2018/4/14 舞鶴・美山

日時
2018/4/14
ライダー
ブロス

今回は、大阪から1台、京都から2台、奈良から4台の、合計7台参加でした。
この週末は、天気が下り坂だったので、中止も考えましたが、雨は夜から降る予報。
夜から降る=夜までは降らない、と都合良く判断しました。
しかし、予報サイトによっては、夕方から降り出すとか、昼過ぎから降り出すとかの情報もあり、安全策を取って、短めのコースをチョイスしました。
舞鶴ツーリングは、毎年開催しており、もう6回以上は来ています。
海あり、山ありの凝縮したショートコースで、私のお気に入りの1つです。
京都のUさんは、木曜日にも舞鶴方面を走ったとの事で、行き先がカブってしまいました。
今回の開催は、前日の夕方まで悩んでおり、仕事そっちのけで天気予報サイトばかり見てました。
また、約8ヶ月ぶりに奈良(京都)のYさんとご一緒できました。
Yさんは、仕事で奈良と京都を行き来しており、その時によって、バイクがどちらにあるか、というスタイルだそうです。
今回は、ちょうど京都にバイクがあるとの事で、バッチリタイミングが良かったです。
もう1人の奈良のYさんは、朝出発しようとしたら、バッテリーが上がりかけてたらしく、危うく集合時間に遅れる所でした。
寒い時期にバイクに乗らないとバッテリーが心配ですね。
気を付けたいものです。
当日の朝は寒く、またまた冬の装いで出撃となりました。


奈良の生駒に4台が集合し、大阪の枚方で2台が合流し、高槻から京都の亀岡へ峠越えします。
山中の気温は6℃。
山間部は、まだまだ寒いですね。
我々は過酷な寒さのツーリングをこなしてるので、寒さには強いです。
この峠は、道幅が狭く所々のコーナーがタイトですが、快走できて好きなルートです。
夜間は街灯が無く、真っ暗で怖いですが。
道の駅・ガレリア亀岡で奈良(京都)のYさんと合流です。
Yさんは、花粉症がヒドいらしく、かなり辛そうで、薬もあまり効かないとの事。
黒いマスクを付けてるので、Z車の人みたいでした。
天気は下り坂の予報ながら、普通に晴れてました。


道の駅を出発し、R9〜R27を北上します。
交通安全週間とあって、あまり飛ばすと危険です。
ほどほどの速度で走る車の後ろを付いて行くのがベストでしょう。
R27に入ると、空いてて見晴らしのいい道路が伸びてますが、ここは我慢して無難な速度で走ります。
どこにネズミ捕りのポリスが隠れてるか分かりませんし。
道の駅・和で休憩です。
曇り→雨の予報ながら、青空が出て、日差しもあり、上々のツーリング日和です。


道の駅を後にし、引き続きR27を北上し、舞鶴に突入です。
舞鶴は、日本海側でも比較的近いので、手軽に日本海を見れるのがいいですね。
R27から山道を登り、五老ヶ岳公園に立ち寄りました。
舞鶴ツーリングの時はいつも寄ります。
舞鶴湾が一望できるいいロケーションです。
頂上には、地上約28m、海抜325mの展望タワー「五老スカイタワー」があります。
ここへ登ってくる道路もなかなかのワインディングで楽しいです。
ただ、アメリカンの人はステップを擦ってキツいかも。


展望広場から見た舞鶴湾の景色です。
雲が出てますが、なかなかの絶景です。
伊勢や三方五湖にも負けない眺望だと思います。
この景色は、「近畿百景」の第一位に選ばれてるとの事。
ここは意外とマイナーな場所なので、あまり観光客がいません。
私が5年ほど前からせっせと投稿してるので、ライダーの訪問は増えたかも。
せっかく展望タワーがありますが、眺めは下の展望広場と大差ないです。


五老ヶ岳公園を後にし、R27を西に走ります。
海上自衛隊の舞鶴基地に立ち寄りました。
ここも舞鶴ツーリングの際の定番スポットです。
ここに来るのも、かれこれ7〜8回目でしょうか。
自衛隊の艦船が間近に見れて、迫力満点です。
その時の情勢によって、停泊してる船の種類や数が違います。
周辺の事態が緊迫してる時は、イージス艦や空母っぽい船がたくさん停泊してる時もありました。
2年ほど前から、基地から離れた場所の駐車場にバイクを停めないといけないのが、ちょっと難点です。
※写真は護衛艦です。


今回は、ちょうど「補給艦おうみ」が艦内を公開してたので、見学しました。
舞鶴の自衛隊基地では、時折、見学として艦船の内部を公開してる日があります。
私は、2013年に見学した「護衛艦あさぎり」以来です。
補給艦おうみは、護衛艦と比べると、圧倒的にデカいです。
記念撮影スペースがあったので、我々にしては珍しく、集合写真を撮りました。
…かなり怪しい集団ですね。
撮影用に隊員用の帽子まで置いてます。
艦内は、通路や甲板が公開されてます。
補給艦とあって燃料を供給する太いホースも装備しており、迫力満点です。
操舵室とか見たかったですが、それはさすがにNGでしょう。


自衛隊基地を後にし、R27を高浜まで走ってランチです。
道中では、水兵の格好をした自衛隊の隊員さんをたくさん見かけました。
この店は、舞鶴ツーリングの時にいつも寄ります。
近くには、わらじカツ丼の店もありますが、人気の店は混むので、ツーリングの時は避けるようにしています。
この店は、鮮魚店が経営しており、魚介類のメニューが豊富です。
…が、しかし!
店員のお姉さんから「店長が出かけてるので、刺身系のメニューは30分以上待って欲しい」との事。
お昼の繁忙時なのに、出かけてるって…。
いつもなら待とうかな、と思うんですが、今日は夕方から雨の予報なので、あまりゆっくりもしてられません。
という事で、仕方なく生魚以外のメニューにしました。


オーダーしたのは、「福な〜れ丼」です。
フグの天丼+フグの味噌汁のセットです。
フグの身は、程よい歯応えがあり、衣はサクサクとして美味しかったですね。
この店には、地元でしか獲れないヤガラという魚を使ったヤガラのわたし丼があり、それを食べようと思ってましたが、ここ数年は、なかなか獲れないらしく、いつの間にかメニュー落ちしてました。(残念)
この店に初めて来た時は、まだメニューにあり、大阪のNさんが食べてるのを見て、「次は食べよう」と思いながら、結局一度も食べられませんでした。


食後は、高浜から県道16を経由し、R162(周山街道)を南下します。
周山街道は、ライダーに人気がある快走路です。
走り応えがあるルートなので、何度も往復して走るライダーもいるくらいです。
しかし!何度も言いますが、今は交通安全週間の真っ只中です。
どこかでネズミ捕りをやってると思われるので、速度を抑えて走ります。
警察の術中にハマってはいけません。
道の駅・名田庄で休憩です。
時刻は13時頃でしたが、午後になっても青空が出ており、日差しもあり、晴れてます。
あれ?ちょっと拍子抜けながら、ラッキーでした。


道の駅を出発し、引き続きR162を南下し、かやぶきの里に立ち寄りました。
かやぶきの里は、美山町にある山村集落で、今では珍しくなった茅葺き屋根の家屋が点在しており、日本の原風景に出会える場所として、美山町を代表する観光スポットです。
のんびりとした景観に癒されます。
しかし、実際に住んでる人は、家の周りを観光客にウロつかれたら、落ち着かないでしょうね。
大阪のYくんは、中型免許を取ってまだ1年も経っていませんが、先頃に大型免許も取り、次に欲しいバイクがCB1300SBだそうです。
ちょうど、奈良のYさんの知り合いがCB1300SBを手放したいらしく、いきなり本格的な商談が始まってました。
この辺りで、予報通りに空がやっと曇ってきました。
景色を見ながら談笑してると、雨がパラつきました。
えっ?まさかもう降り出した?と、皆どよめき始めました。
しかし、一瞬で止みましたが、徐々に雨雲が近づいてると判断し、帰途に就く事にしました。
この時点で14時頃。
今日は、夕方からの雨を見越して最初から決めてた通り、京都縦貫道に乗り、解散しました。
この後、京都縦貫道〜第二京阪道〜第二阪奈道で帰宅しました。
道中の第二京阪道で、またまた雨がパラつきましたが、何とか濡れずに帰宅できました。
バイクを止めて、家に入って着替えてたら、本降りになってきました。

今日は、限られた貴重な晴れ間を有効に楽しめて良かったです。
天気の読みも上手くハマり、短距離だったので、体も楽でした。
日が長くなってきてるので、これからどんどんロングツーリングを企画したいと思います。
参加者の皆さん、お疲れ様でした。


投稿日
2018/04/21
閲覧者数
255
このツーレポは2人が「いいね!」と言っています
ツーレポが気に入った方は「いいね!」をクリック♪

このツーリングレポートに関連するツーリングスポット
コメント

前のツーリングレポート
2018/4/8 二見浦・鳥羽パールロード
次のツーリングレポート
2018/4/30 高野山・龍神スカイライン・白浜・奇絶峡

[戻る]