砥峰高原

日時
2017.11.28
ライダー
Buell12Scg-er

下道で砥峰高原方面まで地図で走ったことのない道を出来るだけ選びながら走るプチツーです。
R175号にある闘竜灘東の交差点を西へ行くと川に奇岩が現れ、


闘竜灘という変わった交差点名、この奇岩のことだったようです。


秋ももう終わりかけだけど、まだ綺麗。


初めて走る県道145号はほとんどストレートな道でどうにもこうにも飽きてきたころに釜坂峠に入り一瞬楽しめました。
その峠を抜けるとまたほとんどストレートに〜。


砥峰高原より東の39号はとても走りやすいのですが....


秋の砥峰高原。

ここから西へ抜ける39号は今日もやはりグチャグチャゴテゴテヌメヌメ。
今までと逆方向で走ったので、ゴテゴテの下り坂は涙チョチョ切れるほど怖くエンジンブレーキだけで落ちていきました。
こういう道は数人で走ると笑えるのにソロだと泣けるのが不思議です〜。


走行距離:250.9km


投稿日
2017/11/28
閲覧者数
208
このツーレポは5人が「いいね!」と言っています
ツーレポが気に入った方は「いいね!」をクリック♪

コメント

前のツーリングレポート
黒滝コンニャク〜和歌山ラーメン

[戻る]