2018/5/12 富士山周遊

日時
2018/5/12
ライダー
ブロス

今回は、東京から1台、大阪から2台、京都から1台、奈良から2台の、合計6台参加でした。
毎年恒例、関東・関西合同の弾丸日帰り特別企画です。
集合は、東名・御殿場IC近くのコンビニに8時半です。
関西組は、必然的に前泊か夜中or早朝の移動となります。
私は、大阪のOさん親子と一緒に夜中走行で向かいました。
Oさんの息子さんは、関東方面初出陣です。
バイクの免許を取って1年ちょっとなのに、やりますね〜。
また、京都のUさんは、前日も休みを取って前泊での参戦です。
しかもALL下道で御殿場まで行ったとの事で、こちらも強者ですね。
御殿場へは、名阪国道〜東名阪道〜伊勢湾岸道〜新東名高速〜東名高速で来ましたが、夜中の何もない高速移動は退屈でした。
このツーリングで、東京のYさんと再会です。
Yさんは、私が東京時代に何度もご一緒した仲で、昨年の伊豆ツーリング以来の再会です。
東京からの参加なので、朝ちょっと早めに出発しただけで、ここまで来れます。
また、京都のUさんは、いつも集合場所には早く来るのに、今日は最後でした。
近くに前泊してるからでしょうね。
我々は、夜通し走って来たのに、お2人ともゆっくり寝られて羨ましいです。
天気は晴れ。
今回もギリギリまで天気予報をチェックし、決行か中止かを判断しました。
富士山ツーリングの時は、雨が降るか降らないかではなく、富士山が見えそうか、見えなさそうか、で判断しています。
この日は富士山に雲がほとんどかからず、1日を通してその姿を見る事ができました。
こんな事はなかなか無いようで、めったにない日に行けて幸運でした。


御殿場のコンビニを出発し、まずは三国峠のパノラマ台に向かいました。
三国峠は、山梨県の山中湖村と神奈川県、静岡県の3県が交差する地点にある峠で、山中湖とその向こうの富士山を一望するビューポイントです。
今日は絶景でしたねー。
移動中の明け方は少し雲が出てたので、どうかな〜と思ってましたが、山頂にも雲がかかっておらず、キレイな富士山と山中湖が見えました。
秋はススキが辺り一面に広がる良い場所です。
道路向かいの丘に登って写真をバシバシ撮りました。
富士山は、例え晴れの日でも雲がかかってたりして見えない事も多く、キレイに見えるのは「運」とも言われてます。
奈良のTさんは、4回目の挑戦で、念願の冠雪した富士山を見る事ができたようで、ここで写真を20枚も撮ったそうです。
1回目の挑戦は霧雨、2回目は快晴ながら時期的に冠雪無し、3回目は山頂に雲がかかっており、やっとの4回目です。
これに対し、今回、富士山ツーリングに初参加の京都のUさんは1回目でキレイな富士山が見れました。
これも運なんでしょうね。


三国峠を降り、山中湖畔を走り、「山中湖交流プラザきらら」で小休止です。
ここも山中湖越しの富士山が見える絶景ポイントです。
柵などが無いので、写真を撮るのに最適です。
ここからの景色も素晴らしいですね。
しかし、実はここは遊歩道で、歩行者か自転車以外は通行禁止なんです。
コッソリ入らせてもらってました。
今まで歩行者に出喰わす事はなかったんですが、今回は犬の散歩をしてるオバちゃんに遭遇。
そのオバちゃんがバイクで乗り入れる我々に、かなり怒ってたようなので、警◯にでも通報されたら困るんで、写真を撮ったらそそくさと退散しました。
うーん、次回からは自粛したいと思います。


山中湖畔を反時計回りに半周し、長池親水公園で休憩です。
山中湖畔には、こういったパーキングスペースがいくつもあり、休憩に最適です。
湖岸沿いには遊歩道もあり、絶好のロケーションです。
今日も朝早い時間帯ながら、観光客が多かったです。


山中湖を後にし、富士スバルラインを走ります。
料金ゲート越しに富士山が大きく見えます。
ここに来る道中には、路面に溝を掘ったメロディラインがあります。
バイクだと風の音などで聞こえにくいですが、今日は風がほとんどなかったので、曲がキチンと聞こえました。
今日は土曜日で快晴なのに、時間が早いからか、通行する車が少なかったですね。


1合目のPAで小休止です。
富士山が大きく見えるスポットです。
ここも、いつもなら観光客の車やバスで混んでるんですが、今日は我々以外には車が1台だけ。
バイクを無造作に停めても大丈夫でした。


1合目から富士スバルラインを一気に登り、5合目に到着です。
昨年来た時は、積雪の為、4合目までしか登れませんでしたが、今回は路面も乾いており、通行できました。
富士スバルラインは、適度なコーナーが連続して、走ってて楽しいコースなんですが、快走できるかどうかは、どんな前走車の後ろに付くかで決まります。
今日は、遅いペースのアルファードの後ろに付いてしまい、若干ストレスが溜まりました。
さすがに5合目は、観光客が多く、朝から大盛況でした。
しかし、相変わらず外国人率が高いですね。
ほとんど外国語しか聞こえてこないくらいで、日本人の方がアウェーな感じです。
ここから見る富士山はめっちゃ大きく、迫ってくる感じで迫力があります。
休憩中に、奈良のTさん、東京のYさんと一緒に「こけももソフトクリーム」を食べました。
「こけもも」とは、高山帯に生える植物で、北欧ではジャムや果実酒にするのが定番らしいです。


5合目からスバルラインで麓に降り、河口湖に向かいました。
下りの走行の際も、ビミョーに遅い車の後ろに付いてしまい、猛烈な眠気と闘うハメになりました。
特に大阪のOさんの息子さんは、居眠り寸前でフラフラしており、側溝に突っ込みそうになってました。
昨夜はほとんど寝ずに走って来ましたからね。
河口湖畔で休憩です。
私は、河口湖から見る富士山がバランスが良くて一番好きですね。
本来なら、近くの湖岸にバイクを停めて写真を撮るスポットがあるんですが、残念ながら工事中の為、断念しました。


河口湖を後にし、ランチです。
今回は初めて行く店です。
京都のUさん向けに、地元の名物以外にも、カレーやカツ丼がありそうな店にしました。
でも、結局全員が、甲州の郷土料理である「ほうとう」にしました。
この時期だと、ちょっと暑かったですが、ダシが効いてて美味しかったです。


食後は、道の駅・なるさわ〜朝霧高原の予定でしたが、若干時間が早い事もあり、奈良のTさんのリクエストで、本栖湖に向かう事にしました。
本栖湖は、私もほとんど行った事がなかったですが、湖岸の道路は景色も良く、いいルートですねー。
道中の展望エリアで小休止です。
ここも絶景ですね。
本栖湖越しにやや遠目に見える富士山が見事です。
この展望エリアは、あまり広くないので、次々に訪れる観光客の車やバイクが頻繁に出入りしてました。


本栖湖の展望エリアから県道709で湖岸沿いに1周し、朝霧高原に向かいました。
ここもバイクや車が多く、停める場所に困った車やバイクが通路に溢れ出てました。
朝霧高原は、いつも富士山ツーリングの最終地点です。
今までのツーリングでは、天気が良くて朝から富士山が見えても、午後から曇ってくる事が多かったので、ここで富士山が見えたのは何年ぶりでしょうか?
この時間になっても雲がかからず、見事な姿が見えました。
この後、皆さんそれぞれお土産を買ったり、ソフトクリームを食べたりして休憩した後、新東名・新富士ICで流れ解散しました。
私は行きと同様に、大阪のOさん親子と一緒に帰りました。
帰りは、若干眠気がキツい時間帯もありましたが、行きよりスムーズに走れて、帰宅は21時前でした。

今回の富士山ツーリングは、終日富士山がキレイに見られて良かったです。
皆さん、満足したようです。
関西からの弾丸だと、かなりハードなコースですが、それを帳消しにできるほど見事な景色でした。
来年もまた行きたいと思います。
参加者の皆さん、お疲れ様でした。


投稿日
2018/05/19
閲覧者数
308
このツーレポは4人が「いいね!」と言っています
ツーレポが気に入った方は「いいね!」をクリック♪

このツーリングレポートに関連するツーリングスポット
コメント

前のツーリングレポート
2018/5/5 九頭竜湖・越前大野城
次のツーリングレポート
2018/5/26 白川郷

[戻る]