2016/10/10 伊勢志摩スカイライン・鳥羽パールロード

日時
2016/10/10
ライダー
ブロス

今回は、大阪から4台、兵庫から2台、京都から1台、奈良から4台の、合計11台参加でした。
この週末は3連休だったので、ツーリングを開催するのに最適でした。
中でも一番都合の良い、真ん中の日(10/9)にロングツーリングを計画してたんですが、あいにくお昼頃まで雨だったので、翌日に延期しました。
これによって参加できない人も出て残念でしたが、この日になって参加できる人も出て、総勢11台となりました。
連休最終日で、皆さん明日から仕事なので、無難な距離のコースをチョイスしました。
この伊勢〜鳥羽コースは、5〜6年前からもう何度走ったか分からないくらいのお馴染みのコースです。
涼しくなってきて、さぞかし快適だろうと思いきや、昨日の雨で季節がグッと進んだようで、一気に気温が下がりました。
予報では、奈良の最低気温は12℃!
もう真冬並みです。
それでも昼間は暑いだろうとメッシュジャケットをチョイスし、インナーを着込んで出発しました。
が、しかし!想像以上に寒い!
これはヤバい。
このまま西名阪道に乗ったら相当寒いと思い、手前の道路脇で、ジャケットの上からカッパを着込みました。
これが正解で、高速走行での冷たい風を上手くブロックしてくれました。
でも…、それも天理市内辺りまでで、山間部に入ると、その寒さはハンパなく、カッパを着込んでてもかなり寒く、ガチガチ震えて、鼻水を垂らしながら集合場所の針テラスに辿り着きました。
道中、あまりの風の冷たさに路肩にバイクを止めようかと思うくらいでした。
午前中は寒くて曇り気味だったものの、お昼前からは快晴で、いいツーリング日和となりました。


早朝6時に針テラスに集合しましたが、日の出時刻が遅くなりましたね。
確実に冬が近づいてます。
そういや家を出る時、冬の星座であるオリオン座が見えました。
参加者は皆、凍えるように集まって来て、開口一番「寒い!」と言ってました。
皆さん考える事は同じのようで、カッパを着て来た人も何人かいました。
バイクを止めると、そそくさとトイレで用を足し、ホットの缶コーヒーを飲む所まで皆さん同じ行動でした。
針テラスを出発すると、道路脇の気温計は6℃!
完全に真冬。
なかなか厳しいスタートです。
でも冬場に修行のようなツーリングを経験してる我々は、「またこの時期が来たか〜」と感じる程度です。


針からR368を南下し、県道28でショートカットし、R165を東に走ります。
道中のコンビニで休憩です。
この頃になると、日が照ってきて、少しずつ暖かくなってきました。
しかし、この日は風が強く、皆さん体が冷え切ってたようで、トイレに駆け込んでました。
寒くなってくると、皆さんのトイレの近さを考慮した休憩の間隔にしています。


津からR23のバイパスを経て、伊勢に到着です。
ここまでの道中はやたらと空いてました。
ここから伊勢志摩スカイラインを走ります。
伊勢志摩スカイラインは、伊勢と鳥羽を結び、伊勢湾の景色を眺めながら走れる全長16.3kmのドライブウェイです。
大阪のHさんから、通行料が880円→700円になる割引券をスマホでゲットできるとの情報を得ており、皆さんスマホを用意して料金所に行きましたが、係の人がもう分かってるようで、何も出さなくても700円にしてくれました。


山頂のパーキングで休憩です。
3連休とあって、バイクも観光客も多かったです。
山頂は、平地より風が強く、余計寒く感じます。
展望台に上って、景色を見たり、写真を撮ったりしてたら、観光客にやたらとカメラマンを頼まれました。
私って、声をかけられやすいんでしょうか?
よく道も聞かれますし…。
その昔、キャッチセールスに引っかかった事もあります。(泣)
ここは料金所で福引券をもらえます。
皆さん福引にチャレンジしました。
以前、奈良のKさんは真珠のネックレス(バッタもん?)が当たった事があります。
他にもソフトクリームが当たったりしますが、さて今回は?
残念。
全員、ハズレの油取り紙でした。


展望台からの眺望です。
雲がありますが、絶景です。
晴れた日で、空気が澄んでると、富士山まで見えるそうですが、かなりレアなケースでしょうね。
展望台の先には、100円で入れる足湯があります。
めっちゃ小さな掘っ立て小屋ですが…。(失礼)
いつもはスルーしますが、今日はさすがに寒くて一瞬入ろうかな?と思いました。


伊勢志摩スカイラインを完走し、鳥羽方面に向かいます。
ここで早めのランチです。
伊勢方面に来るといつも寄る店です。
海鮮丼が人気の店で、お昼になると大混雑します。
今日はまだ10時前でしたが、それでもお客さんが結構来てました。
店の前は、パールロードに向かうバイクがひっきりなしに通過してました。
さすが人気のルートですね。


メニューには、たくさんの種類の海鮮丼があり、迷いましたが、サーモンほたて丼にしました。
新鮮なネタが絶品です。
一番人気は、「てんこもり海鮮丼」です。
色んな魚介類に加えて、活きたエビも乗ってます。
大阪のNさんは、エビが跳ね回って苦労しており、首を折ってトドメを刺してました。
大阪のHさんは、伊勢志摩サミットに乗っかった「サミット丼」を注文してました。
見た目はかなり豪勢でしたが、Hさん曰く、伊勢エビやサザエの殻が場所を取ってるだけで意外と食べる部分が少ないとの事。
また、大阪のFさんは、何と!3590円の究極の海鮮丼を食べたようです。
Fさんは2月の津方面のツーリングの時も3500円の2段うな重を食べた強者です。
さすがFさん、気合い入ってますね〜。


食後は、パールロードを走りました。
鳥羽と鵜方を結ぶパールロードは、日本を代表するリアス式海岸である志摩半島を突き抜けるように走る全長23.8kmのドライブウェイです。
伊勢志摩スカイラインが有料なのに対し、こちらは無料(一般道)です。
あちこちに展望駐車場があり、景色を楽しめ、ほどよいコーナーが連続する快走路です。
今日は天気も良く、観光客やバイクが多かったですね。
道中にある鳥羽展望台で休憩です。
こちらも絶景ですね。


ツーリングの定番、ソフトクリームです。
大内山牧場ソフトと、この伊勢えびソフトがありましたが、やはり変りダネのご当地ソフトをチョイスすべきでしょう!
という事で、伊勢エビソフトをチョイスしました。
エビの風味とクリームのちょっと妙な感じの味わいでしたが、なかなかイケました。


パールロードを走り切り、磯部経由で伊勢まで戻り、伊勢自動車道の伊勢西IC〜勢和多気ICまで高速を使いました。
ここで、兵庫のKさん&Nさんが離脱しました。
ここから9台で、R368〜R166と走りました。
道中の右折路で、奈良のSさんが一時迷子になりましたが、しばらくすると再合流できました。
後ろを見て、「何か1台足らんかな?」と思ってましたが…。(すいません)
途中の道の駅・飯高で休憩です。
バイクがめっちゃ多かったですね〜。
休憩してる間にもかなりの出入りがありました。
R166は、個人的には近畿でもかなりの快走路で、信号が無く、気持ちのいいコーナーが連続するオススメルートです。
道の駅・大宇陀で最後の休憩をしましたが、この時点で15時前。
は、早い!
毎年このコースを走りますが、早くて16時とか16時半でした。
今日は道がかなり空いてましたからね。
兵庫のKさんは帰宅が早かったので、家族サービスもできたそうです。
この後、針へ向かう道中で流れ解散しました。

今日は、若干風が強く、午前中は寒かったものの、午後は爽やかな秋晴れの中、快走できました。
今シーズンも残す所、あと3〜4回でしょうか。
寒くなる前にもう少し楽しみたいと思います。
参加者の皆さん、お疲れ様でした。


投稿日
2016/10/12
閲覧者数
529
このツーレポは4人が「いいね!」と言っています
ツーレポが気に入った方は「いいね!」をクリック♪

このツーリングレポートに関連するツーリングスポット
コメント

前のツーリングレポート
2016/10/2 加太・白崎海岸・生石高原
次のツーリングレポート
2016/10/15 富士山周遊

[戻る]