2020/3/15 鳴門・坂出・高松

日時
2020/3/15
ライダー
ブロス

今回は、大阪から2台、奈良から2台の、合計4台参加でした。
このコースは毎年恒例で、春先のシーズンイン前に行く定番企画です。
年々暖冬になってきてるとは言え、朝晩はまだまだ寒く、山間部を走るのはちょっと怖いので、路面凍結の少ない四国は寒い時期に向いているコースです。
この週末は天気が不安定で、場所によっては雪や雷、突風などの予報でした。
元々は、3/14(土)に予定してましたが、雨天の為、翌日に順延しました。
この為、参加メンバーがガラッと変わりました。
当日は、朝こそ寒かったものの、昼間はかなり暖かかったです。
時折、曇って細かい雨がパラついたりしましたが、全体的に晴れの1日でした。


第二神明道路の垂水PAに集合です。
淡路島や四国方面のツーリングの際、定番の集合場所です。
自宅を出発した時は、あまり寒く感じなかったものの、ここに到着する頃には、すっかり体が冷え切ってました。
垂水PAを出発し、明石海峡大橋を走って淡路島に渡ります。
淡路SAで休憩です。
ここでちょうど日の出時刻となり、キレイな朝日が見えました。
太陽にほえろ!のオープニングみたいでした。(古いな。しかもこっちは夕日)
天気のいい週末は、朝から駐車場がほぼ満車で、バイクも多いんですが、何やら空いてましたね。
今はちょっと外出自粛ムードだからでしょうか。


淡路SAを出発し、淡路島を縦断します。
道中、「凍結注意」の案内掲示が何度もしつこく出てきて、ちょっと気持ち悪かったです。
淡路島で路面凍結って、あんまり無いと思うんですが、念の為、濡れた路面は慎重に通過しました。
淡路島南PAで休憩を挟み、鳴門北ICで高速を降り、ここからは下道です。
鳴門公園に立ち寄りました。
大鳴門橋が目の前にあり、鳴門海峡が見渡せるスポットです。
このコースの時は毎年寄ります。
ここからの眺めは迫力ありますね。
朝早い時間なので、展望デッキ前までバイクを乗り入れさせてもらいました。
昼間ならちょっと迷惑でしょう。
逆光なのが、ちょっと残念ですが、毎年この時期の、この時間なので、毎回こんな感じの写真になります。


鳴門公園を後にし、鳴門の市街地を通過し、吉野川の北側に延びる地道を西に走ります。
のんびりしてて良いんですが、地元の車は、時速40〜50kmほどで走ってるんで、ちょっと調子が狂います。
私も隣の愛媛県出身なので、実家に帰った時は、このスローペースになかなか順応できません。
美馬からR193を北上し、「道の駅しおのえ」休憩です。
塩江温泉にある道の駅で、周辺には温泉宿や温泉施設が点在しています。
静かな山奥の温泉場って感じで、いい雰囲気です。


道の駅の対岸にある足湯に入りました。
冷え切った足が生き返ります。
地元の入浴客の人によると、この足湯は温感センサーが設置されてるとの事。
ハイテクですね〜。


塩江温泉を後にし、高松市内を通過して坂出市内でランチです。
香川に来たら、当然、讃岐うどんですね。
今回は、初めて来た店です。
以前から、ツーリングルートの道沿いにあって、チラチラ見ていた店です。
ここの名物カツカレーうどんをオーダーしました。
見るからにボリューム満点です。
実際でもかなり食べ応えがありました。
ピリ辛のカレー出汁は絶品で、いくらでも飲めそうでした。
大阪のSさんは、スープを全部飲み干してました。
カツも柔らかくて美味しかったです。
4人とも汗をかきながら完食しました。
普通の風邪なら、この一杯を食べただけで治りそうなくらい代謝が良くなった感じです。


食後は、坂出市内を北上し、瀬戸大橋記念公園に立ち寄りました。
ここも毎回寄るスポットで、瀬戸大橋が間近に見えます。
周辺は広大な公園で、グラウンドなどもあります。
時折電車が大きな音を立てて通過して、迫力がありました。


瀬戸大橋の眺望です。
午後からは若干天気が不安定で、雲が出たりしましたが、絶景でした。


瀬戸大橋記念公園を後にし、五色台スカイラインを走りました。
半島を縦断するドライブウェイです。
適度なコーナーが連続し、快走できます。
スカイラインに入る手前で、ゆっくりペースのレンタカーの後ろに付いてしまい、このままスカイラインに入るのはイヤだ!と思い、必死に追い越しました。
五色台スカイラインを快走し、半島の先端にある大崎ノ鼻で小休止です。
この辺りでは、定番のスポットです。
バイクも数台来てました。


大崎ノ鼻からの眺めです。
ピラミッド型の2つの小島が見えます。
手前が小槌島で、奥が大槌島です。
ここではもう少しゆっくりするつもりでしたが、徐々に雲が濃くなってきて、雨が降り出しそうな雰囲気だったので、早めに出発しました。


市街地に差し掛かった辺りで、小雨がパラつき始めました。
夜から降る予報の雨が早く来た可能性があったので、安全策を取って、高松市内で解散しました。
私は、雨雲レーダーを確認して、小さくて薄い雲が通過してるだけと判断し、ここからソロで竹居岬に向かいました。
予想通りにまた晴れてきました。
ここは、四国の最北端です。
岬の先端に竹居観音寺があります。
最南端の足摺岬や最西端の佐田岬などは有名ですが、ここはややマイナーですね。
ここで偶然にもさっき別れた大阪のYくんと遭遇しました。
Yくんもまた晴れると読んでいたようです。
竹居岬でYくんと別れ、志度まで走り、ここから高速で帰りました。
普通なら混んでる神戸市内も空いており、ここでもコロナウイルスの影響でしょうか。
帰宅時間は17時半頃。
明るいうちに帰って来れました。

今日は、道路も空いてて、昼間は暖かく、春先の四国を堪能できました。
来月からは本格的にシーズンインです。
参加者の皆さん、お疲れ様でした。


投稿日
2020/03/20
閲覧者数
101
このツーレポは1人が「いいね!」と言っています
ツーレポが気に入った方は「いいね!」をクリック♪

コメント

前のツーリングレポート
2020/3/7 犬山・尾張一宮
次のツーリングレポート
2020/3/21 名張・伊賀・信楽

[戻る]