2021/11/23 富士山周遊

日時
2021/11/23
ライダー
ブロス

今回は、ソロです。
富士山ツーリングは、毎年行ってる定番企画です。
昨年までは日帰りでしたが、ハードな為、封印し、前泊移動で計画してました。
でも、前日の11/22は雨だった為、グループとしては中止にしました。
しかし、当日(11/23)は、晴天の予報。
これは、もったいない。
って事で、夜中出発の弾丸日帰りを敢行。
寒くなってきており、この機会を逃したら、今年はもうチャンスが無いと判断しました。
雨上がりは快晴になるとの予測通り、良い天気でした。


夜中1時半に自宅を出発。
伊勢湾岸道が工事による夜間通行止めの場所があるとの事で、名神〜東名ルートで御殿場に向かいます。
道中、八日市〜大垣辺りで雨に遭いましたが、その後は星が見えるほどの晴天でした。
グループで行く時は、約70km毎くらいの間隔で休憩を取りますが、今日は1人なので、約150km間隔です。
AM7時過ぎ、御殿場で高速を降り、三国峠に向かいました。
山中湖を見下ろせる高台で小休止です。
富士山には一部雲がかかってましたが、この日は風があり、どんどん雲が流れて行くので、見事な富士山を見る事ができました。
この後も雲が流れ、富士山が隠れては現れるを繰り返しており、キリがないので、写真撮影はこの辺にして次に向かいます。


山中湖を半周します。
長池親水公園で休憩です。
湖畔にあり、山中湖越しの富士山が見えるスポットです。
朝早い時間ながら、観光客が多く、道路もバイクがたくさん走ってました。


山中湖から河口湖に向かいます。
東京時代から何度も来てるので、地図やナビも要らないくらいです。
河口湖畔で休憩です。
気温が上がってきて、ポカポカ陽気です。


ちょうど紅葉まつりの真っ最中で、観光客が多かったですね。
湖畔の紅葉した木の脇までバイクを押して行って記念撮影しました。
SNSの影響か、熱心に写真を撮る人が多いのはいいんですが、待ってる人がいるのに、いつまでも場所を占領して写真を撮り続ける年配の男性がいて、若干不愉快でした。
その後も紅葉した木の場所でいつまでも写真を撮ってる家族連れもいて、他の人達も困惑してました。
桜の季節もそうですが、こういう時期にメジャー観光地に来るのは避けた方が良さそうですね。


河口湖を後にし、R139で富士山の麓を反時計回りに周回します。
精進湖に立ち寄りました。
こちらも湖越しに富士山が見えます。
道路からでも十分見えますが、今回は湖畔まで降りてみました。
ただし、道路からわりと急な坂で、湖畔は砂利なので、転倒しないよう要注意です。


精進湖の次は本栖湖です。
富士山は、場所によって表情が違いますね。
個人的には、一番迫力があるのが山中湖で、一番キレイなのが河口湖でしょうか。
ここも見事な眺めです。
観光客やバイクは、この先のパーキングスペースに集まりますが、この道路脇の方がキレイに見えると思います。


本栖湖の眺望です。
絶景ですね。
富士山が湖畔に映って、絵画みたいです。
下の湖畔はキャンプ場になってます。
贅沢な場所ですね。


本栖湖を後にし、朝霧高原に向かいます。
道中で富士山がキレイに見えたので、道路脇のパーキングスペースで小休止&写真撮影です。
雲がどんどん取れて行き、雄大な姿を堪能できました。
でも、ここでもマナーやエチケットの無いカップルがいて、他の観光客やライダーが写真を撮ろうとしてるのに、いつまでも撮影ポイントのど真ん中で写真を撮ってました。
この連中、一体何十枚写真を撮るんだ?と思うくらい長かったです。
この写真の右端にもいます。(黒塗りの場所です)


道の駅・朝霧高原で最後の休憩です。
バイクは意外と少なめでした。
観光客は多かったですね。
建物の裏手は富士山が見える広大な公園になっており、レストランもあり、お土産もたくさん売ってます。
富士山に来たら、皆さん寄るスポットですね。


道の駅を出発し、帰途に就きます。
R139を走り出すと、富士山にかかってた雲がほとんど全部取れそうになってたので、道路脇にバイクを停めました。(1枚目の写真)
素晴らしい景色ですね。
この後、新東名・新富士ICから高速に乗り、新東名〜伊勢湾岸道〜東名阪道〜名阪国道で帰りました。
道中は風が強く、バイクごと吹き飛ばされそうでした。
帰宅時間は19時半頃。
さすがに疲れましたが、楽しかったです。
また来年、皆さんと一緒に行きたいです。


投稿日
2021/11/29
閲覧者数
143
このツーレポは4人が「いいね!」と言っています
ツーレポが気に入った方は「いいね!」をクリック♪

コメント

前のツーリングレポート
2021/11/20 永源寺・養老の滝
次のツーリングレポート
2021/11/27 十津川・本宮

[戻る]