2016/4/10 舞鶴・美山

日時
2016/4/10
ライダー
ブロス

今回は、大阪から4台、兵庫から2台、京都から2台、滋賀から1台、奈良から4台の、合計13台参加でした。
今日のコースは、昨年と同じコースです。
毎年1回は行くコースで、もう5〜6回は行ってて、個人的にも好きなコースです。
当グループとしては、かなりの大人数になりました。
木曜日頃までは、9台ほどの予定でしたが、直前でエントリーが増加。
お友達を連れて来た人もいて、13台の大所帯になりました。
また、奈良のYさんは、奥さんとタンデムで来たので、全部で14人です。
近畿北部及び日本海方面は、冬場は道路の凍結もあって、山越えができないのですが、気温も上がり、もう行けるだろうと企画しました。
4月に入り、気温も上昇。
前日は暑いくらいで、今日も同じくらい気温との予報だったけど、朝の気温が低めの予報だったので、着る物のチョイスが難しかったです。
昼間の暑さに合わせるか、朝の寒さに合わせるか…。
結局、面倒くさいんで冬の装備にして、オーバーパンツだけは外しました。
やはり予想通り、朝の高槻の峠は気温8℃。
ええ感じのワインディングなんですが、寒いと速度が出しにくい…。
それに私は、前日にフロントタイヤを替えたばかりなので、皮むきが完了するまで、恐々とビビリながら走りました。
まるで産まれたての小鹿のようなヨロヨロとしたコーナリングです。
奈良の生駒を6台で出発し、大阪の枚方で2台が合流、京都の亀岡で5台が合流し、全員集合です。


R9〜R27を北上し、道の駅・和で休憩です。
まだ8時頃だったので、駐車場も空いていて、バイクをテキトーに止められます。
また、気温が低めなのに加え、風もあったので、体が冷えるのが早く、亀岡の道の駅から30kmほどなのに、皆さんトイレに駆け込んでました。
京都のYさんは、「ここで道の駅に寄ってくれなかったら、路上で立ち○○○する所やったわ」と言ってました。


R27をさらに北上し、綾部から舞鶴市内に入り、五老ヶ岳公園に立ち寄りました。
舞鶴に来ると、いつも立ち寄ります。
ここは、舞鶴のほぼ中心に位置し標高301mの高さを誇る五老岳にあります。
五老岳に登る道路へは、中央分離帯のあるR27のトンネルを出てをすぐに右折するので、注意が必要です。
道中は、ちょっとキツめのコーナーが連続するワインディングで、SS系の人は楽しいんでしょうが、ハーレーのNさんは、コーナーでステップをガリガリ擦って走り難そうでした。
アメリカンの人をここにお連れする時は、いつも申し訳ない気持ちです。


五老ヶ岳公園の頂上から臨む舞鶴湾です。
展望デッキから写真を撮りました。
少し霞がかかってますが、絶景です。
頂上には、広い駐車場と高さ50mの展望タワーがあります。
海抜325mの展望室からは美しく広がるリアス式海岸の舞鶴湾と舞鶴市内が一望でき、360度パノラマビューが楽しめます。
ここからの眺めは「近畿百景第1位」に選ばれており見応え充分の景色です。
…が、しかし、このタワー、今まで2回ほど登った事がありますが、実はタワーの頂上から見える景色と、下の展望デッキから見える景色は、さほど変わりません。
タワーだとガラスがあるので、展望デッキの方がキレイに見えるかも。
私は、「このタワーから見える景色と、展望デッキから見える景色はほとんど変わりませんよ」などと声高に話してたら、Hさんに「そんな事言ったら、タワーの営業妨害ですよ」と言われてしまいました。


五老岳を後にし、海上自衛隊の舞鶴基地に立ち寄りました。
ここも舞鶴ツーリングでは必ず寄るスポットです。
桟橋には、迫力満点の護衛艦やイージス艦が停泊しており、土日祝日は、一般公開されています。
船の先端付近にいるのは、Yさんご夫婦です。
以前は、桟橋前の駐車場まで車やバイクを乗り入れられましたが、昨年から、少し離れた駐車場に案内されます。
駐車場から基地まで、結構遠いんですよね。
昨年来た時は暑くて、駐車場から基地まで汗だくになった記憶があります。
今日は、護衛艦「あたご」ともう1隻が停泊していました。
多い時は、もっとたくさん停泊してるんですけどね。
Hさんと、「この、あたごって、以前、漁船にぶつけてニュースになった船ですよね」と話してました。
その後、Hさんは自衛隊の人に「この船って漁船と衝突したヤツですか?」と聞いてました。
こういうのってタブーじゃないんですかね?
Hさん、勇気ありますね〜。


自衛隊基地を後にし、高浜まで走ってランチです。
昨年も来た店です。
ツーリングの際、食事の場所についてはいつも色々考えます。
食事を楽しみにしてる参加者もいるので、有名な店や、人気店、変わった店等、検討しますが、そういう店はだいたい混んでるので、ちょっと外すようにしています。
グルメツーリングのチームなどは、1〜2時間並んで食べる事もあるようですが、そこまで食べるのにはこだわってないですね。
待つ時間をどこかへ行く時間に使いたいです。
今日は、フグの味噌汁付きのフグの天丼「福な〜れ丼」です。
サクサクしたフグの天ぷらが絶品です。
主役はフグなのに、付け合せのシイタケの天ぷらが美味しくて印象に残りました。
私には変な所があり、メインの料理より、付け合せの料理が気に入ったります。
以前も松坂牛の牛丼を食べた時、付け合せのタマネギの方が美味しかった記憶が強いです。
本当は、この店のもう1つの名物である「やがら」のわたし丼が食べたかったんですが、「やがら」が入荷待ちになってて、食べられませんでした。
まるでハモみたいな「ヤガラ」は、めったに流通しない希少な魚で、関東では高級魚らしいです。


食後は、美山方面に向かいます。
東京近郊の桜はすで散り、葉桜になってしまってますが、関西の桜はまだまだ見頃です。
北部はちょうど満開のようで、亀岡以降、至る所の桜が咲き誇ってました。
満開の桜を横目に走るだけではもったいないので、道中の桜並木で記念撮影しました。


満開の桜を堪能し、周山街道を南下しました。
周山街道は、京都市と福井県の小浜市を結ぶR162で、関西では龍神スカイラインや鳥羽パールロードと並んで、バイクの快走路として有名です。
今日もたくさんのバイクが走ってました。
周山街道は、比較的緩やかなコーナーが連続する山間部の一本道で、信号もなく飛ばせる事で人気があります。
関東で言うと、道志みちといった所でしょうか。
しかし、天気のいい日曜日で、春の全国交通安全運動の期間中。
当然、ネズミ捕りがいました。
対向車がパッシングで知らせてくれたので、ゆっくり走りましたが、良いコースなのにちょっとストレスが溜まりました。
道中の道の駅・名田庄で休憩です。
バイクがたくさん来てました。


食後なので、皆さん眠気と戦ってたようで、口々に「眠かった〜」と行ってました。
ツーリングのおやつと言えば、ソフトクリームですね。
皆さん、好きなバージョンのソフトクリームを食べてました。
私は、小倉ソフトです。
あんこ好きの私には堪りません。
ただ、気温が高くて風があったので、すぐに溶けてしまって食べにくかったです。


道の駅・名田庄を後にし、美山かやぶきの里に立ち寄りました。
美山町内には数多くの茅葺き民家が現存しており、1年を通じて日本の原風景に出会える場所として、美山町を代表する観光スポットとして人気を博しています。
手前のレトロなポストがいい感じですね〜。
何度も来てますが、その度にのんびりした空気に癒されます。


かやぶき屋根に家屋には、実際に人が住んでおり、一部はカフェやお土産屋さんになってます。
地元の人は慣れてるんでしょうが、他人が庭先にズケズケと入ってくるのってどうなんでしょうね。
ちょっと気を遣います。
今日もたくさんの観光客が来てました。
バイクも多く、シボレーの5000ccのV8エンジンを積んだ、モンスターバイクも来ており、注目を集めてました。
この後、道の駅・スプリングひよしで休憩し、R9を南下し、道の駅・ガレリア亀岡で解散しましました。

今日は、雲が多めだったものの、おおむね薄晴れの1日で、朝の寒さに対し、昼間は22℃まで気温が上がりました。
しかし、日差しが少なく、風があったので、暑くならず、快適な気温でした。
距離は315kmと、当グループでは短い方ですが、明るいうちに帰宅でき、体の負担が少なかったのは良かったと思います。
昨年までは、やたらと遠くに行く事や距離にこだわってた部分がありましたが、誰もが気軽に参加できるのんびりした短距離もいいと思ってます。
ツーリングのスタイルを考えさせられる1日でした。
今年もシーズンインしましたし、またあちこち行きたいと思います。
参加者の皆さん、お疲れ様でした。


投稿日
2016/04/11
閲覧者数
1513
このツーレポは9人が「いいね!」と言っています
ツーレポが気に入った方は「いいね!」をクリック♪

このツーリングレポートに関連するツーリングスポット
コメント

前のツーリングレポート
2016/4/2 富士山周遊
次のツーリングレポート
2016/5/1 鳥取砂丘・余部鉄橋

[戻る]