2019/1/13 宇治・琵琶湖南部

日時
2019/1/13
ライダー
ブロス

今回は、大阪から2台、京都から1台、奈良から7台の、合計10台参加でした。
琵琶湖南部は平地で、峠や路面の凍結もあまり無いので、冬場に最適なコースの1つです。
奈良からでも、山間部を通らずに、比較的アップタウン無しで行けるのが利点です。
寒い時期のショートコースなので、原2カブやスクーターでの参加が多かったですね。
今回は、昨年6月の鳥取砂丘ツーリング以来、7ヶ月ぶりに大阪のSさんが参戦です。
Sさんの愛車は、カワサキZXR250とKR250ですが、どちらもなかなかの年代物なので、メンテナンスが大変なようです。
今回もイマイチ調子が良くなかったみたいで、スズキ・アドレス125での参加となりました。
当日は快晴で、日差しが暖かく、昼間は少し暑く感じるほどの絶好のツーリング日和でした。


集合は、京都・城陽のコンビニでしたが、いつもより時間が遅いので、交通量が多く、到着に時間がかかりました。
皆さんが、集まって来てる中、アクシデントが発生です。
何と!大阪のSさんが、バイクのカギをメットインスペースに閉じ込めてしまったとの事。
何とか取り出せないかと皆で知恵を絞りましたが、無理のようで、Sさんは参加を断念し、自宅までスペアキーを取りに行く事に…。
が、しかし!Sさんがポケットの中を再確認すると、ポケットの中が一部破れており、その奥にカギがありました!
メットインに入れたと思い違いしてたようです。
これでめでたく全員で出発です。
R24を北上し、伏見桃山城で休憩です。


伏見桃山城は、閉園した伏見桃山城キャッスルランドの開園時に遊園地の売りとして作られた模擬天守です。
周辺は運動公園になっており、野球や多目的グラウンドがあります。
朝はそこそこ冷え込んでおり、皆さんトイレに向かいます。
トイレはお城の向こう側にあり、駐車場から若干遠いのが難点でしょうか。
いつも頻尿の奈良のYさんがトイレに行ってなかったので、皆さん「大丈夫ですか?」と心配してました。
Yさんは、ワークマンで買ったウェアの防寒効果が高く、尿意を催してなかったようです。


伏見桃山城を後にし、宇治経由でR1に出て、大津から琵琶湖西岸を北上します。
雄琴温泉観光公園で休憩です。
冬場のツーリングでは、よく寄るスポットです。
20人ほどが入れる大きな無料の足湯があります。
冷え切った足を入れると、ビリビリと熱く感じます。
しばらくするといい感じになり、気持ち良くなってきました。
ついでに手も浸けて暖まりました。
ここで私は、靴下を濡らしてしまうという痛恨のミスを犯してしまいました。(泣)
いつもは比較的空いてるんですが、今日は公園内で餅つきをやってて、ついたお餅が振舞われており、観光客が多く、駐車場もほぼ満車でした。


雄琴温泉観光公園を出発し、湖岸の県道558を北上し、道の駅・びわこ大橋米プラザでランチです。
ここはいつも観光客が多く賑わってます。
バイクもそこそこ来ており、珍しい車種もあって品評会みたいでした。


今日のメニューは、近江牛ご飯の定食です。
肉が柔らかく、甘辛い味付けが絶品です。
うどんも付いてて大満足です。
皆さんバラバラに注文したので、料理ができた時の呼び出しブザーを全員が持っており、ほぼ一斉に鳴り出して、ちょっと騒がしかったです。


ここの道の駅は湖岸にあり、デッキから琵琶湖大橋が見渡せます。
2階の展望デッキは工事中でしたが、下のデッキは、湖岸の浜まで出られます。
天気も良く、絶景でした。


道の駅を出発し、琵琶湖大橋を渡ります。
自動二輪は100円、カブのYさんは原付なので10円です。
例えば、富士山のスバルラインでは、自動二輪の1640円に対し、原付は200円です。
動力性能から考えると、原付2種っておトクですよねー。
琵琶湖の東岸を北上し、近江八幡の湖岸にあるカフェでコーヒーブレイクです。


琵琶湖南部に来る時はよく寄る店です。
かなりメジャーになり、いつも混んでる人気店です。
周りはカップルか女子ばかりの所にほぼオッさん10人で押しかけた感じです。
湖岸のデッキから見る景色が素晴らしいです。
今日は、比良山地が冠雪しており、絶景でした。
この店は、メニューが安価なのが嬉しいです。
安いのもあってか、オッさん3人ほどがケーキセットを注文してました。


湖岸のカフェを出発し、琵琶湖岸から県道26を南下し、日牟禮八幡宮に立ち寄りました。
今回、初めての参拝です。
ツーリングのコースに近くて立ち寄れる神社をネットで探した訳です。
初詣と言いながら、私はツーリングで神社に参拝するのはもう3回目です。
駐車場が確保されてるのを条件にチョイスしたんですが、神社の手前の和風スイーツ店が大混雑しており、駐車場の奥の道路脇にバイクを停めるハメに。
日牟禮八幡宮は、山門や社殿がとても立派でした。
年始なので、今年一年の交通安全を祈願しました。


日牟禮八幡宮を後にし、琵琶湖側を南下します。
湖岸道路はいつも空いててスイスイ走れるのに、今日はやたらと混んでます。
たぶん、琵琶湖大橋の近くにある「なぎさ公園」の菜の花畑への出入りが混んでるんでしょう。
渋滞を避けて、湖岸より内側の道路を使い、草津からR1を経由して信楽方面から帰途につきます。
信楽が近づくと急激に冷え込んできます。
さすが関西でも有数の寒冷地ですね。
奈良のYさんは途中で一時離脱して用を足してました。
道中のお茶屋さんで最後の休憩です。
よく立ち寄るお馴染みの店です。
今日は抹茶ぜんざいを食べました。
冷えた体に甘くて暖かいのが沁みますねー。
この後、R307を宇治田原〜城陽まで走って流れ解散しました。

今日は好天に恵まれ、昼間は暖かく、絶好のツーリング日和でした。
寒い時期の行き先はそろそろネタが尽きそうですが、何とかまた企画したいと思います。
参加者の皆さん、お疲れ様でした。


投稿日
2019/01/20
閲覧者数
165
このツーレポは4人が「いいね!」と言っています
ツーレポが気に入った方は「いいね!」をクリック♪

コメント

前のツーリングレポート
2019/1/6 津
次のツーリングレポート
2019/2/2 淡路島

[戻る]