いわきと日立1日目

日時
2012年2月18日〜19日
ライダー
NC三郎

前日にみぞれが降っていたので心配しましたが、朝起きると快晴!

ノリノリで駐輪場に向かうも、バイクは日陰においてあるので、

タンクの上は水滴が凍りついてました・・。溶かしてから出発です。


まずは最初の目的地。

前の週に開通した東京ゲートブリッジを通って、若洲へ。

橋の上、対向車が全然来ないなー。と思っていたら、

逆方向は通行止めにしていたようです。(強風のため?)


以前、新木場あたりの道路は深い轍があったり、

アスファルトが剥がたりしてボコボコだった記憶があるのですが、

橋が開通した現在ではとてもきれいに整備されたようです。

この後少し西に戻って、新木場ICから首都高に入りました。


首都高で三郷から常磐道に入りました。

守谷SAで最初の休憩ですが、前日の雪が残ってました!

千葉北部〜茨城南部だけで降っていたようで、

この後、もう少し北上すると雪は全く無くなりました。


寒かったので、朝飯に「ひたち絹豚まん」を食べて暖をとりました。

肉多めでうまいのですが、下についた紙ごと食べてしまい、

ちょっと苦しみました。


気温が低くて風も強く、少し走るだけで寒くなるので、頻繁に休憩。

でもよく晴れていたのでひなたでじっとしていると暖かくなります。

暖かくなったら出発です。

ウミイグアナになった気分でした。美野里PA。


東海PAでも休憩。

いつも手が悴むので、もうちょっと厚手のグローブを買おうかな。


福島県に入り、勿来ICで常磐道を降りました。

国道289号を使って国道6号に向かいました。


国道6号を北上後、木戸脇という交差点で右折し、臨海部へ。

アクアマリン福島の脇を通って県道15号に入りました。


沿岸部と言うことで、津波の影響を受けたのか、

ところどころ看板が傾いていたりとかもしました。

(この場所を含めて、被害箇所を掲載していいものか考えたのですが、ボランティアであれ、ツーリングであれ、この方面に来られる方の参考に少しでもなればという意図で、現在の状況として掲載させていただきました。)


永崎海水浴場です。きれいな砂浜です。


サーファーがいました。

ロングボードでまったりと?

楽しそうです!

でも寒そう!


道沿いには津波の被害を受けたと思われる所が多くありましたが、

すでに復旧して生活を始めている家もありました。

少しづつかもしれませんが、復興は進んでいるようです。

コンビニなどは24時間ではないですが、普通に営業していました。


県道382号に入り、二つ目の目的地。塩屋埼灯台へ。

付近には無料の駐車場が整備されています。


地震災害のため、灯台までの道は閉鎖されていましたが、

付近のお土産物屋さんは普通に営業してました。

復旧したらまた来たいと思います。


駐車場の近くには雲雀の苑というものがありました。

どうも、美空ひばりの記念スペースのようです。

ちょくちょく人が来て、記念撮影してました。


みだれ髪の歌碑です。

美空ひばりが肝炎で入院して、復帰後の第一作目がみだれ髪。

作詞家の星野哲郎と言う人がここで筆をとったそうです。


歌碑の隣には人が近づくと大音響で歌が流れる装置がありました!

これ系の装置にはいつもびっくりさせられます。

センサーはやめて、ボタン式にしてほしい!


塩屋埼灯台。

今度来た時復旧していたらきっと上ろうと思います。


塩屋埼灯台から県道382号を北に進みました。

海岸沿いということで、津波で大きな被害を受けた場所のようです。

たくさんのがれきが集められていました。


住宅地だったのだと思いますが、その多くが流されたようです。

護岸やガードレールに損傷はありますが、道路は普通に通れます。


ところどころ、修理中の道路がありましたが、

通行止めはありませんでした。


大きな被害を受けていないと思われる個所もありました。

工事用と思われる車両が頻繁に通っていました。


国道6号に出て、少し進むとすぐに

三つ目の目的地、道の駅よつくら港があります。



震災後、被災した建屋で営業を続けていたそうです。

今年の7月に新装開店するとのことで、以前の建物を解体し始め、

1月末から大型の仮設テント内で営業しているそうです。

大きいテント!!


中には直売所と広い休憩スペースがあります。

電子レンジとかお湯とかがあり、直売所で買ったものを

その場で温めて食べることができます。

現在は営業時間が15時までと、少し短めなので注意が必要です。


試食コーナーも充実!

肉みそが超うまかったので、購入!

実はこのレポートも肉みそ付けたきゅうりを齧りながら書いてます!


ここでお昼ごはんにしました。海鮮丼(百円引きで450円)です。

最初はきれいに盛り付けられていたのですが、

ごはん温め後の再盛り付けを横着したので、

ごちゃごちゃなりました!   でもうまいかった!!


道の駅を出て、国道6号を南西方向に引き返します。

今回のツーリングの四つ目の目的地、

いわき湯本の温泉へ向かいました。


途中、怪しい雲が現れて、少し雪が降りましたが、

天気予報で本降りにはならないことは分かっていたので、

あまり気にせずに進みました。


国道6号を南下している途中、「国宝」の看板があったので、

とても気になり、せっかくだから行ってみることにしました。

そして到着した「白水阿弥陀堂」という国宝のお堂。

でも、工事中で中に入れませんでした!残念!


正面から柵越しに中を見ると池にかかる橋の向こうに、

養生されたお堂のようなものが。

なんとかお参りできないものか。としばらく頭を悩ませました。


池を時計回りに回り込めば、裏から入れるかな?とも思いましたが、

そこは国宝。そんなに脇が甘いはずもなく。

無理に中に入ったら新聞に載りそうな気もしたので、断念。

池の回りを一周するだけにしました。


このお堂は、「釈迦入滅2000年後からは暗黒の世になる」という

末法思想にもとづき、「この世に極楽を!」と言う思想的背景で

作られたものだそうです。

なんとなく平等院鳳凰堂とかにも似てるのかな?


池にはたくさんのカモがいましたが、

人からよく餌をもらっているからなのか、

池の前で立ち止まっていると、遠巻きに集まってきました。


そこで、餌をまく真似をしてみると、

かなりのくいしん坊なのか、陸まで上がってきました。

右へ左へまくふりをすると、つられて動いてかわいらしいですが、

餌はないのです。騙してごめんね!


国道6号に戻り、温泉を目指しましたが、

温泉直前で、高い所で大きな車輪がぐるぐる回っているのを見かけ、

またふらふらと寄ってみると、博物館でした。

いわき市石炭・化石館と言います。


入口脇に「片寄平蔵」という人の銅像がありました。

バントのうまい川相選手と、舘ひろしを

足して二で割ったような感じに見えました。

後で調べたら、近くの炭田を発見した人だそうです。


博物館入館料は630円だったか。

中にはたくさんの恐竜の化石が。

写真撮影OKとのことでしたので、とりまくりました。


かなり大きく、見上げるような骨組で、

襲われたらひとたまりもなさそうな感じですが、

オオナマケモノという動物だそうです。

ナマケモノと言うからにはやっぱりゆっくり動いたのでしょうか??


三葉虫?の化石ですが、

角が出てました。

後付けのようにも思えますが・・・。


御存知トリケラトプスです!

でかい!


こっちはティラノサウルス!

怖い!


そして、ペンギン!

ペンギン??


実はペンギンではなくて、プロトプテルムという鳥だそうです。


いわき市石炭・化石館というだけあって、化石だけでなく、

石炭に関する展示もあります。


昔の石炭採掘の様子が人形で再現されています。

当時は女性も上半身裸が当たり前だったようで、

それが一番驚きました。


坑内は高温高湿で、今でいう熱中症にすぐなってしまうので、

しばらく作業したら水風呂に入るきまりになっていたそうです。


しばらく進むと、突き当たりにゴーストバスターズが!

と思いましたが、ちょっと違いました。

「鉱山救護隊」だそうです。


鉱山で生活する人たちの様子も展示されていましたが、

その中の一人がオダギリジョーみたいな髪型でした!

リアルな人形がたくさんあったので、夜見たら怖そうです。


石炭・化石館を出て県道14号に入り、少し進むといわき湯本です。

1kmくらい進むと、いわき湯本温泉の「ゆしまや」があります。

いわきでは映画フラガールの撮影が近くで行われていたそうで、

ここには出演者の松雪泰子が毎日のように通っていたそうです。


気温がとても低かったので、露天風呂にはほとんど人がおらず。

内湯もそれほど人が多いわけでもなく、のんびりあったまりました!

含硫黄-ナトリウム-塩化物・硫酸塩温泉だそうで、少し塩味です。


温泉であったまりましたが、外は凍える寒さで、

湯冷めしそうでした。

県道14号をずっと進んで国道6号に向かいました。


国道6号を日立市にある宿に向かってひたすら南下します。

湯冷めしてでも敢えて数十キロ離れたところに移動して泊るのには、

ちょっとした目的があります。


1時間半かけて、なんとか本日の宿に到着!

常陸多賀駅近くの宿です。

ここは2500円くらいで宿泊できるお手頃価格の宿で、

スタッフの方もとても親切です。


今回のツーリング、一日目最後の目的。

日立 世界・ふしぎ発見!を、ご当地日立で見る贅沢!

Woooだったら完璧ですが、VIERAだったのが少し残念?

この写真を撮るのにとても苦労しました。タイミングが・・。


投稿日
2012/02/19
閲覧者数
1876
このツーレポは5人が「いいね!」と言っています
ツーレポが気に入った方は「いいね!」をクリック♪

このツーリングレポートに関連するツーリングスポット
コメント
2012/02/21
行けるところまで行きましたね〜^^。非常に参考になります!私も「よつくら港」の状況は前からチェックしていました。

福島の沿岸部は四ツ倉までなら行けそう(復興の邪魔にならなそう)な感じですかね。大勢でのマスだったら邪魔そうかも?

一日目最後の目的が素晴らしいです(笑)
2012/02/21
コメントどうもです!
 臨海部の県道等は工事中の所がけっこうあり、車線の切り替えが激しかったりして、大所帯だと厳しいかもしれません。
 一方で、国道6号を通るのでしたらマスでも全く問題ないと思います。少なくとも四ツ倉まではほぼ復旧完了していて、道はきれいピカピカでとても走りやすかったですよ!
 観光しに行くことでも東北の復興に貢献できると聞きますので、是非多くの方に行ってもらいたいですね!

前のツーリングレポート
関東ぬま空港めぐり2日目
次のツーリングレポート
いわきと日立2日目

[戻る]