2017/9/30 志摩・大王崎

日時
2017/9/30
ライダー
ブロス

今回は、大阪から3台、京都から1台、奈良から3台の、合計7台参加でした。
元々予定してなかったんですが、先々週から週末は好天が続いてたので、ちょっとムズムズしてきて、嫁に稟議申請した所、可決承認されました。
今シーズンも終盤にかかってきており、すでにあちこちに行ってしまっており、できるだけまだ行ってない方面を探した結果、志摩・大王崎方面行きが決定しました。
9月下旬からグッと気温が下がってきて、この日も朝はかなり冷え込みました。
昼間は気温も上がり、爽やかな陽気でした。


針テラスに6時に集合です。
ここに向かう道中は真っ暗で、だいぶ日が短くなりました。
集まってきた参加者は皆、口を揃えて「寒い」を連発してました。
お盆の能登半島ツーリング以来の参加となる、奈良のSさんですが、どうやらバイクを買い換えたようです。
前はカワサキのW650でしたが「WからVになる」とか「100km毎に給油が必要」とかの事前情報から推測すると…SV650か?ハーレーか?と、皆さんからいろんな意見が出ましたが、初期型のV-MAXでした。
80年代、最強馬力を誇った名車ですね。
迫力があってカッコいいです。
後ろには付かれたくないバイクでしょう。
VはVでもV2じゃなく、V4でしたね。
針テラスを出発しましたが、朝はかなり寒いです。
道路脇の気温計針12℃。
真冬並みです。
中途半端な着込み方では効果無しでしたね。
名張に向かう道中、車に跳ねられたらしき子鹿が道路脇に転がってました。
見るとまだ小さい…。
可哀そうと思いつつ、夜間の運転には気を付けたいものです。


R165で津まで行き、R23(バイパス)からR42を走って二見浦に到着です。
夫婦岩を見物しました。
観光客が…少ないですね。
そりゃそうか、まだ9時ですから。
ちょっと早く出発し過ぎてしまいましたね。
この日は晴れの予報ながら、薄雲がかかっており、なかなか日が照ってきません。
少し肌寒かったですね。


夫婦岩を見物した後、寒いくせにソフトクリームを食べました。
ご当地の岩戸の塩ソフトクリームです。
塩の効果で、とても甘く感じました。
大阪のHさんをジェスチャーで誘いましたが、寒いのでソフトクリームはパスされました。


二見浦を後にし、引き続きR42を鳥羽まで走って早めのランチです。
いつも行く海鮮丼の店はパスして、初めて訪れる店です。
いつも横目で見ながら通過していて、ちょっと気になってました。
敷地に入ると、ド演歌が大音量で流れてます。
コテコテ感満載で、大漁旗も飾っていて、漁師の店って感じです。
店のおばちゃんが早くも手招きしてました。
入り口脇にあるので水槽には、魚や伊勢エビがおり、新鮮な地元の魚介類が期待できます。


今日のメニューは、サザエ丼定食です。
玉子とじのサザエの丼に、小鉢が2つ。
アサリの味噌汁に、つけ合わせの刺身付きです。
つけ合わせにしては量があってビックリしました。(3切れずつ4種)
結構なボリュームで満腹になりました。
つけ合わせは、刺身の他、煮魚や焼き貝も選べます。
大阪のHさん、京都のUさん、奈良のYさんは煮魚をチョイスし、結構大きなガシラやカワハギが付いてました。
他にも、カキ鍋など、カキ料理もたくさんラインナップしています。
奈良のSさんは、お腹の調子が悪いらしく、ここでのランチをパスしてました。(残念)


食後は、パールロードを走りました。
いつもながら景色も良く、快走できます。
鳥羽展望台で休憩です。
この辺りから日が照りつけてきて、気温もグッと上がってきました。
ここで、またまたソフトクリームです。
ご当地の伊勢エビソフトです。
ほんのりエビの風味があり、ちょっと不思議な感じですが、イケました。


パールロードを完走し、R260を南下し、大王崎に向かいました。
道中、京都のUさんが携帯の調子が悪くなったとの事で、携帯ショップに行く為、急遽離脱しました。
大王崎は、絵かきの町として知られ、多くの方がキャンパスに風景画を描く人気のスポットです。
岸壁の先端白亜の灯台が立ってます。です。絶景ですね〜。
灯台好きの私には最適なツーリングスポットですね。
灯台に向かう遊歩道の両脇には、お土産屋さんが並んでます。
歩いてるとお店の人が呼び込んできます。
ここで、私はご飯に乗せるのりを2瓶買いました。
2瓶で500円は安い!
鳥羽周辺や道の駅より200円ほど安いです。
最近は、ご当地カレーが家族に不評なので、こういう実用的なお土産にしています。
大王崎は、ちょっと閑散としてますが、こういうローカルな観光地は好きですねー。


大王崎を出発し、R260からR167を北上します。
道中にある横山展望台に立ち寄りましたが、展望台への登山道が工事の為、車両通行止めになってました。
徒歩なら登れるんですが、そんな体力も根性もないので、諦めてパスしました。
この後、大阪のHさんが伊勢道・玉城ICから高速で離脱しました。
残り6台で、コケコッコー共和国に立ち寄りました。
コケコッコー共和国は、伊勢自動車道の勢和多気JCの近くにあり、自慢の平飼いの鶏の有精卵や鶏肉を購入したり、食べたりできる養鶏場直営店です。
中でも、卵食べ放題の「たまごかけごはん」は店の名物です。
名物の「たまごかけごはん」の他、平飼い有精卵を使用した手作りシュークリームやプリンも販売しています。
以前も来た事がありますが、場所的に中途半端な為、ランチには近過ぎるんですよね。
今日は、3時のおやつを求めてきました。


コケコッコー共和国と言えば、玉子かけご飯でしょう!
という事で、奈良のSさん、Yさんと一緒に食べました。
ここの玉子は、黄身が大きくハリがあり、濃厚な味わいです。
ランチで結構満腹になってたハズですが、食べれるもんですね。
しかし、お腹の調子が悪く、ご飯ものが食べれないSさんは、その後大丈夫だったでしょうか?


コケコッコー共和国を出発し、後は帰るだけです。
R368〜R166を走り、道の駅・飯高で休憩です。
今日はバイクがちょっと少なめでした。
休憩中、奈良のSさんが中部地方のライダーはバイクのカスタムやドレスアップにめっちゃお金をかける人が多いと知らされました。
でも、カスタムした割にはあまり乗らないとか…。
バイクの楽しみ方も様々ですね。
R166は、角度が緩めな高速コーナーが連続するルートで、信号もなく、とても快走できます。
個人的には、3本の指に入るお気に入りコースです。
道中の高見峠では、気温が14℃でした。
奈良のYさんによると、高見山は「関西のマッターホルン」と呼ばれてるらしいんですが、本当でしょうか?
この後、道の駅・大宇陀まで走り、針へ向かう道中で流れ解散しました。

今日は、朝は寒かったものの、昼間はとても過ごしやすい気候でした。
まさにベストシーズンでしょう。
いい時期は短いので、積極的に走りたいです。
参加者の皆さん、お疲れ様でした。


投稿日
2017/10/04
閲覧者数
172
このツーレポは3人が「いいね!」と言っています
ツーレポが気に入った方は「いいね!」をクリック♪

コメント

前のツーリングレポート
2017/9/9〜10 下北山・鳥羽キャンプツーリング
次のツーリングレポート
2017/10/9 天橋立・丹後半島

[戻る]