2017/4/9 伊勢志摩スカイライン・鳥羽パールロード

日時
2017/4/9
ライダー
ブロス

今回は、大阪から2台、奈良から2台の、合計4台参加でした。
この週末は、全体的に天気が悪かったので、今回は中止かな〜と思ってましたが、日曜日は、明け方には雨が止んで、晴れる予報だったので、決行しました。
が、しかし!
明け方で止むハズの雨が朝まで残ってしまった為、エントリーしていたうちの2人がキャンセル。
でも、雨でも走る気満々の4人が針テラスに集まりました。
元々予定していた行き先は日本海側でしたが、少しでも天気の良さそうな伊勢方面に変更しました。
天候が思わしくなく、行き先に困った時は伊勢方面によく行きます。
伊勢方面は好天率が高く、よく助けられます。
当グループでは、困った時の伊勢頼みと言ってます。(私だけ?)
4月に入り、気温は急上昇。
この日も、最低気温が15℃で、最高が21℃の予報。
こりゃもうオーバーパンツとか、冬の装備はいらんなぁ、と思い、若干軽装にしたものの、雨の為か気温はあまり上がらず、帰りの峠では9℃の場所も。
雨用のカッパが防寒着代わりになる1日でした。


明け方には止まなくても、朝早くには止むだろうと予想してた雨ですが、なかなか止みません。
もう完全な雨天走行です。
皆さん走りながら風でカッパを乾かして、1回目の休憩でカッパを脱ぐつもりだったらしいのですが、見事に裏切られました。
奈良のKさんは、以前に百均のカッパを着てバイクに乗ったら走行中に風でカッパが裂けて、後ろから剥ぎ取られる感じで飛んで行ったそうです。
やはり安物はダメですね〜。
雨の中を走ってると、手袋や靴の中が濡れてきて、たまらずコンビニに避難し、雨宿りしました。
ここで大阪のOさんは、「強盗に間違われんかな」と言いながら、メットを被ったまま店に入って行きました。
休憩中は、プロレスのザ・ファンクスの話題で盛り上がりました。(古い!)
走行を再開すると、8時過ぎには雨が止んできて、路面も乾いてきました。
雲の間から日も差してきて、天気は回復傾向です。
もう大丈夫だろうとカッパを脱ぎましたが、津〜松阪にかけて、時折小雨に降られました。
伊勢の手前で休憩中に、携帯で雨雲レーダーを確認すると、当初予定していた日本海側は雨雲1つ無く、皮肉にも雨を避けたつもりの伊勢付近に雨雲がかかってました。(泣)
スタートから不安定な天気に振り回されたものの、伊勢に着く頃には晴れ間が広がってきました。


定番の伊勢志摩スカイラインを走りました。
おかげ横丁から料金所にかけての五十鈴川沿いは、桜が満開で見事でした。
空いてたのもあって、皆さん料金ゲート脇で記念撮影に精を出してました。
おかげ横丁には、観光客が多かったです。
朝のうちは雨だったので、皆、昼前から出てきた感じです。


朝熊山の展望台で休憩です。
ここには観光バスも来ており、賑わってましたが、バイクはほとんどいませんでした。
料金所でもらった券で、福引きに挑戦しましたが、景品は、私が油取り紙で、他の皆さんはマスクでした。
まぁ、ハズレですね。
奈良のKさんは、以前パールのネックレスが当たった事があります。


展望台から見える伊勢湾の眺望です。
いつもながら絶景ですね〜。
少し霞がかかってますが、いい眺めです。
今日は、めっちゃ風か強かったですね。
地面に置いたメットが転がって行きそうな強風で、景色の写真を撮るにも、画像がブレるほどの強風でした。


伊勢志摩スカイラインを完走し、いつも立ち寄る鳥羽の店でランチです。
大阪のOさんがカメラ目線でポーズを決めてくれてます。
ここまでの道中は雨で休憩を多めに取った事もあり、時間が押してしまい、ちょうどお昼に着きました。
混んでるだろうと思ったものの、意外と空いてました。
これも雨の効果でしょうか?
大阪のFさんはスズキ党で、バイクを止めながら「スズキのバイクである事が最大のセキュリティや」と言ってました。
いやいや〜、スズキは熱烈な信者が多いんで、危ないですよ。


この店の名物は、「てんこ盛り海鮮丼」なんですが、私はもう何度も食べてるので、最近は色々なメニューに手を出してます。
ここはメニューの種類がめっちゃ多くて、いつも迷います。
今日は、ウニとイクラとホタテの「北海丼」にしました。
ネタが新鮮で美味しかったです。
ネタがネタだけに地元伊勢の近海モノで無いのは確かですが…。
奈良のKさんは、炙りサーモン丼に、マンボウのホルモン焼きをトッピングしてました。
大阪のOさんとFさんがオーダーした「てんこ盛り海鮮丼」は、生きたエビが乗っており、食べた後でも触角が動いてました。
この店ではてんこ盛り海鮮丼のエビが、丼から飛び出して跳ね回ってるのをよく見かけます。
それより付け合わせの青のりが美味しくて、お土産に1瓶買って帰りました。


食後は、鳥羽パールロードを走りました。
ここもいつもより閑散としてました。
雨のおかげか、どこも空いてます。
もうちょっと賑わってもらわないと、何か寂しいですね。
山頂の展望台で休憩です。
ここからの眺めも素晴らしいです。
ここには鳥羽一郎の歌碑があり、歌碑ネタで盛り上がりました。
淡路島の鳴門大橋脇には伍代夏子の歌碑がありますが、やはりインパクト的には三方五湖の五木ひろしの歌碑でしょう。
歌が頭に完全にインプットされてます。
奈良のKさんはアカペラで歌ってました。


ツーリングの定番、ソフトクリームです。
ご当地ものの「伊勢えびソフト」を注文しました。
ほんのりエビの風味が意外とクリームに合います。
昨年も食べましたが、これはイケますね。
エビの塩気が甘さを引き立てる感じです。
大阪のOさんは、お土産に赤福を買おうとしたものの、先ほどの食事場所の売店や、この展望台の売店にも売ってなかったようです。
赤福なんて、三重県ならどこでも売ってるイメージなんですけどね。


鳥羽パールロードを走り切り、伊勢市内まで北上しました。
桜が満開で見事です。
他のライダーもバイクを停めて写真を撮ってました。
ただ、道路脇なんで、気を付けないと車に跳ねられそうです。
今日は、この後の帰りの道中のR166でも、あちこちで満開になっており、走りながら目を楽しませてくれました。
今週末がピークで、来週末はもう散ってるでしょうね。


伊勢市内から2区間だけ高速を使い、伊勢西IC〜勢和多気ICまで走り、そこからはまた下道です。
R166は、緩やかな高速コーナーが連続する快走路で気に入ってます。
道の駅・飯高で休憩後、大阪のFさんに、珍布峠の「掘り割り」に連れて行ってもらいました。
大きな岩を砕いて道を作った珍スポットです。
写真を撮ってると、軽4が通って行きましたが、軽自動車1台がギリギリ通れる幅です。
ハイキングコースにもなってるようで案内看板もありました。
しかし、ここは夜中に来たら怖いでしょうね。
Fさんは、こういうマニアックでディープなB級スポットがお好きなようで、あちこち行ってるようです。
我々のツーリングに参加する時も、帰りにフラっと離脱して行きます。
今日も東吉野村辺りで、山道に消えて行きました。
あれからどこに向かったんでしょう?
この後、R166を大宇陀まで走りましたが、道中の高見峠付近の気温は9℃。
雨も止んで、皆さんカッパを脱いでいたので寒かったようです。
私はオーバーパンツを着て来なかったんですが、カッパのズボンを履いたままだったので、いい防寒着代わりになりました。
道の駅大宇陀に到着したのが17時頃。
いつもながら早く回れるコースです。

今日は、朝の雨には困りましたが、その後は、さわやかな春の陽気で楽しめました。
いい気候になり、ベストシーズン到来です。
参加者の皆さん、お疲れ様でした。


投稿日
2017/04/13
閲覧者数
159
このツーレポは5人が「いいね!」と言っています
ツーレポが気に入った方は「いいね!」をクリック♪

コメント

前のツーリングレポート
2017/4/2 三方五湖・奥琵琶湖
次のツーリングレポート
2017/4/15 富士山周遊

[戻る]