富山と能登2日目

日時
2011年4月9日〜10日
ライダー
NC三郎

宿の裏手に川が流れていました。

雪解けの時期のためか、けっこう大きな音がします。


昨晩は真っ暗でわかりませんでしたが、

けっこう年季の入った建物です。

いかにも湯治場といった感じ。


山間部ということもあり、かなり雪が残っていました。

ちょっと寒いです。


平野に出てしまえば、

まったく雪はのこっていません。

かなり暖かいです。


滑川海浜公園。

特になにも無いですが、木がきれいに並んでいて、


海もきれいです。

泳ぎたくなります。


雪の降る地域に特有の茶色くなった道路です。

雪が無くても雪国風情があります。


国道160号で能登半島を進みますが、

途中すこし道を折れて道の駅氷見に寄りました。

能登ツーリングの拠点につかってらっしゃる方が多いようで、

バイクがたくさんありました。


海産物がいろいろ売られていました。

いけすの中の袋が右へ左へ動いていたので、びっくりしましたが、

中にタコが入っていました。


能登半島の先端まで行っている時間がなかったので、

真ん中らへんにある能登島をぐるっと回って帰ることにしました。

能登半島から能登島へわたる能登島大橋です。


向こうの方で島に入った車の台数をカウントして、

電光掲示していました。


道の駅能のとじまです。

海岸沿いにあるという先入観で探していたのですが、

山の中にありました。ちょっと道に迷ってなんとか到着です。


能登島バーガーを食べました。

ジュースはサービスでついてきます。


黒いバンズです。

中は肉ではないです。多分魚ですが、

種類まではわかりませんでした。うまかったです。


国道160号はとても走りやすい道でした。

晴れてはいたのですが、霞みがちで立山とかが見えなかったのが

ちょっと残念でした。そのうち蜃気楼とかも見てみたいです。


東海北陸自動車道で南下します。

富山の平野部を突っ切り、城瑞SAで休憩です。

ここから先は山の中に突っ込んでいく感じです。


北陸道に劣らず、東海北陸道もトンネルばかりです。

トンネルを抜けると、雪国だったりします。

ここは飛騨白川PAです。まだ全然雪が残っています。


東海北陸道から東海環状道経由で東名に入って帰りました。

写真はせと赤津PA.

お皿はせとものでしょうか。わかりません。


22時ごろに足柄SAにつきました。

遅くはなりましたが、楽しかったです。

今度は能登の先端まで行きたいです。


投稿日
2011/10/16
閲覧者数
1453
このツーレポは2人が「いいね!」と言っています
ツーレポが気に入った方は「いいね!」をクリック♪

このツーリングレポートに関連するツーリングスポット
コメント

前のツーリングレポート
富山と能登1日目
次のツーリングレポート
足尾から羽鳥湖1日目

[戻る]