奈良3泊2日目

日時
2012年3月17日〜20日
ライダー
NC三郎

2日目。この日は天理から南下して明日香村経由で十津川温泉へ。

降水確率は30%位でしたが、宿を出た途端に雨がパラパラと。

もしや、飛鳥に行くから、はじまりはいつも雨なのかも!?

とか、くだらないことを考えつつ駐輪場でカッパを着こみました。


国道169号を南下し、県道15号などを通って石舞台古墳へ。

石舞台は以前から一度直接見てみたいと思っていました。

なお県道15号は日曜祝日は一部二輪通行禁止になってますので

注意が必要です!


国営飛鳥歴史公園。石碑に石舞台地区とありますが、

この公園は明日香村内数か所に散在しています。

他に甘樫丘地区、祝戸地区、高松塚地区というのがあるそうです。


石舞台古墳は入場料が250円くらいかかります。

外からもチラッと見えますが、せっかくなので入ってみました。

この古墳は、本当は盛り土があったのですが、

全部流されて石だけ残ったそうです。


石組の中にはイスに座ったおじさんがいました。

中は危ないから警備員が通せんぼしてるのかなと思いましたが、

手招きしてくれたので、中に入ってみましたら広かったです。


小学校の修学旅行が京都・奈良でしたが、

奈良は北部(法隆寺とか)しか見て回りませんでしたので、

明日香村の雰囲気は新鮮でした。のどかでいい所です。雨ですが。

遺跡が散在しているのでウォーキングとかにもいいかも。晴れなら。


続いて高松塚周辺地区。

この地区のメインスポットは、高松塚古墳と思いますが、

まずはちょっと園外に出て、「鬼の雪隠」と「鬼の俎」を見学に。


雨がパラパラ。でもかえって風情がありました。

さすが明日香村。悠久の歴史の匂いがします!


鬼の雪隠です。雪隠とはお手洗いのことだと思いますが、

この石は墳墓の石組のひとつだったそうで、

上の山から転がり落ちてきたそうです。超怖い。

村内各所にこんな感じの遺跡がごろごろあるわけです。


で、こちらの鬼の俎(まないた)は、石組の底石だったそうで、

先程の雪隠は蓋石としてこの上に乗っていたそうです。

伝説では鬼が通行人をつかまえて、ここで料理して食べて、

雪隠で用を足していたとのこと。


園内に戻って、高松塚古墳に向かいました。

公園内は芝生の広場とか、高松塚以外の古墳とかもあって、

かなり広いです。


古墳の手前に古墳内の壁画について説明している施設がありました。

高松塚壁画館。入館料がいくらかかかります。

内部は写真撮影不可。

教科書で見た気がする飛鳥美人とかの絵のレプリカがありました。


古墳の中の副葬品とかは盗掘されていて、発掘の際には

木棺の残骸と、極彩色の壁画だけが残っていたようです。

さすがに壁画は盗めないですね。

壁画にもまだけっこう謎があるらしくて、超興奮します!


本当はキトラ古墳とか他にも見たいものがあったのですが、

ちょっときりがないので十津川温泉に向けて出発しました。

公園前の県道209号を通って、再度国道169号に入ります。


国道169号で、トンネルをぬけて大淀町に入ったところにある、

道の駅吉野路大淀iセンター。

雨が降ったりやんだり。


道の駅内にある今西誠進堂の焼きもちで腹ごしらえ。

みたらし団子が人気なのか、買い求めている人がけっこういました。

焼きもちもアツアツでうまかったです!


国道24号を経由し、五條市街を通って国道168号に入りました。

吉野川を渡ってしばらく進むとすぐに山道っぽくなります。


初日にひきつづき、霧!

でも慣れました!

十津川温泉まではあとは国道168号一本道なので安心です。


道の駅吉野路大塔で休憩。

交通量はあまり多くなかったですが、

走っている車はかなりとばしていて、ちょっと怖いです。

道の駅内の金剛という食堂で昼ごはんにしました。


肉しめじうどん。途中で店内が混雑してきたので、

他のソロライダーさんと相席になりました。

もくもくと食べてしまいましたが、

せっかくだからお話すればよかったなーと、後悔。


晴れてたら爽快なんだろうけどなー。

と思いましたが、

雨でもいい道ですね!


吊り橋発見!

少し通り過ぎてしまいましたが、

引き返して渡ってみることにしました。


長いなー。と思って興奮していましたが、

向こう側には階段があるだけだったので

すぐに引き返しました。


国道168号で十津川村に入り、しばらく進んで川沿いに入ると、

先程のとは比較にならない超巨大吊り橋があります。

「谷瀬吊り橋」といって、かなり遠くからも視認できるのですが、

大きさにびっくりしすぎて写真撮るのも忘れてしまいました。


20人以上は同時に渡れないそうで、

橋の入口に警備員の方がいて、

渡っている人数をカウントしていました。


私の前をバスツアーのおじさん軍団が集団で渡っていて、

故意ではないですがかなり橋をゆらしてくれたので、冷汗噴出。

途中で、酔ったー!とか言いながらドタドタ引き返してくる方も。

どうも橋の揺れではなくて酒に酔っていたようでしたが、楽しそう!


とても長い、全国の吊り橋の親玉みたいな吊り橋です。

さっきの吊り橋があやとり遊びのように思えてしまうほど大きい!

300mくらいあるらしいです。

カールルイスでも渡りきるのに30秒くらいかかります。


十津川村は想像以上に広く、国道168号で村内に入ってからも、

十津川温泉に到着するまでにはかなりの時間を要します。

谷瀬の吊り橋を離れてさらに南下。途中の道の駅十津川郷です。

ここは湯泉地温泉の近くで、足湯があります。


初日につづいて雨の中まったり足湯。少し硫黄の匂いがします。

ちいさいお子さん連れのお父さんと一緒になりまして、

その方も昔バイク乗られてたそうで、少しお話させてもらい、

雨なので気をつけてと、お気づかいいただきました。


湯泉地温泉からしばらく進むと、十津川温泉に到着です。

最初は庵の湯さんに行こうと思っていたのですが、

駐車場がよくわからなかったので、


こちらの憩の湯さんにお世話になりました。

源泉かけ流し!人少ない!熱い!来たかいがありました!!

湯泉地温泉とは泉質がだいぶ違うようで、硫黄の匂いはありません。

洗い場が二つくらいと、ちいさめの浴槽がひとつ。


こちらでも地元の方と少しお話をしました。

話しかけてくださる方が多いのは土地柄でしょうか。

あいにくの雨ですが、こういった交流は心も温まりますね!


目的の温泉には入ったので、すぐに引き返してもよかったのですが、

世界遺産の看板に目がとまってちょっと寄り道。

十津川にかかる猿飼橋を渡り、玉置神社に向かいました。


途中の道はかなりの山道で、どんどん標高があがりますので、

3回くらい唾を飲み込みました。

舗装はしっかりしているので、足元の心配は全くありませんでした。


ここらへんは村道になりますので、

どこをどう走ったかちょっと説明しにくいですが、

野菊街道と言うところを通って神社に向かいました。


晴れていればなー。と思いながら山道を進みます。

まだ明るいですが、けっこう夕方に近い時間帯だったようです。

曇りだと日没直前まで明るさが一定なので、

急に暗くなってよく慌てる羽目になりますが、この日もそうでした。


玉置神社。

由緒あるお寺です。


立派な神社はどこもそうですが、ここも参道が長いです。

足の悪い人は、奥まで車で行ってもいいそうです。


石段修理中。

右側からまわり込んでお参りしました。


セルフサービスのお神酒!

飲みたい!でもバイクじゃなー。

ビールだけじゃなくて、ノンアルコールの日本酒とかもほしいですね!


デカイ杉!この神社にはたくさんのデカイ杉がありました。

なるべく写真は横向きの撮影にしているのですが、

こればっかりは縦にしないと・・・。

縦でも全然入りきりませんが。


てっぺんを写そうとして上を向いていたら、

デカイ水滴が右目を直撃!

痛い!二階から目薬どころの騒ぎではないですが、痛かった!


これはさきほどのとは別の杉ですが、

コケがとてもきれいだったので撮影。

絵具で塗ったかのような鮮やかな緑。


帰りは途中からすこし別の村道を通ることにしました。

4t以上は通行止め!

ということは、大きな車が来ないから安心!

雨もやみました!


のんびり走っていると鶏が二匹いました。

すぐに藪の中に消えて行ってしまいましたが。

近くに民家が見当たらなかったので、野生だと思うのですが・・。

野生の鶏は初めて見ました。


山道を抜けて、折立という集落で国道169号に復帰しました。

オレたち中学校か!と思いましたら、オリたち!でしたね。

わざわざフラッシュ焚いて写真にとるとは、

今思うと相当疲れて、テンションあがってたんだと思います。


夕飯は五條市内のコンビニおにぎりで済ませました。

星が見えてきたので、夜景を見に行くことにし、急いで若草山へ。

ドライブウェーが閉まるのが23時ということだったので、

おにぎり食べたらすぐ出発!


深夜の奈良公園で道に迷いました。同じ所を何度もぐるぐると。

「いそがなきゃドライブウェーが閉まるー」とか焦っりましたが、

ふと見ると暗闇の中、鹿がのんびり草を食べていて、

ちょっとなごみました。


なんとか22時くらいに奈良奥山ドライブウェーの入口に到着。

この時間はドライブウェーは途中までしか通れませんが、

若草山の山頂付近までは行けるので、夜景を見るには十分です。


山頂付近に駐車場があって、

徒歩で若草山の山頂まで行けます。


低めの照明で幻想的な雰囲気ですが、

12時過ぎると電気が消えるとか書いてあったので

注意が必要かもしれません。


若草山の芝生っぽい所に上がると、一面に夜景!!

きれい!!なんじゃこりゃ!

拙い写真では伝わりにくいですが、感動モノです!


大パノラマです!!なんじゃこりゃ!

雨上がり直後で空気が澄んできたこともあってか、

言葉では表現できないようなきれいな夜景でした!

感動するだけして、すぐに天理の宿にもどって即座に就寝でした!


投稿日
2012/03/23
閲覧者数
1676
このツーレポは8人が「いいね!」と言っています
ツーレポが気に入った方は「いいね!」をクリック♪

このツーリングレポートに関連するツーリングスポット
コメント
/data/prof_picture/0/prof.jpg
巨尺
2012/03/23
色々な所の写真が盛り沢山ですね。
しかし、天気のわるいこと。
もっと晴れていればよかったのに、ざんねんでした。
2012/03/24
コメントどうもです!

遠出の場合、次にいつ来れるかわからないので
ついつい見て回るところが増えてしまいますね・・。

初日二日目と、天気はほんとに残念でしたが、それでも十分楽しめました!
翌日も奈良南部を回ったのですが、晴れてて超楽しかったです!!

前のツーリングレポート
奈良3泊1日目
次のツーリングレポート
奈良3泊3日目

[戻る]