2018/7/21 潮岬・那智の滝

日時
2018/7/21
ライダー
ブロス

今回は、大阪から3台、京都から1台、奈良から4台の合計8台参加でした。
潮岬ツーリングは毎年恒例の企画で、当グループのALL下道コースでは、5番目の距離です。
ここ最近、酷暑が続いてるので、開催するかちょっとためらいましたが、「これだけ晴天が続いてるのにもったいない」という気持ちの方が強かったですね。
朝夕の山間部は涼しかったですが、昼間の市街地や海沿いは、予報通りにめっちゃ暑かったです。
京都のUさんは、セカンドバイクのホンダ・レブル250で参戦です。
奈良の生駒に集合し、AM5時の集合時間を過ぎましたが、奈良のSさんの姿が見えません。
まぁ、Sさんは時々寝坊する事があるので、少し 待ちましたが、来ないようなので、次の休憩場所を伝えて、先に出発しました。
最終集合場所の五條のコンビニに到着し、大阪のHさんと、奈良のTさんが合流です。LINEメッセージを確認すると、Sさんから「今起きました」とのメッセージが来ました。
この時点でAM6時。
今回、Sさんはヤマハ・マジェスティ125で参戦なのもあり、「追いつくのはちょっと難しいかも…」「今日はもう会えないかな?」といった声もありましたが…、ここからSさんの猛追が始まるのです。


五條からR168を南下します。
山間部に入ると、涼しい〜。
ちょっと寒く感じるくらいです。
道の駅・十津川郷で休憩し、R168をさらに南下して、道の駅・瀞峡街道熊野川で休憩です。
自販機とトイレしかない道の駅ですが、熊野川沿いにあって景色が良く、駐車場も広いです。
LINEメッセージを確認すると、Sさんは谷瀬の吊り橋を通過したそうです。
約1時間〜1時間半の遅れですが、順調に追いついて来てます。


新宮からR42を西進します。
途中から那智勝浦新宮道路も使い、那智の滝に立ち寄りました。
潮岬ツーリングの時はいつも寄ります。
那智の滝は、落差が133メートルに達し、一段の滝としては落差日本一です。
日光の華厳滝、茨城の袋田の滝と共に日本三名瀑として有名です。
屋外で駐車場の呼び込みをしているオバちゃんは皆、暑さでツラそうでした。
滝へ降りると、マイナスイオン効果か、周辺は涼しかったです。
またまたLINEメッセージを確認すると、Sさんは新宮からR42に出たそうです。
かなりカッ飛ばしてるようで、もう追い付いて来そうな勢いです。
奈良のYさんは、Sさんの方が先に潮岬に着くのでは?と言ってました。


那智の滝を後にし、引き続きR42を西進し、橋杭岩に立ち寄りました。
橋杭岩は、串本から大島に向かい、約850mの列を成して大小40余りの岩柱がそそり立っており、その規則的な並び方が橋の杭に似ている事からこの名が付いたいとの事。
う〜ん、いつ見ても迫力があります。
この辺りまで来ると、海と空のブルーが違いますねー。
しかし、暑い!
皆さん日陰を探して座り込んでました。
ここでまたLINEメッセージを確認すると、何と!Sさんはもう潮岬に到着したそうです。
とうとう追いつきました。
と言うか、いつの間にか追い越されてしまいました。
さすがSさんです。
Yさんの予想が当たりましたね。


さっきまでと逆に、Sさんを追いかけるように我々も橋杭岩を出発しました。
今日の最終目的地・潮岬に到着です。
太平洋〜って感じの眺めですね。
ここは本州最南端です。
私は、最南端とか最北端という名称に弱いんですよね。
ついつい行きたくなります。


無事、Sさんと合流し、まずはランチです。
いつもの潮岬タワーのレストランです。
メニューも、いつもと同じまぐろメガ天丼です。
かなりのボリュームで、ここ最近は食べ切るのに一苦労です。
歳を取ってきてますし、年々厳しくなってきますね。
他にも近大マグロ丼やクジラ丼など、魅力的なメニューが多く、トルコ丼なんてのもあります。


食後に、皆さんがタバ コを吸ったり、飲み物を飲んだりしてる間に、単独で潮岬灯台に行ってきました。
私は灯台好きなので、寄っておきたかった訳です。
しかし、今日は外国人観光客が大勢来てたので、外から眺めるだけにしておきました。


周辺は、とてもいい景色です。
海もキレイで、暑くなければいつまでもボーッと眺めていたい所ですね。
できれば暑くもなく、寒くもない時期が最高でしょうね。
2時間ドラマのラストシーンに出てきそうな場所です。


潮岬を出発し、元来たR42を東に戻ります。
道中の少し山手にある「虫喰岩」に立ち寄りました。
目の前が道の駅になってて休憩に最適です。
皆さん暑さで疲労の色が濃く、日陰で水分を摂って、ゆっくり休憩しました。


虫喰岩は、国の天然記念物に指定されており、文字通り虫喰い状になった全高約60メートルの大岩です。
表面に穴が空いた独特の大岩は迫力満点です。
他にも古座川や熊野から串本にかけて、このような奇岩の景勝地があちこちにあります。


虫喰岩を後にし、引き続きR42を東進します。
暑いですが、めっちゃいい天気です。
これであと5℃くらい気温が低かったらな〜。
道の駅・紀宝町ウミガメ公園で休憩です。
ここは、プールに4〜5匹のウミガメが飼育されてます。
この日は餌をもらってなかったのか、プールを覗き込むと、顔を上げて近寄って来ました。
皆さんここで、水分を十分に補給しました。
奈良のYさんからは、暑いので、もっとこまめに休憩して欲しいとのリクエストがありました。
道の駅を出発し、熊野からR169を北上しました。
山間部に入ると涼しいだろうと期待した通り、海辺や市街地とは明らかに気温が違います。
結構タイトなワインディングでしたが、Sさんのマジェスティ125は隊列から遅れる事なく、逆にアオられるくらいです。
さすがSさんですねー。
ほとんどノーブレーキのコーナリングだったようで、素晴らしいライテクです。
この後、道の駅・吉野路上北山〜道の駅・杉の湯川上と休憩を挟みながら北上し、道の駅・宇陀路大宇陀で解散しました。

今日は、暑さが厳しく、奈良のYさんは耐久ツーリングだと言ってました。
今年の夏場のツーリングは、休憩や距離に気を付けないとヤバいと感じました。
涼しくなるのはまだまだ先なので、熱中症に気を付けながら楽しみたいと思います。
参加者の皆さん、お疲れ様でした。


投稿日
2018/07/28
閲覧者数
184
このツーレポは4人が「いいね!」と言っています
ツーレポが気に入った方は「いいね!」をクリック♪

コメント

前のツーリングレポート
2018/7/14 ビーナスライン
次のツーリングレポート
2018/8/4 天橋立・丹後半島

[戻る]