2018/11/18 永源寺・養老の滝

日時
2018/11/18
ライダー
ブロス

今回は、大阪から1台、京都から1台、兵庫から1台、奈良から5台の、合計8台参加でした。
永源寺に紅葉を見に行くのは、毎年恒例になっており、今年で3回目です。
琵琶湖の東側に位置する湖東地域は、京都ほどメジャーではないものの、紅葉のスポットがたくさんあります。
11月も中旬となり、だいぶ寒くなってきて、バイクに乗るのもためらう時期となりましたが、我慢強いのか、Mなのか、8人が集まりました。
当日は、朝がかなり寒かったですが、昼間はいい陽気で、晴天に恵まれました。


集合は、京都・城陽のコンビニに6時です。
この時期は、まだ暗い時間帯です。
私は、いつも誰かと一緒に奈良の生駒から向かう事が多いんですが、今日は1人。
暗い夜道を集合場所に向かうのはちと寂しかったですね。
集合場所の城陽の気温は6℃、さらに城陽から永源寺に向かう道中の信楽の気温はマイナス1℃!
かなりの寒さでした。
しかし、日が昇ってくると徐々に気温が上がってきました。
東近江で兵庫のNさんと合流し、永源寺に到着です。
永源寺に着いたのが、8時半頃。
ちょっと早いと思われそうですが、すでに観光客がパラパラ来てます。
10時前になると駐車場が満車になるので、これくらいの時間に来るのがベストです。
入口辺りもすでに紅葉してます。


山門をくぐると、通りに被さるように木の枝が出ていて、トンネルみたいになってます。
ここも赤や黄色に色付いてて見事な景観です。
途中には、休憩所を兼ねた、おしるこや抹茶の店があります。


境内に入るには、拝観料がかかりますが、素晴らしい眺めです。
本格的なカメラで熱心に撮影する人がたくさんいました。
今年は、夏の暑さの影響か、寒くなるのが遅いからか、色付き方が若干まばらな場所もあります。
参道の一部は、葉がまだ青々としてる木もありました。


参拝した後は、定番のコンニャクです。
ノーマルとピリ辛の2つをチョイス。
味噌ダレが絶品です。
冷えた体が温まりました。
奈良のYさんは、駐車場脇の店でコンニャクの天ぷらを食べてました。


永源寺を後にし、R421の石榑峠を抜けて、R306〜R365を北上します。
道中の緑の村公園で休憩です。
駐車場が広く、トイレや売店もあって、休憩に最適です。
この頃になると、気温もだいぶ上がり、ポカポカ陽気です。
奈良のYさんは、ハンターカブで参加なので、100km毎に給油します。
奈良のSさんが以前乗ってたV-MAXも100km毎の給油だったので、慣れたもんです。


R365をさらに北上し、県道227〜県道56を走り、岐阜県に突入です。
養老の滝手前の店でランチです。
ここは、ウナギや川魚料理がメインのようです。


店に入り、メニューを見たら…、ウナギの値段が上がってる!
事前にネットで調べた値段より全然高い。
しかも、かなりの高騰。
昨今のウナギの稚魚激減の情勢によるとの事。
残念ながら、ウナギは断念して、東海地方らしく味噌カツ定食にしました。
甘めの味噌ダレが美味しかったですね。
ついでに単品でドジョウの唐揚げも食べてみました。


食後は、養老の滝に向かいます。
滝に行くには、狭くてタイトな山道を登らないと行けません。
しかも路面が悪い。
以前は麓からリフトがありましたが、今は営業してません。
対向車とすれ違うのも困難な道を登り切って、養老の滝に到着です。


駐車場から滝へは、階段を5分ほど降りて行きます。
降りるという事は、後で登らないといけません。
結果、半数の人はパスして駐車場で待機です。
見応えのある滝ですね。
滝の周辺は、マイナスイオンたっぷりで癒しの空間という感じです。
茶店もあり、観光客も多かったですね。
滝から駐車場に戻る時は、行きと反対で、階段を登りました。
気温が高くなってたので、結構汗をかきました。


養老の滝を後にし、県道25の峠を越えて、行きのルートを戻ります。
道中の信楽で、朝宮茶の店に寄りました。
R307を使うツーリングの時はよく寄ります。
今日は、栗ぜんざいを食べました。
日が傾いて寒くなってきて、疲れも出てきた所に、温かくて甘いぜんざいは体に沁みますねー。
この後、城陽まで走って解散しました。

今日は、朝は真冬の寒さでしたが、昼間は20℃ほどになり、快適なツーリング日和でした。
そろそろ路面状態が気になる時期です。
今シーズンもあと2回。
シーズンラストまで楽しみたいと思います。
参加者の皆さん、お疲れ様でした。


投稿日
2018/11/23
閲覧者数
153
このツーレポは2人が「いいね!」と言っています
ツーレポが気に入った方は「いいね!」をクリック♪

コメント

前のツーリングレポート
2018/11/10 青山高原・松阪
次のツーリングレポート
2018/12/2 京丹波・美山

[戻る]