黒滝コンニャク〜和歌山ラーメン

日時
2017.11.15
ライダー
Buell12Scg-er

車のディーラーの店長さんの愛車がカタナ1100ということで数ヶ月前から和歌山ツーリングのお誘いをいただいていた。

やっとのことで晴れ予報となりご一緒する事に。
降水確率0%まで下がったのに雲っていたのが好じたのか、淡路からのドカティさんと合流するために寄った紀ノ川SAに雲海が現れた。

白浜からのXSRさんと和歌山IC付近で合流、京奈和自動車道の五条ICを出て〜道の駅黒滝〜みたらい渓谷経由でR309南下〜R169の七色ダム〜和歌浦湾まで出るルート。


下道で行くことが多い和歌山だが、今回は高速を使いまくるルートなのであっという間に道の駅吉野路黒滝。
ショウガが効いたコンニャクとおばちゃんの手作りよもぎ団子をいただく。


みたらい渓谷。
もう紅葉は終わりかけな感じだったが、やはり川の水の色は澄んでいてとても綺麗だった。

台風の影響で土砂崩れがあちこちにあり、普段でも狭くゴテゴテなこの先のR309を心配していたが、通行はできた。


ナメゴ谷。
この時期は特に美しい。


以前何度か来たときは人の気配もなかったのに、今回は停まっている車も多く、このナメゴ谷の写真を撮る人がワサワサいてビックリした。
そこにいたカメラマンの方が「尾根にだけ違う木を植えているので龍が天に昇るように見えることで有名」だと教えてくれた。


快走ルートR169に出た後、七色ダムへ。


もしかすると、放水している七色ダムを見たのは初めてかもしれない。
今までにない迫力で見ることができた。


和歌山県東牟婁郡の飛び地北山村にある道の駅おとくろ。
日が悪いのか時間帯が悪いのか、おとくろの店が開いているときに来たためしがないのだが、今日もやはり閉まっていた。


和歌浦港まで出て、和歌山ラーメン丸三で中華そば(700円)をいただく。
昔食べた井出商店のも美味しかったけど、こちらもとても美味しかった。

走行距離:546.4km


よく壊れるBuellメモ:
R309の行者間トンネルに入ったとき真っ暗で全く前が見えなくなった。またHIDが切れた。バラストをコンコンたたくと、一度は付いたもののその後死んだ。今年7月にHIDもバラストも交換したところなのだが。後ろの方が気づいてくれたのだがナンバー灯のLEDまで切れた。そして、左後方のウィンカーの根元のゴムがバックリ割れて垂れ下がり気味に。。タイラップで補修した。原因はBuellの振動とのこと。
ウィンカーはディーラーでお願いすると2万超えるようなので、自分でLEDに変えてみようと思うけど、その際のリレー交換で3ピンの左右どちらがアースなのかわからないレベル・・・それで自分でやるという私すごいなー(汗


投稿日
2017/11/19
閲覧者数
310
このツーレポは2人が「いいね!」と言っています
ツーレポが気に入った方は「いいね!」をクリック♪

このツーリングレポートに関連するツーリングスポット
コメント

前のツーリングレポート
3時間ちょっとだけツー
次のツーリングレポート
砥峰高原

[戻る]