2018/5/26 白川郷

日時
2018/5/26
ライダー
ブロス

今回は、兵庫から1台、奈良から3台の、合計4台参加でした。
白川郷ツーリングは、2015年に初めて開催し、今年で4回目です。
当グループの高速を使わない企画では、最長距離のコースです。
日帰りで行ける場所としては限界地点といった感じでしょうか。
当初は、総勢6台が参加しましたが、スタートからアクシデントに見舞われ、6台が4台になってしまいました。
集合は、針テラスにAM4時。
ちょっと常識外れの時間ですが、距離があるので、皆さんに無理をお願いしています。
皆さん、2時起床とかだったそうです。
ほとんど寝てない?
この時間の針は、さすがにバイクは我々の他に2〜3台しかいませんでした。
また、早朝はかなり寒く、5月下旬だというのに一桁の気温だったと思います。
天候は晴れ。
朝のうちは少し曇ってましたが、徐々に晴れてきて、気温もちょうど良く、絶好のツーリング日和となりました。


針を出発し、名阪国道で亀山まで走り、亀山からR1バイパスを走ってる時に悲劇は起こりました。
先の道が車線減少になっており、左車線を走ってたトラックが右車線に車線変更してきます。
先頭から3台は、トラックの前に入れましたが、最後尾を走ってた奈良のSさんがトラックに割り込まれてしまいました。
この先は左の側道からR306に出るルートですが、トラックがかなりノロノロで、我々を見失ったSさんは、側道に出ず、そのままR1バイパスを直進してしまい、隊列とはぐれてしまいました。
その後、メールや電話で連絡を取りながら再合流を試みましたが、上手くいかず、時間の関係と、Sさんが家庭の急用で呼び戻される事になり、無念の途中離脱となりました。
また、大阪のFさんは、大垣で途中合流する為、名神高速を走行中、草津付近で電圧が下がるマシントラブルが発生。
危険なので緊急停止し、安全策を取って引き返す事になり、参加断念となりました。
その後、バイクはエンジンストールで止まってしまったらしく、最終的にレッカーを呼んだそうです。
残念。
Fさん、次回こそはご一緒しましょう。
やむを得ず、残り4台で白川郷を目指す事になりました。
行きは、距離と時間を稼ぐ為、休憩時間と回数を抑えてひたすら走ります。
亀山からR306で菰野まで北上し、R421でいなべ、県道5〜県道26で桑名へ抜け、桑名からR258で大垣まで北上、R21〜県道23〜R157〜岐阜環状線を経由し、岐阜〜山県〜関まで一気に走り抜けました。
早朝出発の為、皆さん睡眠不足のようで、兵庫のNさんはボーッとしてしまったのか、ウインカーの消し忘れを連発してました。
洞戸の道の駅で休憩です。


洞戸の道の駅を後にし、郡上八幡に向かいます。
道中の峠は、景色も良く、適度なコーナーが楽しめます。
道幅が狭い箇所もあり、対向車に要注意ですが、走ってて楽しいルートです。
郡上八幡からR156を北上します。
この辺りは、スキー場が点在しており、渓谷沿いの景色は素晴らしいです。
郡上八幡から白鳥〜高鷲〜荘川と走り、御母衣湖畔で小休止です。
遠くに見える白山連峰には、まだ雪が残ってて絶景です。
毎年、この時期に行くのは、残雪が見られるからです。
ちなみにこの湖畔のパーキングスペースから御母衣湖越しの白山連峰が見えるんですが、湖畔の崖のギリギリでないと、木が邪魔で、この景色は見えません。
毎回、恐る恐る身を乗り出して写真を撮ってます。
奈良のTさんから「落ちんといて下さいよ」と言われました。


御母衣湖を出発し、引き続きR156を北上します。
この辺りになってくると、山間部の景色が明らかに近畿とは違います。
「遠くまで来た」と実感する瞬間ですね。
白川郷が近くなってきて、合掌造りの家屋が見えてきました。
観光地にもなっている集落とは少し離れてますが、国指定重要文化財である旧遠山家民俗館です。
近づくと、で、デカいです!
迫力ありますね。


ここまで来たら、白川郷までもう少しです。
白鳥辺りで遠くに見えていた山々が近くなってるのが分かります。
迫って来るようで迫力があります。
白川郷手前の橋の上で記念撮影です。
毎年写真を撮るポイントですが、雪が残る山と渓谷の眺めが素晴らしいです。


今日の目的地、白川郷に到着です。
まずはランチです。
合掌造りの家屋がそのままお店になってます。
駐車料がかからず、食後も店にバイクを停めたまま合掌造り集落が見物できるので、先にランチにしました。
今日のメニューは、熊肉の鍋がメインの「おやじ和膳」です。
昨年来た時には熊肉が不猟で食べれませんでした。
今回は熊肉があるとの事なので迷わず注文しました。
熊肉は…硬いですね。
味は悪くなく、臭みもないんですけど…。
うーん、話のネタで食べたという事ですね。
他の皆さんは、飛騨牛の朴葉焼きの定食をオーダーしており、美味しそうでした。


食後は、合掌造り集落を見物です。
メジャーな観光地といった感じで、人が多いです。
特に外国人が多かったですね。
分厚い茅葺で、部材の組み立ても縄や木の蔓などで結ぶだけで組み立てられてるのがスゴいです。
合掌造りの家屋は、ほとんどがお土産屋や飲食店になってたり、観光客の見物用になっており、実際に人が住んでる家屋は少ないようです。


合掌造り集落を後にし、道の駅・白川郷で休憩です。
遠くには、雪が残った山々が見えます。
こういう景色も明らかに地元近畿とは違いますね。
ここはバイクが多かったです。
この日はSSTRの日だったからでしょう。
SSTRのステッカーを貼ったバイクだらけでした。
そういや昨年の白川郷ツーリングもSSTRの日と重なった記憶があります。
行きも帰りもバイクが多く、すれ違う度に手を振りました。
奈良のYさんは、これが眠気防止になったとの事。


道の駅・白川郷でソフトクリームを食べたりして休憩後、兵庫のNさんと奈良のTさんが高速で離脱しました。
奈良のYさんと私は、下道で帰ります。
ここまで走ってきたR156を南下します。
ひるがの高原で休憩です。
適度なコーナーが連続する峠でしたが、ちょっと眠くなってきたんで、一息つきました。
子供が小さい頃、よくスキーに連れて来た記憶があります。
冬場以外は、来訪者を呼び込むのに苦労してるようで、遊具を置いたり色々やってましたが、少々閑散としてましたね。
Yさんは、ひるがの高原牛乳のソフトクリームを食べて、目を覚ましてました。


ひるがの高原を出発し、R156をさらに南下します。
高鷲への道中にある夫婦滝を見物しました。
夫婦滝は、R156沿いにある長良川最源流の滝です。
落差17m、分かれて落ちる二筋の滝が特徴です。
駐車場から滝壺まで、約200mの途中には、長良川源流湧水と名付けられた湧き水もあります。
辺りは何やら獣臭く、熊でも出そうな感じでした。
Yさん曰く、日本は至る所にちょっとした見所があるので、外国人観光客が多いのだとか。
そういや、マイナーでローカルな観光スポットでも外国人をよく見かけますね。


夫婦滝を後にし、R156を郡上八幡まで走り、郡上八幡からR256で関〜山県方面に走ります。
行きより空いてたので快適に飛ばせます。
道中にあるモネの池に立ち寄りました。
GWの九頭竜湖ツーリングでも寄りましたが、今日は時間帯が遅いのもあってか空いてました。
九頭竜湖ツーリングの時より、写真がキレイに撮れたかも。
池のすぐ近くには露店も出ており、「モネソフトクリーム」とか、思いっ切りモネの池にあやかった商品を売ってました。
商魂たくましいですね。
大型の観光バスで人が集まるんだから、当然でしょうね。
この後、山県市内から、岐阜環状線を経由して、大垣〜桑名〜いなべ〜菰野〜亀山と走り、亀山から名阪国道に乗り、天理でYさんと別れました。
帰りの名阪国道はめっちゃ寒かったです。
車の人は半袖&半パンなのに…。
帰宅は22時前。
走行距離は680km。
走りに走ったツーリングでした。

今日は、スタートのR1バイパスに加え、いつもは流れるR258など、各地でノロノロ運転の車に悩まされました。
まぁ、一般道を走ってるんで、仕方がないですね。
この企画、その距離と時間のハードさから、参加を見送る人が増えてきたので、来シーズンからは定例企画から外して、私の個人的なソロツーリングにしようかと考え中。
何はともあれ、いい季節と好天に恵まれ、完走できて良かったです。
参加者の皆さん、お疲れ様でした。


投稿日
2018/06/02
閲覧者数
330
このツーレポは2人が「いいね!」と言っています
ツーレポが気に入った方は「いいね!」をクリック♪

このツーリングレポートに関連するツーリングスポット
コメント

前のツーリングレポート
2018/5/12 富士山周遊
次のツーリングレポート
2018/6/3 三方五湖・奥琵琶湖

[戻る]