2016/9/17〜18 琵琶湖南部・木津キャンプツーリング

日時
2016/9/17〜18
ライダー
ブロス

今回は、大阪から3台、京都から1台、奈良から6台の、合計10台参加でした。
昨年も開催したキャンプツーリングを今年も開催しました。
今年も奈良・下北山のキャンプ場を予約していましたが、台風と秋雨前線の影響で天気が不安定に…。
ギリギリまで様子を見ましたが、雨の可能性が高いのでキャンセルし、今年は中止の方向で考えてました。しかし、せっかく予定を空けている人やバーベキューを楽しみにしてる人が多いので、何とか開催できる方法を考えました。
で…、出した答えが「雨でもバーベキューができて泊まれる場所」を探しました。
キャンプ場のロッジ(バンガロー)がいいと思い、探したものの、この週末は3連休とあって、どこも予約が一杯。
何とか京都・木津近くのキャンプ場で、ロッジのキャンセルが出たので、速攻キープしました。
車での参加もOKとし、雨でもバーベキューができて、1泊できるプランに変更しました。
後は、当日の天気によって、バイクで参加するか、車で参加するかを各自で判断してもらう事にしました。
朝から雨なら、車でキャンプ場に直行か、天気が持てばバイクでショートツーリングの後、キャンプ場に行くかの選択制です。
天気予報はコロコロ変わり、予報サイトでもバラつきがあり、判断が難しかったですが、当日は朝から晴天でした。
こういう時の天気は、ホント難しいですね。


私は、翌日の雨天を想定し、嫁のディオ110での参戦です。
集合場所のコンビニに行くと、事前のエントリー通り、6人がバイクで集まりました。
皆さんメインのバイクです。
雨を心配して、原2スクーターで来た私は、ちょっと恥ずかしかったです。
雨がパラつく予報だったのに、全然良い天気。
スクーターで来た私としては、「ちょっとくらい雨が降らんと、格好がつかんな」などと、不届きな事を考えてました。
奈良のYさんは、ニューマシンのCB1000SF、奥さんもCB400SFでの参戦です。
仲良く、続き番号のナンバーです。
また、大阪のNさんは、いつの間にかゼファー750を入手しての参戦です。
集合場所にゼファーが止まってるのを見て、誰かな?と思いました。
聞くと、いつも乗ってるハーレーも所有したままで、何と大型2台持ちとの事。
うらやましいですね〜。
京都・城陽市のコンビニを出発し、大津南郷のコンビニで休憩です。


琵琶湖の西岸を北上し、雄琴温泉観光公園で休憩です。
琵琶湖周辺のツーリングでは、よく立ち寄る場所で、無料の大きな足湯があります。
トイレや売店もあって、休憩場所に最適です。
OPENして間もない時間なので、めっちゃ空いてます。


早速足湯に浸かって休憩です。
夏場だと暑いですが、もうだいぶ涼しくなってきたので、とても気持ちいいです。
冬場や春・秋の気温の低い日のツーリングでは、とても助かります。


雄琴温泉観光公園を後にし、ちょっとだけ走って、道の駅・琵琶湖大橋米プラザで休憩です。
今回は、キャンプ場のチェックイン時間までのショートコースなんで、やたらと休憩が多いです。
ここは、琵琶湖大橋が見渡せるいい場所です。
天気のいい日は、バイクもたくさん来てますが、今日は時間がちょっと早いのか我々だけでした。


琵琶湖大橋を渡り、琵琶湖の東岸を南下して、道の駅・草津で休憩です。
TZR250後方排気やZX-10など、マニアックなバイクも来てました。
奈良のYさんは、早速ソフトクリームを食べてました。
ちなみに、原付2種の琵琶湖大橋の料金は、10円でした。
めっちゃ安いです!


出発した城陽市のコンビニまで戻って来て、ここで大阪のNさん(車)と合流しました。
コンビニで買い物を済まし、キャンプ場に向かいました。
今回利用したのは、京都・井手町の大正池グリーンパークです。
R24から7〜8kmの場所にあり、幹線道路から近いのに、静かでいい所です。
ただ、1つだけ難点があり、ここはauの携帯だけ圏外なんです。
今回参加した人のうち、6人がauだったので、ちょっと不便でした。
私は、途中参加の人に色々連絡する度に、電波が通じる場所まで、わざわざバイクで10分ほど走って山を降りました。
また、大正池の周りに色んな施設があります。
広大なテントサイトもあり、このロッジスペースは、比較的コンパクトな敷地に5つほどのロッジと、大人数用の宿泊施設があります。
まずは、チェックインです。
チェックイン時間の12時過ぎに行ったらガラガラだったのに、後からどんどん利用者か来て、チェックイン渋滞になってました。


今回は、8人用ロッジを借りました。
内装は、ALL木製のログハウスで、1Fには2段ベッドが2つ、ロフト(2F)は4人が寝られます。
布団も付いてて、台所、洗面台、風呂、トイレ、エアコンもあります。
いい感じで、気分が盛り上がります。
最近のアウトドア施設は近代的で便利ですね。
奈良のTさんは、到着していきなり風呂に入ってました。


荷物を降ろしたら、早速食事の準備です。
ロッジの外には屋根付きのバーベキュースペースがあり、雨が降っても安心です。
ここからは大阪のOさんの出番です。
Oさんは、昨年のキャンプツーリングでも大活躍していただきました。
元調理師で、アウトドア料理は大得意との事。
ものスゴイ手際の良さと、料理の腕前で、我々はほとんど手を出す事がありません。
持って来た装備も本格的です。
昨年も絶賛されたバーベキューでランチです。
牛タンやリブロースなど、絶品料理が次々と出てきます。
我々はお皿とお箸を持って待ってるだけです。
手伝う事がなくて申し訳ない感じですが、Oさん的には全部任せてくれるのがいいとの事。
また、本業がシイタケ農家の奈良のTさんから、極上のシイタケの差し入れをいただきました。
塩を振って焼いたシイタケは、味も食感も絶品でした。


夕方になり、地元木津のMさんが顔を出してくれました。
Mさんの自宅からめっちゃ近くて15分くらいとの事。
Mさんが訪れた時、以前ご一緒した時と感じが変わってたので、一瞬誰か分かりませんでした。
料理は、焼きそば、焼きおにぎり、豚汁、ニンニクライスと、どんどん出てきます。
めっちゃ堪能して、お腹一杯です。


お昼から、皆さんすでに飲んでますが、日が暮れてくるとお酒が進みます。
皆さん、酔ってきて料理を取るのに立つのが面倒になってるのか、誰かが立ち上がると皆一斉に「◯◯取って」と命令してました。
この辺りで、ちょっと食材が余り気味になってきたので、どうしよう?という展開に。
誰かを呼んで食べてもらおうという事になり、私は、酔ったYさんに、嫁と子供を呼んでくるように命じられ、またまたバイクで山を降りました。
電波が通じる場所まで山を降り、嫁に電話をしましたが、都合がつきませんでした。
日もとっぷりと暮れて、皆さん宴会モードです。
ここで、奈良のKさんが参戦です。
Kさんは、仕事が終わってから駆けつけてくれ、シュークリームと飲み物の差し入れをいただきました。
Kさんは、自分でクッキーを焼いたりするスイーツ男子で、皆さんクッキーを焼いて持ってくるのでは?などと勝手な期待をしていました。
この時間になると、一人、また一人と、酔っ払ってダウンする人も出てきたので、バーベキュースペースを片付けて、室内で談笑の後、就寝しました。
翌朝、目が覚めると、皆さんもう起きてました。
旅先では、皆さん早起きですね。
夜中から雨が降り出したようで、小雨がパラついてました。
台風の影響でしょうね。
そのうち雨は止みました。
この朝もOさん調理の豪華な朝食をいただきました。
シャケのチャンチャン焼き、ベーコンエッグ、キノコと豚肉の入った味噌汁を堪能しました。
2日目も走りたいと思ってましたが、天気が不安定で雨の降る予報だったので、雨に降られる前にキャンプ場からそのまま帰宅する事にしました。
キャンプ場をチェックアウトし、R24に出た所で流れ解散しました。

今回は、天気に悩まされましたが、何とかキャンプツーリングを開催する事ができました。
また、昨年に続き、Oさんに大活躍していただきました。
皆さん、喜んでいただいたようで、できれば来年も開催したいと思います。
参加者の皆さん、お疲れ様でした。


投稿日
2016/09/20
閲覧者数
623
このツーレポは2人が「いいね!」と言っています
ツーレポが気に入った方は「いいね!」をクリック♪

このツーリングレポートに関連するツーリングスポット
コメント

前のツーリングレポート
2016/9/3 天橋立・丹後半島
次のツーリングレポート
2016/10/2 加太・白崎海岸・生石高原

[戻る]