雪がふったりやんだり宮城1日目

日時
2012年4月7日〜8日
ライダー
NC三郎

この日は東北道で宮城県の作並温泉と松島へ行ってきました。

蓮田SAで休憩。


蓮田SAは桜がだいぶ咲いていました。

天気がいいためか、みんな機嫌が良さそうでした。


上河内SA。

だんだん天候が怪しくなってきました。


那須高原SA。

どんどん曇ります。


宮城仙台ICで東北道を降りました。

ETCカード途中で抜いて、再挿入忘れたので

合流のところで一時停止。

どんどん天気悪くなってくるなー。


ICをおりて、国道48号を広瀬川沿いに山の方へ向かいました。

この道をまっすぐ行くと山形県の天童まで行きますが、

この日目指したのは途中にある作並温泉です。

超天気悪そうですが、せっかくここまで来たので行けるところまで。


季節外れ?というほどではないのかもしれませんが、

途中から予想外の雪。バイクも雪まみれになりましたが、

なにはともあれ作並温泉に到着。


雪の中を走ったのは初めてだったのですが、

シールドに雪がぺたぺたついて、どんどん視界が悪くなってきて

ちょっと怖かったです!

目的地についてから雪の勢いが増してきて、戻れるのか心配に…。


まあ、来てしまったものは仕方が無いということで、

あまり深く考えずにホテルの日帰り入浴に入りました。

かたくりの宿。700円。


外から見るとちょっと古い感じのホテルでしたが、

内装はとても立派なホテルでした。

中庭はうっすらと雪がつもってきました。


かけ流しの露天風呂です。

この日はとても寒かったですが、温泉でだいぶあったまりました。

時間がはやかったので貸切状態。


内湯も人はいませんでした。

サイコーでした!


温泉から出るとびっくりするほど晴れてました!

露天に入っているときはまだ雪が降っていたので、

湯あがり処でダラダラしている間に一気に晴れたみたいです。

さきほどまでの天気がウソのよう。


バイクの雪も溶けてました。

ほんの1時間くらいの間に、冬から春になったみたいです。

積もったらここに泊る覚悟をしていましたが、杞憂に終わりました。


温泉から国道48号を仙台市街方面に戻っているところで、

大倉ダムというダムへの入口の看板が目に付いたので、

せっかくだから寄ってみることにしました。

国道を逸れて県道263号へ。


途中で折れて、県道55号に入ります。

チェーン必要とのことで、ちょっといやな予感もしましたが、

とりあえず進んでみることにしました。


県道55号に入ってすぐに大倉ダムがありました。

堰堤が片側交互通行だったので、停止してよいのかよくわからず、

けっきょくダム自体の見学はしませんでした。

このまま戻ろうかなとも思ったのですが、


交通誘導をしている方にお話をうかがったところ、

この道をまっすぐ行くと、定義山という観光地があるので、

ダムだけ見て帰るより、そこも寄った方がよいとのこと。

大倉湖脇を通り抜けて、定義山に向かいました。


県道55号。ちょこちょこと小さな集落があります。

遠くに見えるのは舟形山でしょうか?


定義のあたりは平家の里だそうです。後で調べたところでは、

平貞能(サダヨシ)が壇ノ浦で負けた後にここに隠れた際、

いろいろばれないように貞能から定義に改名したそうで、

それにちなんで定義如来だそうです。歴史ロマンを感じます!


定義山に到着。正式名称は西方寺というそうです。

山奥で夕方の割には観光客、特にカップルが多かったです。


歴史を感じさせる立派な山門!

付近にはお土産物屋さんもいくつかありました。


平貞能公御廟。

このお堂の下にお墓があるそうです。


御廟脇を通り抜け、橋を渡って少し階段を上がると、

天皇塚と呼ばれる建物があります。


天皇塚には「連理の欅」とよばれる大きな木の株があります。

二つの欅の木が一つになっていることから

縁結びの神木とされているそうです。

カップルが多いのはこの神木と関係があるのかもしれません。


本堂。こちらは比較的新しそうな立派な建物です。


本堂を出て裏参道を通り、五重の塔に向かいました。


五重塔。ちょっと暗くてわかりにくいですが。

かなり立派な塔です!

ちなみにこの日は何か開帳しておりました。


しかしながら、ここにきてまた大雪!


寒いっ! 寒いっ!

やばい。ここで積もられたら泊るところもないし、凍える!

ということで、スタコラさっさと引き返すことにしました。


大倉ダムまで戻ると雪は大分弱まり、


国道48号にもどるころにはすっかり快晴。

なかなか不思議な天気でした。

晴れたのならば、ちょうどこの日は満月ということで、

このまま天気が良ければ月夜の松島を見られるかなと期待して、


本当は青葉城跡とか瑞鳳殿とかも行きたかったのですが、

今回は仙台市街地をすっとばし、

一気に松島までやってまいりました。


言わずと知れた日本三景のひとつです。

とりあえず日が暮れて月が昇るまで周囲を散策することにしました。


松島のシンボルの一つ、五大堂です。

時間が遅くて中には入れませんでした…。

日が暮れてきました。


福浦島というところには橋がかかっていて、

歩いて渡れます。

とりあえず渡って散策します。


弁天堂でちょっとお参り。


福浦島からは何箇所か見晴らしのよいところがあり、

たくさんの島を見渡せます。

松島や!ああ松島や!松島や?


島内をあてもなくふらついていましたが、

電灯とかもあまりないので、暗くなると危険かもと思い、

引き返すことにしました。


この写真ではわかりにくいですが、

福浦島から見る対岸のホテルとかの夜景も

けっこうきれいだと思います。


日は沈んだものの、なかなか月が出てこないので、

夕飯を食べながら待つことにしました。

福浦島の近くにある石田家さん。松島は牡蠣が名物ですが、

この日は絶対に牛タンを食べようと思っていたので、


牛タン定食を食べましたが、薄切りで少し固めの牛タンで、

想像していた厚切り・柔らか牛タンではありませんでした。

でも、写真奥にある牡蠣をサービスしてもらい、

なぜか200円引きにしてくれたりと、とても親切なお店でした。


食堂を出ると、五大堂がライトアップされてました。

お堂のライトアップと言うのはなかなか前衛的な気がします。


やっと姿をみせた満月!

低い所にあるので濃い色ですが、

ウサギがしっかり餅ついてます!


真っ暗で島嶼部や海がよくわかりませんね!

でもきれいでした!!

この日は多賀城まで戻って寝ました。


投稿日
2012/04/15
閲覧者数
1608
このツーレポは10人が「いいね!」と言っています
ツーレポが気に入った方は「いいね!」をクリック♪

このツーリングレポートに関連するツーリングスポット
コメント

前のツーリングレポート
彩甲斐街道ほか
次のツーリングレポート
雪がふったりやんだり宮城2日目

[戻る]