2018/4/8 二見浦・鳥羽パールロード

日時
2018/4/8
ライダー
ブロス

今回は、大阪から3台、京都から1台、兵庫から2台、奈良から2台の、合計8台参加でした。
当初は、日本海方面を予定してましたが、この週末は、真冬に逆戻り。
天気予報を見てると、近畿北部は午前中まで雨が残り、しかもかなり寒い予報。
雪の可能性もあるようなので、比較的天気の良い三重方面に変更しました。
週の半ばまでは、かなり気温が高く、暑いと感じる日もあったのに…。
毎年この時期になると、近畿北部へのツーリングも解禁といった感じだったんですが。
そろそろ仕舞いかけてた真冬用の防寒着を引っ張り出して、着ダルマで出撃です。
当日は激寒で、集合場所の針テラスでは、皆さん小刻みに体を揺すってました。
今回は、昨年秋以来の参加となる、大阪のSさんが、お友達を連れて参戦です。
Sさんは、昨年秋の紅葉ツーリングの際、寝坊してしまいましたが、今回は大丈夫でしょうか。
最初にSさんを連れてきた、大阪のMさんが見送りに来てくれました。
Mさん、遠方及び早朝からありがとうございました。


集合は、針テラスに6時です。
兵庫のKさんは、早朝4時に家を出発したそうです。
今回は久しぶりに奈良のNさんが参戦です。
Nさんは、元々はどデカいアメリカン乗りでしたが、2年前ほど前からオフロードに目覚め、一気にオフロード路線を突き進んでます。
現在の愛車は、ヤマハWR250Rですが、山の中を走る用に、コンペティションバイクも所有してるとの事。
そのバイク、何と!15時間でオイル交換が必要とか、山中では90度の坂?を登るとか、仰天エピソードが盛り沢山でした。
しかし、Nさんは短い期間にスタイルが急変し過ぎですね。


針テラスを出発し、R369を南下します。
道路脇の気温計は-2℃!
もう4月も半ばになろうとしてるのに。
まぁ、針は奈良でもかなり寒い場所ですから。
この日は全国的に寒かったようです。
これだけ寒いと、ちょっと濡れた路面も凍結してるのでは?と怪しく思えます。
R369〜県道28を経由し、R165を東進します。
震えながら走り、名張のコンビニに駆け込みました。
寒さでトイレが近いです。
出発の時、行ったのに…。
コンビニのトイレに列ができました。


引き続き、R165を津方面に走り、久居からR23(中勢バイパス)を南下します。
いつもなら伊勢志摩スカイラインを走る所ですが、通行料が高いので、下道で二見浦に向かう事にしました。
夫婦岩を見物です。
日が照ってるのに、なかなか暖かくなりません。
風があるからでしょうか。
この寒さで日本海側に行ってたらどうなってたでしょう?
日本海側では一時雪が降る予報も出てました。
夫婦岩を見物後、二見興玉神社に参拝しました。
ツーリングで神社に寄る事がありますが、最近は必ず参拝してしまいます。
仕事で災難に遭わないよう、神にもすがる気持ちでしょうか。
そういや、郷里の叔母に「信心深くなったら歳取った証拠」と言われた事があります。


寒い寒いと文句を言いながらも、ツーリングの定番、ソフトクリームを食べました。
私がお土産屋さんに向かうのを見て、皆さん何か暖かい物でも買うのかと思いきや、この寒さなのにソフトクリームだったので、若干呆れられました。
でも、冬場でもアイスクリーム食べますしね。
ちょっとだけ塩が入ってて甘さが引き立ちます。
ここで、何と!大阪のSさんとお友達か離脱です。
この次はランチで、距離的にも折り返しが近いのに…。
後で聞くと、お友達はまだツーリングに慣れてないらしく、距離がキツかったようです。
今日のコースは結構短かめなんですけどね。
う〜ん、我々もだいぶ感覚がマヒしてますね。


二見浦を後にし、R42からパールロードに入ります。
まずはランチです。
以前はよく行ってた海鮮丼の店をスルーして別の店に行きます。
前回の伊勢ツーリングの時も行った、漁師の店って感じの食堂です。
敷地内は、コテコテのド演歌が大音量で流れてます。
入口には生け簀があって、伊勢エビや地元の魚が泳いでます。
風になびく大漁旗がいい感じです。
道路向かいにオシャレな感じのライダーズカフェがあるのに、敢えてこの店に入るのがまたいいですね。
バイクを止めると、お店のおばちゃんが出てきて手招きしてくれます。


今日のメニューは、サザエ丼定食。
前回も食べて、お気に入りになりました。
玉子とじのサザエの丼に、小鉢が2つとアサリの味噌汁。
これに+付け合わせで、?刺身か?焼き貝か?煮魚が選べます。
前回は刺身をチョイスしましたが、他の参加者さんが食べてた煮魚が美味しそうだったので、煮魚にしました。
その日に獲れた魚を提供してるらしく、今日はグレでした。
煮汁の味が染みてて美味しかったですね。
このメニューはボリュームもあるので、満腹になります。
我々も歳を取ってきてるので、量が食べられなくなってきてます。
奈良のNさんは若い頃、回転寿司を50皿も食べてたとの事ですが、それはちょっと食べ過ぎでしょう。


食後は、パールロードを走ります。
熊野灘を眺めながら快走できるいいルートです。
伊勢志摩スカイラインに対し無料(一般道)なのも魅力です。
緩めの高速コーナーが連続し、走っててとても爽快です。
道路脇の所々にパーキングスペースがあり、休憩したり景色を見るのに最適です。
鳥羽展望台で休憩です。
駐車場では、クラシックなトヨタ・レビン(TE27?)のミーティングもやってました。


展望台からの眺望です。
今日は天気がいいので絶景です。
バイクは少なめでしたが、観光客は多かったですね。
パールロードに入る手前の道路脇に、パールロードが道路崩落の為、途中から通行止めとの表示がありました。
展望台から引き返すしかないかな〜と思いつつ、売店の人に聞いたら迂回路があるとの事。
通行止め場所手前のガードマンのオッチャンに道を聞いて、相差から磯部方面に抜けました。
食後とあって、道中は最高に眠く、意識が飛びそうでした。
ただ、交通安全週間とあって、あまりハイペースで走って検挙されてもいけません。
なかなか我慢の時間でした。


南伊勢町から県道169〜県道719〜県道65〜県道13を経由し、R42からR368を西に走ります。
ここからR166を走って大宇陀までのルートは私のお気に入りの1つです。
信号がほとんどない山間部で、適度なコーナーの快走ルートです。
道の駅・ 飯高で休憩です。
今日はバイクも多かったですね。
ここまで来ると、あと少しという所ですが、奈良のNさんはもう疲れてしまったとの事。
普段は、山の中を走っており、そんなに長距離を走らないので、この距離が堪えたようです。
今回のコースは結構短いんですけどね。
それにしても、「山中でバイクを担いで方向転換をし過ぎてテニス肘になった」とか、「リアのフェンダーが地面に着くほどのウィリーをした」とか、面白いエピソードをたくさん聞けて楽しかったです。


道の駅・ 飯高を出発し、R166を大宇陀まで抜けます。
山間部とあって、道中にはまだ桜が普通に咲いてました。
また、所々に咲いている、しだれ桜が見事だったので、思わずバイクを停めて写真を撮りました。
この先の高見峠では、「高見の郷1000本のしだれ桜」を見に観光客がたくさん来てました。
しかし今日はとにかく寒かったです。
昼間なのに高見峠の気温は3℃。
全行程を通じても最高で10℃くらいで、最初から最後まで寒い1日でした。
この後、道の駅・大宇陀で休憩後、流れ解散しました。

今日は、想定外の寒波に苦戦しましたが、快晴の中、のんびり&ワイワイ走れて楽しかったです。
もう寒波が来るのももう終わりでしょう。
今後は寒さを気にせず走れる事を期待します。
参加者の皆さん、お疲れ様でした。


投稿日
2018/04/15
閲覧者数
137
このツーレポは2人が「いいね!」と言っています
ツーレポが気に入った方は「いいね!」をクリック♪

コメント

前のツーリングレポート
2017/3/24 鳴門・坂出
次のツーリングレポート
2018/4/14 舞鶴・美山

[戻る]