強く、少々ストレスを感じながらの高速走行でした。
特に追い越しの時に加速するのが怖かったですね。
三木SAで日が落ちてきて、急激に気温が下がってきました。
大阪のNさんは、薄手のダウンを重ね着して、寒さに備えてました。
三木SAを出発し、兵庫のNさん、大阪のOさんと別れました。
この後の渋滞が強烈でした。
だいぶ手前の案内表示から渋滞の情報が出てましたが、今日は3連休で出かける人も多かったんでしょうが、神戸JCTから宝塚まではかなり混んでました。
まぁ、仕方がないですね。
焦って路肩走行などして事故でもしたら大変です。
辛抱して車の後ろをノロノロついて行きました。
奈良のTさんは、半クラを多用し過ぎて、左手の握力がヤバかったようです。
私は以前ジェベル200に乗ってる頃、ロングツーリングの度にクラッチを握る回数が多過ぎて左手が腱鞘炎になりそうになってたので、今では毎日職場で左手のみハンドグリップで鍛えてます。
近畿道に入り、大阪のNさん、奈良のTさんと別れ、無事帰宅しました。

今日は、とにかく強い風に手こずり、渋滞にも巻き込まれましたが、快晴で気温もほどよく快走できました。
暖かくなって、そろそろ山越えも行けるでしょう。
走行距離は、走りに走って560km。
参加者の皆さん、お疲れ様でした。


投稿日
2016/03/22
閲覧者数
717
このツーレポは9人が「いいね!」と言っています
ツーレポが気に入った方は「いいね!」をクリック♪

このツーリングレポートに関連するツーリングスポット
コメント

前のツーリングレポート
2016/3/13 犬山・尾張一宮
次のツーリングレポート
2016/4/2 富士山周遊

[戻る]