2018/1/20 宇治・琵琶湖南部

日時
2018/1/20
ライダー
ブロス

今回は、大阪から1台、奈良から5台の、合計6台参加でした。
例年、冬場(12月〜2月)は月に1回の開催なんですが、土曜日専門の人とは、まだ走り初めができてないと思い、臨時開催しました。
冬場は路面の凍結があるので、走れる場所が限られます。
今回も行き先には、かなり悩みました。
週の前半は気温が高く、「これなら山越えして遠方も可能かな?」と思いましたが、週の半ば頃からまた寒くなってきたので、安全策を取って平地と市街地中心のコースにしました。
琵琶湖周辺は平地なので、北部まで行かなければ冬場に最適な行き先ですね。
土曜日専門の人向けに開催したものの、奈良のYさんは家族サービスとなり、エントリーしてたTさんは前日に奥さんが熱を出して寝込んでしまった為、急遽キャンセルとなってしまいました。
また、奈良のTさんは、約9ヵ月ぶりの参戦です。
久しぶりの再会が極寒の時期となりましたが、愛車Dトラッカーでキビキビ走ってました。
当日は、当然ながら朝の冷え込みが厳しかったですが、快晴に恵まれました。


京都・城陽のコンビニに集合です。
朝の寒さを避けるのと、距離も短いので、遅めの集合にした為か、道が混んでます。
いつもより時間がかかりました。
ここから出発してR24を北上しましたが、交通量が多い…。
この辺は、奈良のYさんの仕事の配達ルートらしく、聞くと、この道は特に混むとの事でした。
我々はシーズン中にあまり市街地を走りませんし、走っても早朝ですから、渋滞に慣れてないんですよね。
宇治川を渡り、京都市内に入り、伏見桃山城に立ち寄りました。
集合場所から一番近い大阪のKさんは、自宅を出ようとしたら、愛車CB1300SFがエンジントラブルの為、伏見桃山城での合流となりました。
危うく通勤用のセカンドバイク、エイプ100で出動するところでしたが、CBのトラブルは大した事なかったようです。


伏見桃山城は、伏見桃山城運動公園にあるお城ですが、本物のお城とは違い、 開園した遊園地「伏見桃山城キャッスルランド」の目玉施設として建築された模造天守です。
遊園地が閉園となった後も残されています。
トイレに行きがてら、模造大天守&小天守を見物しました。
模造天守ながら、なかなか堂々とした造りです。
ここのトイレは、お城の向こう側にあるので、駐車場からは結構遠いです。
周りは運動公園になっており、野球場やグラウンドがあります。
一昨年に来た時は、大勢で雄琴のソープの話をしながら園内をウロウロしてました。


伏見桃山城を後にし、宇治から大津方面に向かいます。
しかし、道中でアクシデント発生!
R1に出た所で、最後尾の2台が来ないので、待っていると、奈良のSさんのV-MAXがバッテリーあがりで止まってしまったとの事。
R1の反対方面が軽い下り坂だったので、押しがけしてるらしく、見に行くと、道路脇の吉野家の駐車場でヘトヘトになってるSさんを発見。
聞くと、何度か押しがけして、やっとエンジンがかかったとの事。
一休みして出発しようとしたら、またもやエンジンが停止。
さらに2回押しがけして、ようやくエンジンが始動しました。
Sさん曰く、市街地の低速走行の為、充電が追いついてないらしい…。
でも、走行中やアイドリング中にエンジンが止まるって…?
エンジンがかかっても、吹かすと黒煙や白煙が出たりして、どうやらおかしい…。
バッテリーではないかも。
どちらにしても、このままツーリングを継続するのは難しいので、この場で離脱する事に。
吉野家のすぐ隣にバイク屋があったので見てもらったら、と勧めましたが、何とかして自力で自宅まで帰るとの事。
Sさん、無念のリタイアです。
本人曰く「よく遅刻するけど、今日はちゃんと時間通り来たらこんな事に…」。
残り5台でR1を東に走り、草津から湖岸道路を走ります。
道の駅・草津で休憩です。


道の駅・草津は、琵琶湖博物館の目の前にあり、博物館の隣にある水生植物公園の巨大な風車が見えます。
今日は寒いながらも天気が良いので、バイクも多かったです。
懐かしのGSX-R1100もいて、注目を集めてました。
この寒いのに、バイクに乗るなんて、皆さん好きですね〜。
冬場は走れる場所が限られるので、必然的に同じ所に集まって来るんでしょうね。
さっきまで晴れてたのに、琵琶湖岸は曇っており、寒くて雪がチラつきそうでした。


道の駅・草津を出発し、湖岸道路をさらに北上します。
道中の能登川水車で休憩です。
ここは、一昨年の新春ツーリングで、滋賀のIさんに連れて行ってもらった場所で、総勢19台のバイクを並べて記念撮影した場所です。
能登川水車は、直径13mの大水車です。
能登川では、かつて水車が精米や製粉に活躍していたようですが、今は無くなっています。
この大水車は、能登川水車とカヌーランドのシンボルとして復活したとの事。
かなりデカい水車ですが、役に立ってるんでしょうか?
最初は観光用かと思いましたが、結構古くからあるようで、昔使われてた軸のパーツが展示されてました。


野洲川水車を後にし、県道2〜県道326〜R8を南下し、道の駅・竜王かがみの里で遅めのランチです。
滋賀まで来たので、近江牛が食べたいと思ったけど、専門の店だと高いので、道の駅のレストランにしました。
ここでは手頃な値段で近江牛が食べられます。
私は近江牛ハンバーグランチにしました。
さすがにオススメだけあって美味しかったです。
他にも近江牛ステーキや近江牛すき焼き、近江牛うどんなどもありました。
奈良のTさんはカツカレーをオーダーしましたが、ご飯が大盛りで喜んでました。
Tさん、72歳にして食欲旺盛でお元気ですね。
当グループの最年長ライダーです。


食後は、それぞれお土産を買ったり、飲み物を飲んだりして休憩しました。
奈良のYさんは、売店で今夜のアテを物色してました。
私は、恒例のご当地ソフトを探しましたが、売っていませんでした。(残念)
ご当地プリンやゼリーはあったので、次回は食べてみたいです。


道の駅・竜王かがみの里を出発し、信楽経由で帰ります。
途中で、いつもの茶屋に立ち寄りました。
朝宮茶とおはぎやぜんざいが美味しい店です。
私は栗ぜんざいをチョイスしました。
この店に寄るかどうか皆さんに聞いたら、奈良のTさん以外は皆さん行くとの事。
大阪のKさんは、いつもパスするのに、最近は甘い物にハマってるようで、今日は行くとの事。
そういや、道の駅で自分用のお土産にイチゴのスイーツを買ってました。
大津の大石の周辺で、Tさんと別れる際、帰り道を教えると伝えてましたが、私は誤って違う道を伝えてしまいました。
大丈夫かな?と心配しましたが、後で聞くとちゃんと帰れたそうです。
奈良のYさん、大阪のKさんは、それぞれ奥さんへのお土産にわらび餅や佃煮を買ってました。
そういう私も家族におはぎを買いました。
この後、朝に集合した城陽のコンビニまで走り、解散しました。
バイクのトラブルで離脱した奈良のSさんは、あれから何とか帰ったようですが、メールでは、夕方4時頃に「京都の精華町まで帰ってきた」との事で、かなりの時間がかかったようです。
結局、トラブルの原因は、バッテリーのマイナス端子取り付け部の緩みだったそうです。
今日は寒かったですが、それなりに冬場のツーリングを楽しめました。
色々アクシデントもありましたが、皆さん無事で何よりです。
まだまだ寒いので、ロングツーリングはもうしばらく辛抱ですが、また機会を作って走りたいと思います。
参加者の皆さん、お疲れ様でした。


投稿日
2018/01/27
閲覧者数
231
このツーレポは1人が「いいね!」と言っています
ツーレポが気に入った方は「いいね!」をクリック♪

コメント

前のツーリングレポート
2018/1/7 和歌山城・雑賀崎
次のツーリングレポート
2018/2/11 淡路島

[戻る]