2018/4/30 高野山・龍神スカイライン・白浜・奇絶峡

日時
2018/4/30
ライダー
ブロス

今回は、大阪から3台、京都から2台、兵庫から1台、奈良から6台の合計12台参加でした。
GW到来!
ありがたい事に私は9連休。
休み前からどこに行こうかと考えつつ、今年の連休は初日から好天の予報。
初日からスタートダッシュするか?
が、しかし!気持ちに体がついて行かない…。
日頃の仕事の疲れが溜まってて、連休初日は休養する事に。
寄る年波には勝てませんね。
この日は連休前半の最終日。
皆さん翌日は仕事とあって、ほどほどの距離のコースをチョイスをしました。
まぁ、私は明日も休みですが。
奈良・生駒に早朝5時に集合。
奈良のSさんは、5時集合と聞いて、本格シーズンの到来を感じたそうです。
当グループは5時集合が通常ですから。
今回、大阪のSさんが初参加です。
愛車は、BMWのF700 GSです。
アドベンチャースタイルながら、コンパクトで足付きもよく、車体も軽いようです。
当日も前日に引き続き晴天。
少し雲があったおかげで暑くならずに快適でした。


生駒を7台で出発し、斑鳩で1台合流し、R24から京奈和道に乗ります。
道路脇の気温計は6℃。
朝はまだまだ寒いですね。
昼間の気温が30℃近くなる日が多くなってきたので、さすがにもう防寒着はいらないだろうと薄着にしたら、結構寒かったです。
せめてパッチくらいは履いておけばよかったと後悔しました。
寒暖差のある日は服装のチョイスが難しいですね。
和歌山・かつらぎ町の道の駅で4台が合流し、全員集合です。


道の駅を出発し、高野山へ向かいます。
高野山は、平地の気温と比べて3〜5℃は低いと言われますが、あまり変わりませんでしたね。
金剛峯寺前の駐車場には、カッ飛び系のバイクが何台か来てました。
中には、今まで何度か見かけた事がある80年代のレーサーレプリカもいました。
どうらや龍神スカイラインをホームコースにしてるようです。
皆さん、あまり無茶な走りはして欲しくないですね、龍神スカイラインが2輪通行禁止になったら困るんで。
私は、先週フロントタイヤを替えたばかりで、皮むきが終わってないので、ここまでの峠を恐る恐る走って来ました。


高野山から龍神スカイラインを走りました。
白浜方面のツーリングの際は、いつも龍神スカイライン経由で山間部を南下します。
いつもながらタイト気味のコーナーが連続するエキサイティングなルートです。
所々に路面の悪い箇所があるのと、峠を攻めてる2輪&4輪が走ってるので、要注意です。
私は、峠を攻める気はないので、それらしきバイクor車が後ろに付いたら、即・道を譲ります。
私としてはツーリングの際、南北に移動する時に使ってるルートの1つという認識ですね。
ごまさんスカイタワーで休憩です。
今日もバイクがたくさん来てました。
ここで奈良のNさんは、休憩の時間を利用して駐車場の脇道から林道を走ってました。
龍神スカイラインの両脇に広がる未舗装路はオフローダーには有名らしいですね。


ごまさんスカイタワーを後にし、龍神スカイラインを走り切り、道の駅・龍神で休憩です。
ここもバイクが多かったですね。
特に関東ナンバーのバイク。
デカい荷物を満載してました。
GWなので遠出して来てるんでしょうね。
道中、お気を付けて。


R371からR425〜県道29〜県道198〜R311を経由し、白浜に向かいます。
まずは定番の三段壁に立寄りました。
ここ数年は観光客が激減してるようですが、連休とあって、今日は観光客が多かったですね。
しかし、よく見ると観光バスで乗り付けた外国人観光客が大半のようです。
駐車場から三段壁までのお土産屋さんの立ち並ぶ通路は中国語が飛び交っており、ここがどこの国か分らなくなりそうでした。
今日は少し雲が出てましたが、迫力ある景観です。


三段壁を出発し、ランチです。
最初は千畳敷にある店に向かいましたが、駐車場は車が一杯で入れません。
しかも観光バスまで駐車場待ちしており、仕方なくUターンしました。
代わりにフィッシャーマンズ・ワーフ白浜の中にある海鮮料理の店に行きました。
今日のメニューは「地魚御膳」。
地魚の刺身に天ぷらと盛り沢山の欲張りメニューです。
魚が新鮮で美味しかったです。
奈良のYさんは、最初に「満腹御膳」を注文しましたが、その中のミニまぐろ丼のまぐろが切れてしまったらしく、店員さんに「しらす丼に替えてもいいですか?」と聞かれてました。
おいおい、海鮮料理の店がこんな連休中のランチ時にまぐろを切らすって、大丈夫か?と思いました。
まぐろ丼としらす丼では全然違うし、値段もそのままとの事なので、Yさんも地魚御膳にチェンジしました。
この店があるフィッシャーマンズ・ワーフは、白浜の中心にあり、連休中なのにお客さんがガラガラです。
三段壁や千畳敷はそこそこ人出がありましたが、以前の白浜の賑わいを思うと、ちょっと寂しいですね。


食後は、白浜を代表する景勝地である「円月島」を見物しました。
ここはさすがに観光客が多かったですね。
バイクもたくさん走ってました。
こういった一目見ただけで場所が分るスポットっていいですね。
記念写真に残すのに最適です。
しかし、私は毎年来てるので、いつの写真か分らなくなる時があります。


白浜を後にし、帰途に就きます。
県道33〜R42に出た所で、京都のUさん、Fさん、兵庫のKさんが離脱しました。
残り9台で、県道29から山間部を北上します。
道中にある奇絶峡に立寄りました。
奇絶峡は、田辺市の会津川の上流にある渓谷で、滝があり、渓谷美が見事です。
ユニークな形をした大小無数の奇岩がいたるところに点在しており、川の対岸の遊歩道を上ると、一枚岩の巨石に彫られた石仏があります。
奈良のYさんと私は、数年前に来た時、その石仏を見ようと、その急な山道をヒーヒー言いながら登った事があります。
今回は、2人して奈良のTさんに「石仏はスゴいんでぜひ見てきて下さい」と焚き付けましたが、不発に終わりました。


奇絶峡を出発し、引き続き県道29を北上します。
道の駅・紀州備長炭記念公園で休憩です。
ここもバイクの出入りが活発でした。
この頃になると結構暑かったです。
毎年思いますが、いい季節はホントに短いですね。
私は、ツーリング定番のソフトクリームを食べました。
地元限定の備長炭入り黒飴ソフトをチョイスしました。
備長炭クッキー付きで美味しかったです。


道の駅を後にし、さらに県道29からR425〜R424を北上します。
この辺りの道路は空いてて景色も良く、適度なコーナーが連続してて、とても快走できます。
ついついスピードが出てしまいます。
道中にある椿山ダムの湖畔のヤッホーポイントで休憩です。
その名も「日本一のヤッホーポイント」。
「ヤッホー」っと叫ぶと大きくきれいな山彦が返ってくるネイチャースポットです。
吊り橋&湖畔の眺めも絶景です。
連休中とあって、駐車場はかなり混んでました。
後から来た車が駐車場に入る際、車がたくさん停まってて通路が狭くなってたので、ガードレールに擦りそうになり、皆で誘導したりしました。
連休中は、ちょっとした観光スポットも混んでるので、あまりメジャーな場所に行くのはNGですね。
湖畔の駐車場からちょっと離れた道路向かいには、もう1つ駐車場があり、こちらはトイレもあります。
奈良のNさんはトイレに用を足しに行くのにバイクで走って行ってました。
オフロードは軽くて出し入れが楽なので、ちょっとそこまで乗るのにもいいですね。
この後、R424を紀美野町まで北上し、給油と休憩を挟み、紀の川市から京奈和道に乗った所で解散しました。
帰りは、市街地でそこそこ混みましたが、わりとすんなり帰宅できました。

今日は年間でもベストな時期に快走できてよかったです。
まずはGW1発目のツーリングでしたが、連休はまだまだあるので、次はどこに行こうか楽しみです。
参加者の皆さん、お疲れ様でした。


投稿日
2018/05/02
閲覧者数
142
このツーレポは1人が「いいね!」と言っています
ツーレポが気に入った方は「いいね!」をクリック♪

このツーリングレポートに関連するツーリングスポット
コメント

前のツーリングレポート
2018/4/14 舞鶴・美山
次のツーリングレポート
2018/5/1 大台ヶ原・熊野・十津川

[戻る]