ツーリングプラン使って大分小旅行

日時
2019/9/25
ライダー
ホンダおじ

・今回の旅程の概要です
各ポイント間のルートは自動作成のため適当です
寄り道したり道に迷ったりしてますので

ツーリングプラン熊本・大分・福岡コースを利用しているので
いくら走っても3000円ポッキリですよお客さん


・関門海峡の壇ノ浦PAにて
朝8時前、気温16度
冬ジャケットの綿抜きでは寒いです


・東九州道で大分県に入り、上毛PAのスマートICで降ります
青の洞門を過ぎて羅漢寺に寄りました
徒歩での参拝に挑戦です
参道の石に滑り止めの筋が切ってありますが、苔むしていて若干すべります


・羅漢寺、仁王門
これより先は撮影ご遠慮くださいとのこと

この後の坂道がものすごかったです
一段あたりが20〜30cm、高さも幅もまちまちで自分の体なのに太ももが言うことを聞かず上がらない
やる気はあるのに体はついてこん!という奴です
日頃の運動不足が恨めしい
以前、長崎県の生月島に行ったときも北端の灯台めざして坂登りしたのですが
その時と同じくらい後悔しました
ツーリング中に体力の消耗はダメ、ゼッタイ
すなおに隣のリフトで上りましょう

翌日には筋肉痛になったので僕もまだまだ若いことを確信しました


・羅漢寺から山国川沿いの道に戻って深耶馬渓を目指します
途中、倉庫だか車庫だかわかんない所にノボリが出ており
マツタケとハチミツを売っています
バイクで前の道を通るだけでマツタケの香りがブワっと襲ってくるくらい強烈です
豊作だった去年は1本500円だったのですが、今年はこれで2000円
小さいですけど1パック買いました

場所で言えば以前ドーナツ姉ちゃんがいた駐車場のすぐ隣ですね


・深耶馬渓に入ります
駐車場を過ぎると一目八景の巨大な岩が見えてきます
まだ紅葉もしてないし横着して展望台に行かずにテキトーに写真撮影


・以前、青森で暮らしたこともあるのですが
深耶馬渓と奥入瀬渓流って走った感じが本当に似ていると感じます
紅葉シーズンの奥入瀬は大型観光バスが離合できず渋滞を形成してますが
まだ秋浅い深耶馬渓は快走です

地元の方か、たくさん人が集まって道路上に散乱した枯れ葉を掃除してました
これから観光シーズン本番なのでしょう


・玖珠からは大分道を使って日田ICまでワープ
途中の長い下り坂ではハングルで専用の警告板が出ていました
時代ですねえ

バイク乗りが大好きなセブンイレブン日田高瀬店へ
午前10時すぎ、気温26度
完全に秋の空です
この後ファームロードに入ります


・よせばいいのにバイクナビに従ってファームロードを外れて近道したつもりが完全に迷ってしまいました
数日前の台風17号の影響か、杉の枝葉が積もっています
さみしい山道では厚くてフカフカの絨毯のようで非常に怖い
交通量の比較的多いファームロードでさえ所々茶色い葉が貯まってましたからね


・迷いながらも鍋ヶ滝公園に到着です
駐車場には遠方のナンバー付けた車がたくさん停まってます
入口で300円か・・・と思いつつ支払い
立派に整備された歩道を下るとすぐに滝が見えてきます

お茶のCMでペットボトル持った松嶋菜々子が踊ってた場所ですが本日は不在のようです


・滝の裏から
阿蘇周辺が大噴火の火砕流で覆われた土地で
滝の裏の岩が流水に少しずつ浸食され、このような広大なスペースが出来たそうです
そんなに暑いわけじゃないけど冷たいしぶきが心地よい


・滝の裏を抜けて反対側から
ミストが上ってます
気持ちいいけど人は多い
写真にこだわる方なら公園がオープンする9時に突入でしょうか


・滝を堪能し、歩道の坂を戻ると自販機が目にとまります
ここは生茶でも飲みますが、と思ったら赤い奴と伊藤園しかない
CMが話題になったのは10年以上前ですもんね
伊藤園もこの滝を使ったCMをやったそうなので、中谷美紀派の方はおーいお茶をどうぞ


・道の駅小国を通りすぎ、黒川温泉に寄ります
観光客が闊歩する土産物屋等がある辺りからはちょっと離れた
旅館山河へ
駐車場にバイクを止め、坂を下ると趣のある建物が見えてきます
フロントで入湯料500円を支払います


・さらに坂を下ると立ち寄り湯があります

小雨の日に伺ったこともあるのですが
本当に雰囲気がある建物群と湯舟です


・誰もいなくて貸し切り状態だったので写真を一枚だけ
わずかに白濁した気持ちの良い湯
水面下の岩は湯の花で茶色く染まっています
山登りで疲れた体を沈め、ボーっと味わう


・温泉を出たらクールダウンしつつ
阿蘇ツーリングのランドマークにもなっている三愛レストハウスを過ぎます
振り返ると広大な緑地と、その先に阿蘇五岳が見えます
画面左にあるギザギザの根子岳が特徴的で分かりやすいですよね

この後はやまなみハイウェイ、と行きたい所ですがこの日は442号へ
やたら立派なパチンコ屋やシネマコンプレックスの前を通り
大分中心方面に


・実は本日の最大の目的はこれだったんです、塩ラーメン
九州でラーメンといえば豚骨ですが、一辺倒では飽き飽きしてしまいます
たまにはこんなツーリングもいいかな、と

その後は大分ICから東九州道に乗り、一気に門司ICまで帰ります


・マツタケは松茸ご飯となって腹に収まりましたとさ
香り高く、たいへん美味しゅうございました

あんまり美味かったのでまた買いに行く予定
10月の最盛期なら大きいのも売ってるかな


投稿日
2019/09/27
閲覧者数
119
このツーレポは5人が「いいね!」と言っています
ツーレポが気に入った方は「いいね!」をクリック♪

コメント
2019/09/28
来月ちょうど鍋が滝〜黒川は同じルート走ります。
/data/prof_picture/0/prof.jpg
ホンダおじ
2019/09/28
それは奇遇でした
外国人観光客の減った今のほうが黒川温泉や由布院は落ち着いていい感じかと思います
観光業は大変でしょうが

10月第1週だとしたら中国の国慶節にあたり、また混雑しているかもしれませんが
ぜひ楽しんでください
2019/09/28
3週の平日です。

前のツーリングレポート
大分ちょこっとたけツーリング
次のツーリングレポート
山口県西部ツーリング

[戻る]