江の島

日時
2012年3月4日
ライダー
NC三郎

ここのところ休日の天気がよくなくて、もやっとしておりますが、

翌週に用事で二日ともバイクに乗れないということもあり、

どこかに行こうと言うことで、県道21号、鎌倉街道を使って

江の島を目指しました。


江の島には数年前に電車で行ったことがありますが、

渋滞するイメージが強いので、バイクで来たことはありません。

鶴岡八幡宮の脇を通って鎌倉駅前へ。

さすがにむかし幕府があった街だけあってにぎやかです。


駅からだいぶ離れて振り返ってパチリ。

遠くに見える鳥居は一の鳥居という鶴岡八幡宮の鳥居だと思います。

北鎌倉駅あたりから、道沿いに観光客がたくさんいますが、

ここまでくると大分静かな雰囲気になります。


しかしながら、海に近づくとまた混雑してきます。

海沿いの道(国道134号)に入るところですこし渋滞。


国道を西へ進み、稲村ケ崎を越えると江の島が見えました。

ここら辺から断続的に渋滞しているので

なかなか停まって写真の撮影ができませんでした。


いつのまにやら到着です。

振り返って渡ってきた橋を撮影。

午前中なので、この時間帯はまだ比較的混んでません。

(帰りはこの橋のところまで駐車待ちの車列ができてました・・。)


そうは言っても駐車場は満車に近く、数台入場待ちしていました。

バイクは少し先に無料で駐輪可。たくさん停まってました。

デートコースの定番なのか、二人乗りのカップルが多かったです。


県道沿いから山の方へつづく道に入ります。

ここから先は徒歩になります。


江の島案内図です。

左側は平地で駐車場や船着き場になっているようです。

右側は山になってて、神社とかがあります。


神社につづく階段にそって、お店がたくさん並んでいます。

道幅が狭いこともありますが、混雑した印象。


途中のお店の外でネコが寝てました。

野良猫が多いようですが、捨て猫に困っているらしく、

「ネコを捨てないで」と言った感じの看板もいたるところに。


江島神社。女性の神様を祀った三つのお宮をあわせて

江島神社というそうです。


瑞心門から入って、辺津宮、中津宮、奥津宮と続きます。

他に龍宮というお宮もありますが、

和風の名前の中になぜかサムエルコッキング苑。

ちょっと違和感ありますね!


まずは辺津宮。

茅の輪がありました。


辺津宮から階段をのぼってどんどん標高を上げていきます。

階段がきつい人向けに、エスカーというものがありました。

私は使いませんでしたが、ところどころに駅があるので、

途中で降りられて、お年寄りとかには便利かもしれません。


ところどころ急な階段もありますので、

きついと思ったらエスカーへ行くのがよいと思います。


登りきったところに中津宮。

朱色のきれいなお宮です。


中津宮の手前には歌舞伎の人の手形とかありました。

歌舞伎役者もたくさん参拝にきているようです。


中津宮から少し進むと、江の島の頂上になります。

ここにサムエルコッキング苑がありました。

入園のみだと200円だったかかかります。

中にあるタワーに登るのであれば、さらに300円必要です。


入口近くには多種類の色鮮やかなチューリップ。

あーかーしーろーきーいーろー

だけで無くて、オレンジとかピンクとかいろんな色がありますが、

どのはなみてもきれいです!


苑内のマイアミビーチ広場というところです。

鎌倉方面の景色が良く見えますが、

手前の喫茶店から広場越しに景色を見ている人が多く、

広場に立ち入るにはちょっと勇気が要ります・・。


サムエルコッキングと言う人は、明治ごろの貿易商で、

江の島に温室の植物園を作った人らしいです。

大正時代の地震で大部分が崩れてしまったそうですが、

地下の部分は残っているそうで、


石炭の貯蔵庫だったか、

レンガ造りのしっかりした地下室が残っています。


江の島展望灯台。

サムエルコッキング苑内にあります。


別名、江の島SeaCandleと言うそうです。

たしかに蝋燭っぽい形。


エレベーターで展望台を目指します。

エレベーターの屋根が透明なので、天井がみるみる迫ってきて

上を見ているとちょっと怖いです。


展望台の中です。

天気がよろしくないのが残念ですが、


遠くの方にうっすら烏帽子岩が見えました。


展望塔の中から階段で一つ上の屋上に出られます。

天気がよければこちらのほうがすがすがしくてよいかも。

このさらに上は灯台になっているようです。


藤沢から江の島につづく、江ノ島大橋。

右手は海水浴場になっているようです。


帰りは階段でも下れるので、

せっかくなので階段で。


長い長い螺旋階段です。

高さもけっこうありますが、手すりとかが細いので怖いです。


サムエルコッキング苑から出ると、

大道芸人さんがパフォーマンスをしていました。

入るときは人がまばらでしたが、大分人が集まったようなので

あまり見ませんでしたが、きっと相当な腕前なのだと思います。


サムエルコッキング苑からさらに江の島の奥地を目指しました。

いつのまにやら13時を過ぎて、いいかげん腹減ったので、

「弁天茶屋」という食堂で遅い昼食にしました。


江の島丼と、釜揚げしらす丼で迷いましたが、しらす丼にしました。

これはうまい!

ちなみに江の島丼というのは、

親子丼の鳥肉の代わりにさざえを使ったものだそうです。


道沿いに一遍上人が掘りあてたという井戸がありました。

説明板の英語だと、一遍上人はSaint Ippenというそうです。

となると、セイント聖矢は、聖矢上人??


しらす丼、うまかったのですが、量的にはちょっと控えめだったので

途中にあった中村屋でまんじゅうを購入。

こしあんとつぶあんどちらか選べるので、

こしあん派もつぶあん派も仲良くやれると思います。


あんこぎっしり確かな満足。

おなかがすいたら、まん・じゅ〜。

100円。食べ歩きにはもってこいです!


奥津宮。

ほかのお宮にくらべると、少し質素な感じ。


奥津宮のすぐ隣に龍宮があります。

写真には写ってませんが、この下の岩穴の中にお宮があります。

ただ、シャッターがしてあり、中には入れません。

上に迫力のあるシェンロンみたいなのがついていました。


奥津宮から下ると岩屋というところに行けますが、

以前行ったので今回はパス。

岩場をふらふら散策してから、来た道を戻りました。

階段がキツイ!


リスがガリガリと何か食べてました。

かつて江の島で飼育されていたタイワンリスが、

台風で小屋が壊れた際に逃げ出して繁殖したとか。

伊豆に行った時もこんなのがいたなー。


ネコもたくさんいました。

みんなのんびりしてます。平和です。


江の島を出て、国道134号を東へ。逗子方面に向かいました。

途中、由比ヶ浜の駐輪場にバイクを停めて休憩。

地下の駐車場は二輪は停められないので注意です。


晴れてたらすがすがしいのだと思いますが。曇り空が少し残念です。

砂浜の向こうは稲村ケ崎。

カラスがたくさんいて、海草を食べているように見えました。


逗子をぬけて葉山に入ると、海から離れて山っぽくなりますが、

そのまま国道134号を進みます。

この後、県道27号に入って横須賀ICを目指しました。


帰りは横須賀ICから横浜横須賀道路で帰りました。


ここのところ、土日はずっと曇り空です。

雨は降ってないのでまだよいのですが、そろそろ晴れてほしいです!


投稿日
2012/03/09
閲覧者数
1799
このツーレポは8人が「いいね!」と言っています
ツーレポが気に入った方は「いいね!」をクリック♪

このツーリングレポートに関連するツーリングスポット
コメント
2012/03/10
江の島には公私とも一度も行ったことがありません。
是非とも夏に訪問してみたいものです。
鶴岡八幡宮の近くにある玉子焼きの美味しい店にも行ってみたいですね。
このツーレポを参考にして計画を立てたいと思います。
2012/03/12
どうもです!江の島方面はやっぱり夏ですよねー。

今回はちょっと天気が残念でした・・。

玉子焼のおいしいお店があるんですか!知りませんでした。

ぜひレポートをお願いいたします!

前のツーリングレポート
三ッ池公園
次のツーリングレポート
奈良3泊1日目

[戻る]