2018/10/8 浜名湖・渥美半島

日時
2018/10/8
ライダー
ブロス

今回は、大阪から2台、京都から1台、奈良から3台の、合計6台参加でした。
元々は、9月の上旬に予定していたこの企画。
今年は台風の当たり年のようで、毎週末のように台風が襲来してたので、延び延びになって、やっと開催できました。
4年前に初めて企画してから、毎年行くコースで、今年で4回目です。
ただ、高速代、フェリー代、ウナギ代で、結構な出費になってしまう為、毎回参加者が少ないんですよね。
初回は2人、2回目は3人、3回目は2人でしたが、今回は6人です。
集合は、針テラスにAM5時。
この時期だとまだ真っ暗です。
だれもいないかと思ったら、岐阜ナンバーのバイクが4台ほどおり、ライダーは何と地面で寝てました。
早朝の針は気温が低く、皆さんホットの缶コーヒーを飲んでました。
天気は文句無しの快晴。
今シーズンのベストと言えるくらいの好天でした。


針テラスを出発し、名阪国道を亀山方面に走ります。
道中、霧が出てきて前が見えにくかったです。
しかも濃い霧でバイクやメットに水滴が付くくらい。
前を走るトラックを先導車にして走りました。
前回の東尋坊ツーリングの時と同じで、霧の出る日はいい天気になると言われる通り、関の辺りから晴れてきました。
関から伊勢道に入り、伊勢方面に走ります。
道中の安濃SAで休憩の際は、寒さから皆さんトイレに駆け込んでました。
伊勢道から伊勢二見鳥羽ライン〜R42を経由して鳥羽港のフェリーターミナルに到着です。
ここから伊勢湾フェリーに乗船します。
1便の出港時刻は8:10ですが、この時点で7:10頃。
ちょっと早いかも知れませんが、伊勢湾フェリーは予約ができず、来た順番に乗船するスタイルです。
しかもバイクの乗船定数は10台。
長距離の企画なので、何とか1便に乗りたくて、早く来て並んだ訳です。
なので、毎年この企画は参加者募集を少なめにしています。
今日は3連休なのもあってか、我々6台の他にも後からバイクが3台来て、乗船定数ギリギリでした。


無事、乗船し、鳥羽港を出港です。
バイクで乗船する時、バイクの停める位置や方向、順番とかにやたらとうるさい船員のオッちゃんがいて、部下らしき人を怒鳴りまくってました。
こういうパワハラっぽい人ってどこにでもいるんですね。
船内では、それぞれバラバラになり、ソファでテレビを見たり、カーペットの座敷で仮眠したりしてリラックスしてました。
奈良のKさんとTさんは、別料金の特別室(330円)に行ってリッチな船室でくつろいでたようです。
伊勢湾フェリーは、三重県の鳥羽と愛知県の伊良湖岬を結ぶ、約23kmの航路で、乗船時間は55分です。
ちょっとした船旅を味わえて、ツーリングに組み込むのにちょうどいいです。
約1時間後、伊良湖港に到着です。
周辺は釣りをする人が多かったですね。


まずは、伊良湖岬に向かいます。
フェリーターミナルのすぐ近くです。
伊良湖岬は、太平洋から伊勢湾・三河湾までを一望できる、渥美半島先端にある岬です。
恋路ヶ浜を散策しました。
遊泳禁止にしてるようで、ゴミなどもなく、めっちゃキレイな砂浜です。
雰囲気抜群なんですが、オッサン6人で散策してるのが何とも悲しいような…。


恋路ヶ浜の先にある、伊良湖岬灯台です。
青空と白い灯台のコントラストが見事です。
灯台好きの私は、これを見たくて皆さんを500mほど歩かせてしまいました。


恋路ヶ浜にある浜茶屋で、名物の焼き大アサリを食べました。
毎回食べるちょっとしたオヤツですね。
皆さん早朝の起床なので、十分お腹が空いてます。
大アサリのダシと醤油の汁が絶品です。
でも、ほんの一昨年までは3つで500円だったのが、今では2つで700円。
う〜ん、商売上手ですね。


伊良湖岬を後にし、R42で浜松方面に走ります。
道中の高台で記念撮影です。
さっき散策した伊良湖岬や恋路ヶ浜が一望できるポイントです。


絶景ポイントと言っても、ただの道路脇なので、後続車に要注意ですが、めっちゃいい眺めです。
素晴らしい眺望ですね。
皆さんそれぞれ写真を撮ってました。


引き続き、R42を東進します。
海沿いの一本道は信号が少なく、スイスイ流れます。
でも、誰かが言いました。
「この道、食後はめっちゃ眠たいやろな」
その通り、ちょっと退屈な、ほぼストレートなんです。
道中の道の駅・あかばねロコステーションで休憩です。
広くて、目の前が海というめっちゃいいロケーションです。


R42をさらに東進し、今日の目的地・浜名湖に到着です。
ここはもう静岡県です。
時間はちょうどお昼頃。
今日のメイン、ウナギでランチです。
私は毎年オーダーする、サンド丼です。
表面に加え、ご飯の中にもウナギが入ってます。
昨年より、ちょっと値上げしてました。
やはり、ウナギが獲れにくくなってるんでしょうか。
さすが本場・浜名湖、めっちゃ美味しかったです。
奈良のKさん達4人は、蒲焼きと白焼きのミニ丼セットを注文してました。
皆さん、空腹だったのもあってか、ほぼ無言でガッついてました。
ここで、大阪のKさんが高速で離脱しました。


食後は、残り5人で舘山寺ロープウェイに乗り、大草山に登りました。
浜名湖を一望できるスポットです。
湖岸には浜名湖パルパルという小さな遊園地があります。
関西ではUSJ人気で潰れていく遊園地が多いですが、ここはローカルながら結構賑わってました。
ロープウェイに乗るのに、遊園地の駐輪場にバイクを停めたんですが
そこに行くのには、歩道に乗り上げる感じで行きます。
歩道の幅が1mくらいで、ちょっとスリリングです。
教習所の一本橋を思い出しました。
大草山の展望台から見た浜名湖の景色です。
絶景ですねー。
今日は特に天気が良かったので、素晴らしい眺めでした。
帰りは16:30の便に乗ろうと、少しハイペースで走りました。
道中、前を走る地元の車のビミョーな速度にペースを狂わされましたが、伊良湖岬までスムーズに戻って来れました。
昨年は、最終便に乗ろうと港まで来たら、欠航になってて、豊橋まで延々と走って高速で帰った記憶があるので、バイクの定数オーバーでも最終便には乗れるように1つ前の便の乗船を狙った訳です。
乗船待ちで並んでたバイクは2台だったので、予定通りに我々も乗船できました。
帰りのフェリーでは、疲れからか私も含めて皆さんウトウト居眠りしてました。
今日のツーリングは、距離の割に疲れがマシでした。
行き帰りのフェリーで十分な休憩を取れたのが良かったんでしょうか。
17:30頃に鳥羽港に到着し、伊勢二見鳥羽ライン〜伊勢道〜名阪国道で帰りました。
道中、日が落ちると急激に寒くなってきて、途中のPAで重ね着したくらい寒暖差が大きかったです。
名阪国道の上野を過ぎた辺りで流れ解散しました。

今日は、シーズンベストと言えるくらいの好天に恵まれ、道路も空いてて、とても快走できました。
この企画、今年で終了しようと思ってましたが、まだ参加したい人がいるようなので、また企画したいと考えてます。
参加者の皆さん、お疲れ様でした。


投稿日
2018/10/14
閲覧者数
229
このツーレポは3人が「いいね!」と言っています
ツーレポが気に入った方は「いいね!」をクリック♪

コメント

前のツーリングレポート
2018/9/23 越前海岸・東尋坊
次のツーリングレポート
2018/10/13 奈良バーベキューツーリング

[戻る]