大房岬キャンプ2日目

日時
2011年1月23日
ライダー
NC三郎

寝袋が夏用だったようで、

結局さむくて全く眠れませんでした。

この日は明け方氷点下まで冷え込んだそうです。


明け方にピャーピャーうるさい鳥がいました。

どうもこの鳥だったようで、

ピャーピャー鳴きながら飛んでいました。


明るくなったのでとりあえずキャンプ場内を散歩してみました。

キャンプ場内には、戦時中の要塞の跡みたいなものが残っています。


トンネルが続いています。


トンネルの先は行き止まりになっていて、

上部は竹藪となっていました。

下部も深く掘り下げられていました。

何か発射していたのでしょうか。


キャンプ場内をぐるっと回ってから、撤収しました。

かまどを掃除していたら、昨日の残りの焼いもが出てきました。


リヤカーに荷物をつんで、管理棟でレンタル品を返却しました。


大房岬を出て、国道127号を北上します。

ところどころに海水浴場などがありました。


国道から少し脇道に入るとすぐに海岸です。


砂浜もあり、駐車場もところどころにあるので、

夏は海水浴客であふれかえりそうです。


袖ヶ浦ICから高速にのって、

アクアラインをつかって神奈川に戻りました。

比較的すいていたので、海ほたるによりました。


海ほたるの駐車場わきに、うみめがねという資料館がありました。

入館無料だったので入ってみました。

アクアライン建設に関する展示がありました。


風の塔の模型です。

海底トンネルの建設は、

風の塔のところを下に掘ることから始まったみたいです。


本物の風の塔です。

帰りはあの下を通って帰りました。


投稿日
2011/10/13
閲覧者数
1034
このツーレポは1人が「いいね!」と言っています
ツーレポが気に入った方は「いいね!」をクリック♪

このツーリングレポートに関連するツーリングスポット
コメント

前のツーリングレポート
大房岬キャンプ1日目
次のツーリングレポート
紀伊半島1日目

[戻る]