群馬〜埼玉の境 神流湖周辺を探る 

日時
2014年12月15日(月曜)
ライダー
composekawa

いよいよ寒波本格化が間近な12月の半ば
群馬と埼玉の県境に位置する「神流湖」を探索する事にしました
今回の走行距離は247km

いつもながらの西東京市より出発
まずは無理をしないように、午前9時よりマシンを走らせます
気温は3℃ 風は特になし・・・人間は多少寒いと思いながらも、マシンのエンジン音はいい音たててます☆

R246川越街道を東京から下って埼玉県寄居方面へ向かいます
世間は仕事に忙しい師走の月曜日…川越(無料)バイパス(旧 富士見有料道路)はもちろん、川越を過ぎた後も軽快に進むことが出来ました

こんな時にドライブ・ツーしてる男なんざ自分しかいないって事でしょうかね!?


【埼玉県・寄居町】11時10分頃 気温3℃
埼玉県を一般道で二つに切り裂く形で走るのも、結構な時間がかかります
寄居は平野部ですが、お昼に近づいても気温は上がる見込みがないようです
でも日に当たりながら珈琲を啜ると、いくぶん温かくなってきます

ふだんホットな珈琲は飲まない質なんですが、何故か寒中ツーの時は飲んでしまいます
ソフトクリームも同様です(苦笑)


進路をR140長瀞へ向けて走ります
荒川が見えてきますね

この先、長瀞ライン下り乗り場のポイントから、埼玉県道13号で北上します


以前も紹介しましたが、県道13号は心地よいワインディング山道の続く、とても楽しい道なんです♪


こんなコーナーもT-MAX530は大好物のようなんです(笑)


【群馬県藤岡市・鬼石(おにし) うどんの店「てんぐ屋」】11:50頃 気温4℃

神流湖を直前として、鬼石(おにし)の町でランチしました
埼玉越えで身体が冷え冷えだったので、美味しいうどん屋さんを見つけ、すぐさまお店の中へ…


自分は趣味でふだん蕎麦やうどんを打ったりしてます
ある程度の経験さえあれば、素人の腕前でも打ちたて・茹でたては、へたなうどん屋さんより美味しいものです

・・・でも、このお店は違った!?(>_<)
うどんの喉越しが良くて、ツユのダシのとりかたが上手くて・・・正直、美味しくて驚きました♪
「スキヤキうどん(800円)」をいただいたのですが、中に入っていた牛肉もA4級のお肉と感じました☆


【神流湖・下久保ダム近辺】13:10頃 気温3℃

鬼石の町を出て、R462を20分ほど進むと、今回の目的地「神流湖」へ到着


壮大な大きさの下久保ダムが待ち構えてました
ダムの上部は一般道が通ってるのでそこへ向かいます


ダム上部へ到着
奥に広がる神流湖を眺めます

このまま、この道で神流湖を横断し「城峯公園」のある山へ向かう途中…


さらに湖がいい感じに展望できました


この辺りは国道R462から外れてる場所なので、舗装道路の幅も狭く、この時期、道路整備もあまりされてません
さらに登っていくと・・・城峯公園へ到着


分かりやすい地図も立ってました
これから、この地図で言うと神流湖南側を西に進んでいきます


11月中旬〜12月上旬ピークの「冬桜」の花びらがちらほらと☆


ほとんど終わりかけの様でしたが、少しでも見れて良かったです♪


このまま、道幅が狭くて走りにくい県道331号で神流湖の湖畔を探索してました
山に登ったり降りたりを繰り返す道路です


この辺りの道は、まだ良いほうでした
余裕がなくて写真は撮れませんでしたが、日陰での悪路ではアスファルトの路面から黒くて硬いゴム板が貼り巡られてました
何でも山からながれる雨水の水はけを良くするためだそうです


でも景色の見え方が高低差で変わるので飽きがきません


さらに下がってボート乗り場へ
冬の空気はより澄んでるので写真の映りがいいですね☆


さらに神流湖の西南部を突き進みます


第二の神流湖を渡る橋が・・・
橋の名前は「金比羅橋」
よく見ると、以前レポートした場所でした(11/21~22の北関東ツー)
でも通るコースが変わると、何故か同じ場所でも雰囲気が違ってみえます


後ろを振り返ると「冬桜の・・・」としっかりアピールされてるのが分かります


「金比羅橋」を渡り、国道R462へ乗り換えると、先ほどの林道とはうんでんの差で快適に進むことができました
ここへ来て、本日始めてツーリングライダーとすれ違う事が出来ました


【群馬県神流町・道の駅 万葉の里】15:15頃 気温1℃

本日の折り返しポイント 万葉の里へ到着


広い駐車場はガラ〜ンとしてました

さすがに週明けで12月中旬となると・・・バイクはおろか、車でドライブするカップルも少ないものですね(苦笑)


ここへ来て!?ツーリング時の定番「生乳ソフトクリーム」
外の気温は1℃・・・さすがにここで食べるのは辛いので、ポカポカ温度の施設内でいただきました
生乳が新鮮で美味しい!
その後、ホット珈琲もいただきました


この3ヶ月、たくさんのツーリングを経て学んだ事の一つ
「寒中ツーはその日の終わり際が肝心☆」という自身の掟にしたがい、日が暮れる前に神流湖エリアを後にしました

最後は関越道、寄居IC→所沢ICでシームレスな帰路を選択
・・・と、あまりに味気ない気もしたので、途中、高坂SAで一休みし、無事に帰宅しました

いつも距離を稼ぐ走り方をしがちでしたが、今回のようにピンポイントを絞るのも悪くないなと少々悟った旅でした

     【神流湖周辺を探る 終わり】


投稿日
2014/12/16
閲覧者数
1721
このツーレポは10人が「いいね!」と言っています
ツーレポが気に入った方は「いいね!」をクリック♪

このツーリングレポートに関連するツーリングスポット
コメント

前のツーリングレポート
勝浦〜養老渓谷(粟又の滝)〜鹿野山 寒中ツー(2日目)
次のツーリングレポート
伊豆半島外周 温暖地でのクリスマスツー(前編)

[戻る]