オールド・ストーリー 九州へ2週間のロンツー (後編)

日時
日時:1989年9月中旬〜10月上旬(2週間)
ライダー
composekawa

【オールド・ストーリー九州へ2週間のロンツー(前編)からの続き】

前日の佐多岬からフェリーで向かったのが鹿児島県の指宿市へ
薩摩半島最南端の長崎鼻の岬から開聞岳をバックに撮影

その後、鹿児島の街を通過
当時、桜島の噴煙を浴びながら進んでいたのを今でも憶えてます





北へ北へと進んで…ここは霧島山脈☆


さらに北へ向かいます
えびな市を越え、当時日本最大級の人吉ループ橋を渡ります

さらに熊本を経由して、やってきたのが…


言わずと知れた名所「阿蘇山」です♪

現在は火口周辺警報(噴火警戒レベル2)が出されてますが、当時も同様の状態で、残念ながら噴火口までは足を踏み入れる事ができませんでした

でも近くのカルデラ地なら走りたい放題です


僕の知る上で、九州の馬や牛は、すべてサイズが大きい!?


噂のやまなみハイウェーも何度も走って楽しみました♪


当時は「ラピュタの道」という名称はついてませんでしたが、ミルクロードはジオラマチィックな道が続く素敵なコースでした♪

TDR-250も大はしゃぎです♪


この辺りを周遊していると、同じバイカー同士との出会いもあり楽しく談話も楽しみました


キャンプ場でも出会いがありました

確か熊本大の学生さんだった記憶があります

キャンプ場で宿泊ばかりの旅でしたが、若さがあり疲れ知らずでしたね(笑)


山を走った後は、海岸沿いを走り…
そしてまた山を走り抜ける

そんな旅を繰り返してると、あっという間に2週間経ってしまいます☆

その後も、天草から佐世保 五島を周って佐賀…福岡…そしてまた南九州エリアへ進んだりと…

確か記憶では、五島の平戸島のキャンプ場で大型台風に遭い、テントが吹き飛ばされてしまった事もありました(苦笑)


最後は宮崎港より川崎港へ向けて帰宅

このツーレポでは全てを語れないほど、色々なことがありましたが
3‚400kmのロンツーは、25年経った今でも、いい思い出として憶えています。

来年の2015年は、T-MAX530で再チャレンジする予定です☆

【オールド・ストーリー 九州へ2週間のロンツー 終わり】


投稿日
2014/11/27
閲覧者数
821
このツーレポは8人が「いいね!」と言っています
ツーレポが気に入った方は「いいね!」をクリック♪

このツーリングレポートに関連するツーリングスポット
コメント

前のツーリングレポート
オールド・ストーリー 九州へ2週間のロンツー (前編)
次のツーリングレポート
【西東京発】富士山とその付近を堪能するツー (前編)

[戻る]